ピータンの栄養は?効果・効能は?カロリーや体に悪いと言われる理由も紹介!

ピータンに含まれる栄養を知っていますか?どんな効果があるのか気になりますね。今回は、ピータンの栄養や効能・カロリーを、栄養成分を効率的に摂れる食べ方とともに紹介します。〈安全・食中毒〉など体に悪い理由と言われる理由や、美容・ダイエットにおすすめなレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ピータンの栄養について知りたい…
  2. ピータンの栄養素は?効果・効能やカロリーは?
  3. ①タンパク質
  4. ②鉄分
  5. ③マグネシウム
  6. ④リン
  7. ⑤ビタミンA
  8. ⑥レシチン・ルテイン
  9. ピータンは体に悪いと言われることも?安全性に欠ける?
  10. ①ピータンに含まれる鉛に対する不安
  11. ②ピータンの独特の味や臭いから来る漠然とした不安
  12. ピータンの栄養成分を効率よく摂れる食べ方は?
  13. ①カロリーの少ない食材と一緒に混ぜ合わせる
  14. ②臭みが気になる場合は時間を置いてから食べよう
  15. ピータンの栄養が摂れるおすすめレシピ3選!
  16. ①ピータン豆腐
  17. ②ピータンと香味野菜の和え物
  18. ③ピーマンと豚ひき肉の四川風麻辣(マーラー)炒め
  19. ピータンは栄養豊富な食材

ピータンの栄養について知りたい…

中華料理の前菜として提供されることの多いピータンは、木灰やお茶などの材料をこねたものをアヒルの卵の殻に塗って冷暗所に数ヶ月おいて作ったものをさします。殻を剥いたピータンはコーヒーゼリーのような形状で、アンモニアのような臭いがする料理です。ここでピータンに含まれている成分や、栄養素別の効果並びに効能について説明します。

ピータンの栄養素は?効果・効能やカロリーは?

カロリー214kcal
水分66.7g
タンパク質13.7g
糖質0g
脂質16.5g

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

ピータンにはタンパク質だけでなく、ビタミンやミネラルなどの成分も豊富に含まれています。ピータンに含まれる栄養素の中には、ダイエットや美容に効果があるものも多いです。ここではピータンに含まれている栄養成分と、それぞれの効能について説明します。

①タンパク質

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
13.7g 60g 23%

ピータンに含まれている栄養素の筆頭はタンパク質で、筋肉の合成や維持するあるいは肌や髪の健康を守る効果が期待できます。ピータンを食べてタンパク質の成分を摂取すると筋肉が減少しにくくなり、脂肪燃焼を促してくれるのです。またタンパク質が原料となりコラーゲンが増加すると、美容効果にもつながります。(※2)

②鉄分

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
3mg 7mg 43%

ピータンには人間に欠かせない栄養成分である鉄分も豊富で、筋肉の働きをサポートしたり血流を促進したり、コラーゲンの生成を助けてしみを防ぐ効能も期待できます。鉄分は疲労回復にも効果的な栄養成分なので、ピータンを食べて補えるのは便利です。(※3)

③マグネシウム

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
6mg 320mg 2%

必須ミネラルであるマグネシウムも、ピータンに含まれている栄養成分の1つです。マグネシウムには血糖値の上昇を抑制する効果があるので、糖尿病やメタボリックシンドロームの予防にも役立ちます。マグネシウムを摂取すると内臓脂肪がつきにくくなるので、ダイエット効果も期待できます。(※4)

④リン

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
230mg 1050mg 22%

ピータンに含まれている栄養成分であるリンは、人間のあらゆる細胞に存在するミネラルです。リンは骨や歯の形成をサポートするほか、糖質の代謝を促進するのでダイエットにも役立ちます。脳や神経の機能を正常に維持するために必要な栄養成分でもあり、マグネシウムも含まれるピータンを食べて摂取するのは効率がよいです。(※5)

⑤ビタミンA

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
220μg 900μg 24%

ピータンにはビタミンAが豊富に含まれており、皮膚や粘膜並びに目の健康を維持する効果があることで知られています。またビタミンAは健康効果が期待できる栄養成分であるだけでなく、表皮の厚みを増やしたり真皮のコラーゲン繊維を増やしたりするので美肌にもよいのです。食前にビタミンAを摂取することで、血糖値の上昇を緩やかにできます。(※6)

⑥レシチン・ルテイン

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
- 3,000~6,000mg -

ピータンには、レシチンやルテインなどの栄養成分も含まれています。神経伝達物質であるレシチンは、記憶力並びに学習能力を向上させる効果が期待できるほか、認知症予防にもつながると注目を集めているのです。またカルテノイドの1種であるルテインは抗酸化作用があるので、アンチエイジング効果が期待できます。

ピータンは体に悪いと言われることも?安全性に欠ける?

様々な栄養成分が含まれているピータンですが、体に悪いとの噂もまことしやかに流れているようです。ピータンに関する悪い噂を聞くと、安全性に欠けるのではないかと不安になる人もいるでしょう。ここでは、ピータンが体に悪いといわれる理由について説明します。

①ピータンに含まれる鉛に対する不安

ピータンに含まれる鉛に対する不安があり、体に悪いと考える人もいるようです。過去にはピータンを製造する過程でタンパクの凝固を促すために、黄丹粉と呼ばれる一酸化鉛の化合物が使われてきました。しかし鉛の1日の許容摂取量の目安は1kgに対して3.6µgといわれているので、食べ過ぎなければ鉛中毒になることはありません。

また現在では黄丹粉の使用量を制限しているほか、近年は鉛を使わずに作られているピータンも多いので安全と考えてよいでしょう。

②ピータンの独特の味や臭いから来る漠然とした不安

ピータンの独特の味や臭いが気持ち悪いなど、漠然とした不安により体に悪いと思い込んでいる人もいるようです。ピータン特有の臭いと見た目からサルモネラ菌への感染を疑い、食中毒が起こるのではないかと不安になる人がいるのも事実です。しかしピータンの臭いは卵の中で発生するアンモニアが理由であり、腐っているわけではないので食べて問題はありません。

ピータンの栄養成分を効率よく摂れる食べ方は?

出典:https://twitter.com/ily369591014/status/991713909018050560?s=20&t=vI8nU9uMmlTByg-2wNc8QA

ピータンは様々な栄養素を含んでいますが、量で考えると決してカロリーが低いとはいえません。健康のことを考えると、ピータンの食べ方にも配慮が必要です。ここではピータンの栄養成分を効率よく摂れる、おすすめの食べ方を紹介します。

①カロリーの少ない食材と一緒に混ぜ合わせる

ピータンの栄養成分をしっかり吸収したい場合は、カロリーの少ない食材と一緒に混ぜ合わせるとよいでしょう。湯通しした野菜や豆腐に刻んだピータンをかけると薬味感覚で食べやすく、カロリーを抑えながら満腹感が得られるのでおすすめです。

②臭みが気になる場合は時間を置いてから食べよう

ピータンの臭みが気になる場合は、時間を置いてから食べるのも方法の1つです。ピータンは製造過程で硫化水素とアンモニアが発生するため臭気を感じますが、どちらも時間の経過とともに空気中に拡散されていきます。殻を剥いてしばらくおくと臭いが気にならなくなり、美味しい味わいだけが楽しめるようになります。

ピータンの栄養が摂れるおすすめレシピ3選!

ピータンには糖質が含まれていないので、ダイエットにも役立つ食材の1つです。そのまま食べるのもよいですが、アレンジするとより美味しく食べられると好評です。ここではピータンの栄養がしっかり摂れる、おすすめのレシピを紹介します。

①ピータン豆腐

出典:https://cookpad.com/recipe/7076801

ピータンの簡単アレンジとして、覚えておくと便利なレシピです。薄めに切った絹豆腐の上にくし切りにしたピータンをのせ、タレをかけます。長ネギや生姜が入ったタレには黒酢とラー油とごま油とオイスターソースも入っているので、食欲をそそる前菜になります。

簡単 ピータン豆腐 by コタピー☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが373万品

②ピータンと香味野菜の和え物

出典:https://cookpad.com/recipe/6649508

小さめに切ったピータンに生姜やにんいく、小ねぎとパクチーを合わせて調味料で和えるレシピです。ラー油醬と醤油と酢と水で味付けているので食材によくなじみ、風味豊かな一品に仕上がります。

ピータンの和え物 by 旬2022 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが373万品

③ピーマンと豚ひき肉の四川風麻辣(マーラー)炒め

出典:https://cookpad.com/recipe/6088594

四川風の辛い麻辣にピータンとニラを加えて炒める、時短料理としても人気のレシピです。にんにくと生姜の風味が食欲をそそり、ピータンも細かく切って調理するので見た目が苦手な人でも食べやすいです。隠し味に紹興酒を加えることで、本格的な香りも楽しめます。

豚挽き肉とニラとピータンの四川風麻辣炒め by 火水流整体術院 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが373万品

ピータンは栄養豊富な食材

ピータンは栄養豊富な食材なので、献立に取り入れると健康や美容に効果があります。量の割にカロリーが高いので食べ過ぎには十分注意しながら、ピータンの美味しさを楽しみましょう。

関連する記事

×