ピーナッツバターの栄養価と効能は?ダイエット効果あり?食べ過ぎの注意点も紹介!

【管理栄養士監修】ピーナッツバターに含まれる栄養素を知っていますか。今回は、ピーナッツバターの栄養成分・効能に加え、食べ方のおすすめも紹介します。食べ過ぎの注意点やレシピも紹介するので、ダイエットの参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 岡 清華
MOTHER WEBサイト
https://www.mother-japan.com/
岡清華 Instagram
https://www.instagram.com/okasaya/
...
▼MOTHER WEBサイト
https://www.mother-japan.com/
▼岡清華 Instagram
https://www.instagram.com/okasaya/
大学在学中に管理栄養士国家資格を取得。 その後、カウアイ島にてアーユルヴェーダを学び全米ヨガアライアンスを取得。
現在は、ヨガを含む “アーユルヴェーダ” の観点から「一人一人にとっての幸福、人生の豊かさや最適な心身の状態を知り、環境を持続させること」をコンセプトに、スタジオ運営、カフェ、ウェルネス空間のプロデュース、商品開発、その他イベント、セミナーなどアーユルヴェーダに付随する各事業を進めながら、各メディアへの露出も続けている。
「全ての人々のより良い人生をサポートし個性が輝く状態へ導く為の母親のような存在でありたい」という想いで”MOTHER” 創業。

目次

  1. ピーナッツバターはどんな食材?
  2. ピーナッツバターの原料や作り方
  3. ピーナッツバターのカロリー・糖質
  4. ピーナッツバターの栄養素と効能は?ダイエット効果あり?
  5. ①不飽和脂肪酸
  6. ②ビタミンE
  7. ③タンパク質
  8. ④ビタミンB6
  9. ⑤ナイアシン
  10. ⑥カリウム
  11. ⑦マグネシウム
  12. ⑧銅
  13. ピーナッツバターの食べ過ぎはNG?どうなる?
  14. ①太る
  15. ②ニキビができる
  16. ピーナッツバターの正しい取り入れ方
  17. ①適量を食べる
  18. ②無糖の商品を選ぶ
  19. ③クランチタイプを選ぶ
  20. ピーナッツバターの取り入れたレシピのおすすめは?
  21. ①バナナピーナッツ
  22. ②作り置きピーナッツソース
  23. ③レンジよだれ鶏
  24. ピーナッツバターのダイエット向き商品のおすすめ
  25. ①渋皮のまま仕上げたピーナッツバター(ノンシュガータイプ)
  26. ②ピーナッツバター(無糖・無添加)
  27. ③無砂糖ピーナツバター
  28. ピーナッツバターは栄養豊富な食材

ピーナッツバターはどんな食材?

食パンに塗ったりお菓子作りの材料として馴染みあるピーナッツバターの原料や作り方について説明します。

ピーナッツバターの原料や作り方

ピーナッツバターの原料はその名の通りピーナッツで、落花生や南京豆とも呼ばれます。ピーナッツバターはよく乾燥させたピーナッツを炒り、細かくしてからすり潰してペースト状になるまで練り込んで作られます。風味をよくするために塩や砂糖、バターなどの油脂類を加えたものもあるので健康を意識するなら成分を確認して選びましょう。

岡 清華

管理栄養士

ピーナッツは日本で栽培されているのも多く、おいしいだけでなく、タンパク質・炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラルを加えた「五大栄養素」がバランス良く含まれています。

ピーナッツバターのカロリー・糖質

太る印象の強いピーナッツバターのカロリー・糖質はどれくらいなのでしょうか。バターと比較してみていきましょう。

カロリー 糖質
ピーナッツバター(大さじ1杯:10g) 63.6kcal 1.73g
ピーナッツバター(100g) 636kcal 17.3g
バター(100g) 745kcal 0.02g

*含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)

ピーナッツバターはバターに比べるとカロリーは低いものの100gで636kcalと相当のカロリーです。ピーナッツバター100gを一度に食べることは無いでしょうが、量によっては太るリスクがあるので食べるときには注意が必要です。

ピーナッツバターは糖質の量が多い食品で食後血糖値も上がりやすく糖尿病の方やダイエット中の方は避けた方がいい食品です。

ピーナッツバターの栄養素と効能は?ダイエット効果あり?

カロリー636kcal
タンパク質20.6g
水分1.2g
糖質17.3g
食物繊維7.6g
脂質50.4g

上記は、ピーナッツバター100g当たりのカロリー・糖質量を記載したものです。続いて、ピーナッツバターにはどういった栄養素が含まれているのか効能と共に健康効果も一緒に見ていきましょう。

*1日の摂取量は成人男性の目安です。
*含有量は日本食品標準成分表を参照しています。

①不飽和脂肪酸

オレイン酸 リノール酸
含有量(100g) 19000(mg) 15000(mg)
1日の摂取量の目安 -(mg) -(mg)
1日の摂取量に占める割合 -% -%

ピーナッツバターに含まれる不飽和脂肪酸は、体内で合成できないので食品から摂取する必要がある必須脂肪酸です。中でも悪玉コレステロールであるLDLコレステロールを下げる効能があるオレイン酸とリノール酸を豊富に含んでいるため、ピーナッツバターを適量に摂取することで血管をしなやかに保ちます。(※2)

岡 清華

管理栄養士

不飽和脂肪酸は主に植物や魚の脂に多く含まれ、血管をしなやかに保つような効果があります。血管をしなやかに保つことができれば心筋梗塞や脳梗塞などの予防に繋がります。ナッツ類はその中の1つです。

②ビタミンE

関連する記事