発酵あんこはダイエット向き?太る?糖質・カロリーや効果も紹介!

発酵あんこはダイエット向きなのでしょうか?太るのか気になりますね。今回は、発酵あんこのダイエット効果・効能や糖質・カロリーを、〈摂取量・いつ食べる〉など痩せる食べ方とともに紹介します。発酵あんこのダイエット向きなおすすめ商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 発酵あんこはダイエットに向いてる?太る?
  2. まずは発酵あんこの糖質・カロリーを見てみよう
  3. 発酵あんこのダイエット効果・効能は?
  4. ①米麹
  5. ②ポリフェノール
  6. ③サポニン
  7. ④食物繊維
  8. ⑤ビタミンB1
  9. ⑥鉄分
  10. 発酵あんこの痩せる・ダイエット向きな食べ方は?摂取量の目安は?
  11. ①1日に食べる量・摂取量の目安
  12. ②発酵あんこは間食に食べるのがおすすめ
  13. 発酵あんこをダイエット中に食べる時のポイント・注意点は?
  14. ①栄養を偏らせすぎない
  15. ②食べ過ぎは太る・体に悪いので注意
  16. 発酵あんこのダイエット向きおすすめ商品も紹介!
  17. ①北海道発酵あずき(888円)
  18. ②こうじ発酵あん(3,996円)
  19. 発酵あんこをダイエットに活用しよう

発酵あんこはダイエットに向いてる?太る?

発酵あんことは、砂糖を使わず麹によってあんこを発酵させて作る発酵食品のことです。栄養価の高さや砂糖を使わないことから、ダイエット効果があると話題ですが、本当にダイエットに向いているのでしょうか。ここでは、発酵あんこの糖質やカロリーを普通のあんこと比較して紹介します。

まずは発酵あんこの糖質・カロリーを見てみよう

100gあたり カロリー 糖質
発酵あんこ 429kcal 83.4g
あんこ 530kcal 116.1g

発酵あんこは、砂糖を使わないため普通のあんこと比較するとカロリー、糖質ともに低くなっています。しかし、意外とカロリーが高いという印象を受けます。なぜなら茹で小豆のカロリーは100g当たり約143kcalですが、米麹のカロリーが約286kcalあるからです。

発酵あんこのダイエット効果・効能は?

発酵あんこは、なぜダイエットに向いているといわれているのでしょうか。ここからは、発酵あんこのダイエット効果や効能を紹介します。

①米麹

米麹にはビタミンやミネラル、特にビタミンB群が多く含まれています。食物繊維やオリゴ糖も多く含まれており、腸内環境を整えて便秘の予防や解消に効果があります。また、脂肪燃焼作用のある酵素成分や食欲を抑制してくれるブドウ糖も含まれているので、日々の食事に取り入れることでダイエット効果が期待できるでしょう。

②ポリフェノール

ポリフェノールには強力な抗酸化作用があり、血液の流れを良くするので代謝が上がり脂肪燃焼に繋がる効果があります。また、むくみの解消や便秘の予防や解消効果も期待できます。ポリフェノールは、発酵あんこの原料である小豆に含まれていますが、あんこなどに加工しても損失が少ないのが特徴です。(※1)

③サポニン

サポニンは、小豆の外皮に多く含まれている栄養素です。むくみの改善や利尿作用、血糖値の上昇を抑制する効果があると言われています。サポニンは渋味や苦味の成分でもあるため、下茹でした際に茹で汁とともに流れ出てしまいます。効率的に摂取するために、2回目の以降に茹でこぼしたゆで汁を調理に使うのがおすすめです。

④食物繊維

食物繊維は米麹にも含まれていますが、原料である小豆にも多く含まれている栄養素です。食物繊維は、消化や吸収がされないまま小腸を通り大腸まで届くため、便秘の予防や改善に繋がるとされています。また糖質の吸収を穏やかにし、食後の急激な血糖値の上昇を抑える効果もあります。効率よく健康的に痩せるためには、1日20g以上の摂取を目標にしてください。(※2)

⑤ビタミンB1

ビタミンB1は糖質の代謝に必要な栄養素で、糖質を分解することでエネルギーとなり、脂肪として蓄積されにくくなります。糖質を多く含む食品ばかりを摂っていると、糖質が体脂肪として蓄えられ太る原因となるので注意が必要です。ビタミンB1は体に溜めておくことができないため、発酵あんこを摂取して糖質を効率よく代謝させましょう。(※3)

⑥鉄分

鉄分を摂取することで代謝の向上に繋がり、カロリーを消費しやすくしてくれます。ダイエット中は食事制限などによる鉄分不足から、イライラしたり運動の質が落ちたりするのでしっかりと鉄分を摂ることが大切です。痩せるためには適度な運動が必須なため、鉄分を摂って運動の質を高めましょう。(※4)

発酵あんこの痩せる・ダイエット向きな食べ方は?摂取量の目安は?

1日にどの程度の量の発酵あんこを食べれば、効率よく痩せることができるのでしょうか。ここからは、発酵あんこのダイエット向きな食べ方や摂取量の目安を説明します。

①1日に食べる量・摂取量の目安

発酵あんこは、1日100g~150gを目安に毎日の食事や間食で摂り入れるようにしてください。また、ほかの食事から糖質を摂取する場合は発酵あんこの摂取量を減らす必要があります。糖質の1日当たりの摂取量の理想は130gのため、超えてしまわないように1日の食事のバランスを見て食べましょう。

②発酵あんこは間食に食べるのがおすすめ

発酵あんこはいつ食べるかのタイミングも重要で、午後3時など活動的に動いている時間帯での間食がおすすめです。夕食後の摂取は、痩せるどころか太る原因となってしまうので避けてください。毎日のおやつ代わりに発酵あんこを食べ、糖質をエネルギーに変えて生活しましょう。

発酵あんこをダイエット中に食べる時のポイント・注意点は?

発酵あんこはダイエットに最適な食べ物ですが、食べる時のポイントや注意点があります。ここからは、発酵あんこをダイエット中に食べる時のポイントや注意点を2つ紹介します。

①栄養を偏らせすぎない

発酵あんこは栄養価の高い食べ物ですが、発酵あんこのみでは栄養が偏ってしまいます。ダイエットは、適切な食事と運動が重要になるので、栄養バランスの整った食事を心掛けましょう。

②食べ過ぎは太る・体に悪いので注意

発酵あんこは砂糖不使用で普通のあんこよりも低糖質ですが、食べ過ぎは体に悪く太る原因になるので注意が必要です。発酵あんこを食べて痩せる効果を得るために、適切な量を食べることが大切です。

発酵あんこのダイエット向きおすすめ商品も紹介!

発酵あんこは手作りすることが可能ですが、通販では完成品を購入することができます。ここでは、ダイエット向きの発酵あんこのおすすめ商品を紹介します。

①北海道発酵あずき(888円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/mameichizoku/ra10151/

北海道十勝産の小豆を使用した発酵あんこで、砂糖の代わりに調味料として使うのもおすすめです。1日1さじを目安に食べるだけで、豊富なポリフェノールと食物繊維を摂取できます。牛乳に溶かして飲んだり、トーストに付けたり好みの食べ方をしてください。

北海道発酵あずき【楽天市場】

②こうじ発酵あん(3,996円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/hokkaido-gift/ue-224062340/

北海道産の生麹を二段発酵、二段熟成させて作った発酵あんこです。保湿成分であるセラミドが含有されており、ダイエット効果に加えて美容にも期待できます。80g入りが5個セットになった商品なので、発酵あんこによるダイエット効果を実感したい人におすすめです。

生こうじ発酵あん【楽天市場】

発酵あんこをダイエットに活用しよう

発酵あんこは、毎日の生活に上手に取り入れることでダイエット効果が期待できる食べ物です。しかし、発酵あんこの食べ過ぎは太る原因になるので適量を食べましょう。バランスの取れた食事と適度な運動とともに、発酵あんこをダイエットに活用してください。

関連する記事

×