キャベツの栄養素・効能は?加熱NG?成分を逃さない調理法・食べ方のおすすめも紹介!

【管理栄養士監修】キャベツにはビタミンなど栄養素が豊富に含まれていると知っていますか?キャベツはいろんな料理に使うなど馴染みがある野菜ですが、栄養素についてはあまり知られていません。今回はキャベツの含まれる栄養素と効能に加え、キャベツの栄養素を逃さない調理法について紹介します。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 永倉沙織
Instagram Ameba
管理栄養士としてサプリメント会社に年勤務。その後、サプリメント アドバイザーを取得してフリーランスとして活動を開始。美容・健康メディアの掲載記事・...
Instagram Ameba
管理栄養士としてサプリメント会社に3年勤務。その後、サプリメント アドバイザーを取得してフリーランスとして活動を開始。美容・健康メディアの掲載記事・食事アドバイス&サプリメントプログラム監修など行なっています。 現在は無理な食事制限や偏った食生活に警鐘を鳴らし、食べることでカラダの調子を整え美しく健康的なカラダ作りの方法を伝えています。膨大な美容・健康情報から正しい選択と自分に合った方法を見つけていただきたいです。

目次

  1. キャベツに栄養はあるの?ない?
  2. キャベツの葉以外に芯も含め栄養が豊富
  3. 栄養価の高いキャベツの選び方
  4. キャベツの栄養素と効果
  5. キャベジン
  6. 葉酸
  7. ビタミンC
  8. ビタミンK
  9. カルシウム
  10. キャベツの栄養素を逃さない調理法は?
  11. 生でサラダ
  12. レンジで蒸す
  13. 加熱する場合はスープがおすすめ
  14. キャベツは栄養素がたっぷり

栄養素は加熱する場合に失われやすいのですが、そんな場合に便利なのが電子レンジです。電子レンジは水で茹でる場合とは違い、水に触れずに加熱できるため、栄養素が流れ出ることを防げます。

加熱する場合はスープがおすすめ

キャベツに含まれる水溶性のビタミンを摂取するには、スープの具材に使うのも一つの手です。スープの汁の中にキャベツの栄養素が流出していますが、スープは汁ごと食べる料理であるため、結果的にキャベツに含まれる栄養素を余すことなく摂取できます。

キャベツは栄養素がたっぷり

キャベツには栄養素が多いイメージがあまりありませんが、キャベジンやビタミンCなど栄養素がたっぷり含まれています。ただし、これらの栄養素は水溶性ですので、水に流れ出ないように調理法を工夫して、栄養素を効果的に摂取しましょう。

関連する記事

×