冷めたコーヒーは体に悪いって本当?時間が経つと酸化がやばい?対策も紹介!

冷めたコーヒーは体に悪い・危険性があるのは本当でしょうか?理由が気になりますよね。今回は、冷めたコーヒーが体に悪い・危険性があるとされる理由や時間が経つとやばいかを紹介します。コーヒーの酸化を遅らせる方法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 冷めたコーヒーは体に悪いって本当?時間が経つと酸化がやばい?
  2. 冷めたコーヒーは体に悪いという科学的な根拠はない
  3. ただしコーヒーの飲み過ぎには注意
  4. コーヒーが冷めて酸化するのはなぜ?
  5. ①時間が経つ
  6. ②光や熱に触れる
  7. ③空気に触れて酸素と結びつく
  8. コーヒーはどのくらい時間が経つとやばい?
  9. コーヒーは作ってから60分までに飲むように心がけよう
  10. コーヒーの酸化を遅らせる方法は?
  11. ①コーヒーは密閉容器で冷暗所で保存する
  12. ②新鮮なコーヒー豆で淹れる
  13. ③なるべく水出しコーヒーにする
  14. 冷めたコーヒーは体に悪いこともある

冷めたコーヒーは体に悪いって本当?時間が経つと酸化がやばい?

冷めたコーヒーは体に悪いといった話を耳にすることがありますが、それは本当なのでしょうか。ここでは冷めたコーヒーが体に与える悪影響について、詳しく解説します。

冷めたコーヒーは体に悪いという科学的な根拠はない

冷めたコーヒーは体に悪いという科学的な根拠はありませんが、以下のような悪影響を体に及ぼす可能性があります。

・喉のイガイガ・不快感
・胃もたれや腹痛

冷めたコーヒーの酸化が進むと、嫌なえぐみや酸味が生まれます。冷めたコーヒーは味がまずいだけではなく、人によっては喉がイガイガすることがあります。また体質によっては胃もたれや腹痛などの症状が現れることがあるので、胃腸の弱い人は注意が必要です。

ただしコーヒーの飲み過ぎには注意

コーヒーにはカフェインが多く含まれているため、温度に関係なく飲み過ぎには注意しましょう。カフェインの、過剰摂取による症状は以下の通りです。

・心拍数の増加
・興奮
・震え
・不眠症
・下痢
・腹痛
・吐き気

カフェインには脳を興奮する作用があるため、コーヒーを飲み過ぎると心拍数の増加や不眠などの原因となります。脳や神経系に働くだけでなく、胃腸を刺激するため下痢や吐き気・腹痛などの症状が現れることもあります。

しかし、適量のコーヒーであれば、集中力の向上や疲労回復に効果的です。カフェインの摂取量は1日400㎎までが推奨されているので、コーヒーならカップ5杯程度までに抑えるようにしましょう。

コーヒーが冷めて酸化するのはなぜ?

冷めたコーヒーを飲んでも健康を害するわけではありませんが、酸化してまずいと感じる前に飲み切ることをおすすめします。ここでは冷めたコーヒーの酸化の原因について、詳しく見ていきましょう。

①時間が経つ

コーヒーを抽出してから時間が経つにつれ、湿度や温度などの様々な要因によって酸化が進んでいきます。酸化は食品の風味の劣化だけではなく、見た目や栄養価の低下も引き起こします。冷めたコーヒーを加熱して温めても酸化が進んでしまうだけなので、コーヒーを淹れたらなるべくすぐに飲み切るのがおすすめです。

②光や熱に触れる

冷えたコーヒーの酸化の原因の一つは、光や熱に触れることです。コーヒーは紫外線に弱いため、日光だけではなく蛍光灯の光にも反応し酸化が始まります。熱も酸化スピードを速める要因となるので、ホットコーヒーは酸化しやすい食品だといえます。したがって、冷めたコーヒーを再加熱することはおすすめできません。

③空気に触れて酸素と結びつく

冷めたコーヒーの酸化とは、コーヒーの分子が空気に触れて酸素と結びついた状態をさします。鉄が酸素と結びついて錆びてしまうように、コーヒーの劣化は空気に触れた瞬間から始まります。また、コーヒー豆は多孔質状と呼ばれる、小さな穴が無数に開いた構造です。この小さな穴から湿気中の水分や酸素を吸って、酸化が進んでいきます。

コーヒーはどのくらい時間が経つとやばい?

冷めたコーヒーは、どのくらい時間が経つと酸化が進んでまずい状態になるのでしょうか。ここでは、コーヒーを美味しく飲める賞味期限を詳しく解説します。

コーヒーは作ってから60分までに飲むように心がけよう

コーヒーは作ってから、60分までに飲むように心がけましょう。コーヒーショップでは、味わいの面から60分経ったコーヒーは廃棄処分されています。家庭ではここまで管理する必要はありませんが、2~3時間を限度とし、60分以上経ったコーヒーを一口飲んでまずいと感じた時は淹れなおすのがおすすめです。

なお、1日経ったコーヒーはミルク・砂糖の有無や保存状態にもよりますが、雑菌が繁殖し食中毒や腹痛の原因となるので飲むのは控えてください。

コーヒーの酸化を遅らせる方法は?

生活習慣病や肥満の予防などに効果のあるコーヒーですが、酸化を遅らせる方法はあるのでしょうか。ここではコーヒーの保存に適した温度や湿度と、おすすめの抽出方法を詳しく紹介します。

①コーヒーは密閉容器で冷暗所で保存する

コーヒーは豆・粉の状態を問わず、密閉容器に入れて湿度の低い冷暗所で保存するようにしましょう。遮光瓶や缶などの密閉できる容器に入れることで、光や酸素と触れるのを防いで酸化を抑制する効果があります。コーヒーは15度以下での保存が適しているので、季節を問わず温度や湿度が低く保たれている冷蔵庫で保存するようにしてください。

②新鮮なコーヒー豆で淹れる

新鮮なコーヒー豆を使うことも、酸化を遅らせる一つのポイントです。コーヒー豆の賞味期限は、焙煎してから未開封で90日・開封済みで30日間です。

また、コーヒーを挽いてしまうと酸素に触れる部分が増えて酸化しやすいので、賞味期限は開封してから7日間を目安にしましょう。このため、コーヒーの酸化が気になる人は、粉ではなく豆の状態から淹れるのがおすすめです。

③なるべく水出しコーヒーにする

コーヒーの酸化が気になる人は、加熱をしない水出しコーヒーを飲むのもおすすめです。水出しコーヒーは加熱を行わないため、淹れるのに数時間~半日かかってしまいますが、3日間ほど冷蔵保存が可能です。苦みや酸味が弱くさっぱりとした口当たりで、時間が経っても香りや味わいが保てます。

冷めたコーヒーは体に悪いこともある

集中力の向上やダイエットなど様々な健康効果のあるコーヒーですが、体に悪いこともあるとわかりました。科学的な根拠はありませんが、お腹の弱い人はコーヒーの酸化に注意が必要です。今回紹介した酸化を遅らせる方法なども参考にして、冷めたコーヒーがまずいと感じる前に飲み切るようにしましょう。

関連する記事

×