ビーフジャーキーはダイエット向き?効果ある?痩せる食べ方や商品のおすすめなど紹介!

【管理栄養士監修】ビーフジャーキーダイエットを知っていますか?体に悪いイメージがありますが、痩せる効果はあるのでしょうか?今回は、ビーフジャーキーダイエットの効果効能や、やり方のポイントも紹介します。注意点や低カロリー商品のおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. ビーフジャーキーは痩せる?実はダイエット向き?
  2. ビーフジャーキーのカロリー・糖質
  3. ビーフジャーキーがダイエット向きな理由は?栄養価にあり?
  4. ①豊富なタンパク質による基礎代謝の向上
  5. ②ビタミンB群による糖質・脂質の代謝促進
  6. ③よく噛むため満足感がある
  7. ④小顔効果も期待できる
  8. ビーフジャーキーダイエットのやり方は?タイミングは?
  9. 小腹が空いた時に間食・おやつとして食べる
  10. ビーフジャーキーダイエットの注意点・ポイントは?
  11. ①食べ過ぎない
  12. ②塩分の取り過ぎになりやすい
  13. ビーフジャーキーのダイエット向け低カロリー商品も紹介
  14. ①Tengu ビーフジャーキー
  15. ②なとり 堅旨ビーフジャーキー
  16. ③三菱食品 ジャックリンクス ビーフジャーキーテリヤキ
  17. ④天狗ハム 北陸だより ビーフジャーキー
  18. ⑤石垣食品 ビーフジャーキー
  19. ビーフジャーキーダイエットで痩せよう

ビーフジャーキーは痩せる?実はダイエット向き?

おやつやお酒のおつまみとして好まれているビーフジャーキーは、ダイエットにも役立つ食べ物として注目されています。ダイエット中に気になるのはカロリーや糖質ですが、ビーフジャーキーにはどれくらい含まれているのでしょうか。

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

ビーフジャーキーのカロリー・糖質

カロリー 糖質
ビーフジャーキー 280kcal 6.4g
ケーキ 327kcal 43.6g
プリン 126kcal 14.7g
ポテトチップス 554kcal 54.7g
(100gあたり)

ビーフジャーキーとその他のお菓子のカロリーや糖質をで比較した場合、ビーフジャーキーはカロリーが比較的低いことがわかります。また、糖質量も他のお菓子よりも非常に低いため、糖質制限中のおやつにもおすすめです。

ただし、間食の摂取カロリーの目安は200kcalなので、比較的低カロリーなビーフジャーキーでも100g以上食べれば太る可能性があります。ダイエット中にビーフジャーキーを食べる際は、量に気を付けましょう。

ビーフジャーキーがダイエット向きな理由は?栄養価にあり?

カロリー・糖質が低くて太る心配が少ないビーフジャーキーは、その栄養面などでもダイエットに向くポイントがいくつかあります。ここでは、ビーフジャーキーがダイエット向きな理由を解説しましょう。

①豊富なタンパク質による基礎代謝の向上

ビーフジャーキーがダイエットに向く理由の一つは、タンパク質の含有量の多さです。痩せやすい体を作るためには、タンパク質をしっかり摂取して筋肉量を増やすことが大切です。筋肉量が増えると基礎代謝が上がるため、消費カロリーが増えて脂肪が燃焼しやすくなります。

牛肉を乾燥させて作るビーフジャーキーには良質なタンパク質が豊富に含まれているため、ダイエット中の間食にも最適です。(※2)

②ビタミンB群による糖質・脂質の代謝促進

ビーフジャーキーには、ビタミンB群も豊富に含まれています。ビタミンB群は糖質や脂肪の代謝を促進するダイエットに不可欠な栄養素なので、ダイエット中も適度に摂取することで痩せやすくなります。逆に、ビタミンB群が不足すると食事制限や運動をしていても太る場合があるので、ビーフジャーキーを活用してビタミンB群不足を解消しましょう。

③よく噛むため満足感がある

ビーフジャーキーは固くて歯ごたえがあるため、食べる時には自然とよく噛む必要があります。食べ物をよく噛んで食べると満腹中枢が刺激されるため、少ない量の食事でも満足しやすくなります。ダイエット中は食事制限などで空腹感を感じがちですが、ビーフジャーキーをよく噛んで食べることで空腹感を和らげることができるでしょう。

④小顔効果も期待できる

しっかりとした噛み応えのあるビーフジャーキーは、食べることで顔の筋肉を鍛えることもできます。顔の筋肉を鍛えることで顔が引き締まるため、体重に変化が無くても痩せた印象になるでしょう。ただし、噛み過ぎると筋肉が発達しすぎて顔が大きく見える場合があるので、適度に噛むことが大切です。

竹本友里恵

管理栄養士

ビーフジャーキーは保存期間を長くする目的で肉を干した事から生まれた食材で、肉の水分を飛ばして乾燥させているので、栄養素や旨味が凝縮しています。牛肉はビタミンB2や亜鉛、鉄分などミネラルが豊富に含まれており、さらに乾燥したビーフジャーキーは歯応えがあるのでダイエットにもオススメです。塩漬けした牛肉を使用しているので、摂取する塩分量が過剰にならないように注意が必要です。甘いお菓子やスナック菓子をビーフジャーキーに置き換えると、カロリーを抑えることもできるので、1日の食事バランスを気にしながら取り入れてみましょう。

ビーフジャーキーダイエットのやり方は?タイミングは?

関連する記事

×