卵は食べ過ぎると太る!太らない食べ方とは?ダイエット効果なども解説!

【管理栄養士監修】卵を食べると太るのかどうか知っていますか?今回は、卵にあるダイエット効果やカロリー・糖質などから、卵は太るか太らないかを紹介します。卵の太る原因にくわえ、ダイエット向きの食べ方やポイントも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. 卵は太る?太らない?
  2. 正しく食べれば太らない
  3. 卵のカロリーや糖質などの栄養価から見てみよう
  4. 卵にあるダイエット効果は?
  5. ①脂肪燃焼・基礎代謝の向上
  6. ②糖質・脂質の代謝を促進する
  7. ③腹持ちがいい
  8. 卵を食べて太る原因は?
  9. ①食べ過ぎている
  10. ②調理油・味付けが高カロリー
  11. 卵のダイエット向きの食べ方・ポイントは?
  12. ①1日に2個を目安に食べる
  13. ②卵を朝に食べる
  14. ③間食にゆで卵を食べる
  15. ④味付けは塩・胡椒にする
  16. ⑤よく噛んで食べる
  17. ⑥寝る前に食べる
  18. 卵の食べ方には注意しよう

③間食にゆで卵を食べる

間食には油を使わずシンプルに調理したゆで卵がおすすめです。間食にゆで卵を摂ると、空腹による血糖値の上昇を抑えながら栄養を摂取できます。また、炭水化物を含む食事前にゆで卵を食べると、血糖値の上昇を抑えて脂肪を蓄えにくくします。小腹が空いた時には、お菓子などを食べるよりもゆで卵を食べてダイエットに繋げましょう。

④味付けは塩・胡椒にする

ダイエット中は塩や胡椒でシンプルに味付けしましょう。マヨネーズなどはカロリーが高いため、ダイエット中には不向きです。塩や胡椒に飽きてしまい、マヨネーズと一緒に食べたい時は、カロリーカットのマヨネーズを選びましょう。

⑤よく噛んで食べる

オムレツなどの柔らかい卵料理もよく噛んで食べることが大切です。脳は満腹を感じるために15~20分かかるとされているため、早食いをすると満腹を感じる前に食べ過ぎてしまいます。ゆっくり食べる習慣を身に付けることで、少量でも満腹感を得られるため、よく噛んで食べましょう。(※4)

⑥寝る前に食べる

良質な睡眠はカロリーをたくさん消費するため、ダイエットに効果的です。卵には睡眠の質を高めるアミノ酸が含まれており、寝る前に食べるとダイエットに繋がると言われています。また、卵を食べると成長ホルモンの分泌を増幅させる効果もあり、美容や脂肪燃焼にも良いですね。

注意したいのは、寝る直前に食べると太る原因になることです。人間は食べ物を摂ると消化に集中するため、脳や身体が休まらず、睡眠の質が落ちます。質の悪い睡眠は太る原因になるため、卵を食べる時は寝る3時間前くらいがベストです。(※5)

卵の食べ方には注意しよう

カロリーが低くない卵はダイエットに向いていない様にも見えますが、栄養価が高いので正しく食べればダイエットに向いていることが分かりました。食べ過ぎや調理方法を間違えると太る原因になるため、食べ方に気を付けて美味しく卵を食べましょう。

関連する記事

×