卵は食べ過ぎると太る!太らない食べ方とは?ダイエット効果なども解説!

【管理栄養士監修】卵を食べると太るのかどうか知っていますか?今回は、卵にあるダイエット効果やカロリー・糖質などから、卵は太るか太らないかを紹介します。卵の太る原因にくわえ、ダイエット向きの食べ方やポイントも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. 卵は太る?太らない?
  2. 正しく食べれば太らない
  3. 卵のカロリーや糖質などの栄養価から見てみよう
  4. 卵にあるダイエット効果は?
  5. ①脂肪燃焼・基礎代謝の向上
  6. ②糖質・脂質の代謝を促進する
  7. ③腹持ちがいい
  8. 卵を食べて太る原因は?
  9. ①食べ過ぎている
  10. ②調理油・味付けが高カロリー
  11. 卵のダイエット向きの食べ方・ポイントは?
  12. ①1日に2個を目安に食べる
  13. ②卵を朝に食べる
  14. ③間食にゆで卵を食べる
  15. ④味付けは塩・胡椒にする
  16. ⑤よく噛んで食べる
  17. ⑥寝る前に食べる
  18. 卵の食べ方には注意しよう

卵は太る?太らない?

卵はカロリーや脂質が高くて太るイメージがありますが、ダイエット中に食べても太らないのでしょうか。ここでは、卵が太る食材なのか、それとも太らない食材なのかを解説します。

正しく食べれば太らない

豊富な栄養が含まれてる卵は、ダイエット中に食べても問題のない食材ですが、過剰に食べ過ぎたり、油をたくさん使って調理すれば太る可能性があります。高カロリーにならない様、食べ方に気を付けましょう。

卵のカロリーや糖質などの栄養価から見てみよう

カロリー 糖質 タンパク質 脂質
90.6kcal 0.2g 7.4g 6.2g
(1個あたり)

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

卵のカロリーは低いとは言えませんが、良質なタンパク質を含んでいます。このタンパク質はダイエットをする上では欠かせない栄養素です。また、体脂肪増加に繋がる糖質をダイエット中に控える人は多いですが、卵に糖質はほとんど含まれていません。糖質制限ダイエットをしている人にとっては最適の食材です。

卵にあるダイエット効果は?

卵は適切に食べれば太らない食材ですが、ダイエット効果はあるのでしょうか。ここからは、卵のダイエット効果について解説します。

①脂肪燃焼・基礎代謝の向上

ダイエット中はタンパク質が不足しやすいですが、良質なタンパク質を多く含む卵を食べることで、筋肉量が増加し基礎代謝が向上します。代謝が上がると脂肪燃焼を促すため、痩せやすい体質になり、結果的にダイエット成功に繋がるでしょう。(※2)

②糖質・脂質の代謝を促進する

卵に含まれるビタミンB2には、糖質や脂質をエネルギーに変える代謝の働きがあり、意識的に取り入れることで、ダイエット効果も上がります。運動や筋トレをしてエネルギーを消費した時は、たくさんのビタミンB2が必要になるため、ダイエット中に運動した時は卵を食べると良いでしょう。(※3)

(*卵の栄養や効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

卵は完全栄養食!生卵と茹で卵どっちが良い?1日1個までって本当?

③腹持ちがいい

卵はゆで卵にして食べることで、ある程度の満腹感を得ることができます。小腹が空いた時や食べ過ぎを防止したい時に食べることもおすすめです。また、半熟卵と比較して固茹でのゆで卵は、消化時間が2倍以上長いため、腹持ちが良くなり、食べる量を抑えられます。間食としてゆで卵を食べる時は、固茹でに調理して食べましょう。

関連する記事