キャベツの食べ過ぎは太る?最悪死亡する?便秘・下痢など副作用の例や1日の適量など紹介!

【管理栄養士監修】キャベツを食べ過ぎるとどうなるか知っていますか?今回は、キャベツの食べ過ぎによる〈胃痛・下痢・腹痛・甲状腺の病気〉 など健康への副作用を原因とともに紹介します。キャベツの食べ過ぎになる量はどれくらいかや、ダイエットへの正しい取り入れ方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. キャベツを食べ過ぎて太ることはある?
  2. キャベツだけのカロリー・糖質は低い
  3. ごま油・マヨネーズなど高カロリーな調味料で太ることがある
  4. キャベツを食べ過ぎると副作用ある?最悪死亡する?
  5. ①便秘になる
  6. ②下痢・腹痛になる
  7. ③甲状腺の病気にかかることがある
  8. ④おならが出やすくなる
  9. ⑤消化不良で胃痛になることがある
  10. キャベツの食べ過ぎにならない量はどれくらい?
  11. 230gを目安に食べるのがおすすめ
  12. キャベツを食べ過ぎずにダイエットへの取り入れる方法
  13. ①朝に食べる
  14. ②生のまま食べる
  15. キャベツは適度な量を食べよう
酢キャベツにダイエット効果あり?作り方や食べ方は?痩せた成功談も口コミで紹介!

キャベツは適度な量を食べよう

キャベツは適量食べることで、ダイエット効果や健康へのメリットを感じられる野菜です。キャベツの食べ方や摂取量を工夫して、うまく食事に取り入れていきましょう。

関連する記事