冷やご飯ダイエットに痩せる効果はある?嘘?やり方を痩せた口コミとともに紹介!

冷やご飯ダイエットを知っていますか?本当に効果はあるのでしょうか?今回は、冷やご飯ダイエットの効果効能や、やり方のポイントなどを口コミ調査とともに紹介します。冷やご飯ダイエットの注意点やおにぎりレシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 冷やご飯ダイエットは効果ある?嘘?
  2. 冷やご飯がダイエットに効果的な理由は?
  3. ①糖質・脂肪の吸収を抑える
  4. ②腹持ちがいい
  5. ③冷やご飯にするとカロリーが低くなる
  6. ④噛む回数が増える
  7. 冷やご飯ダイエットのやり方は?1日何個?
  8. 1日に1回冷やご飯を食べる
  9. 冷やご飯を食べるタイミング
  10. 冷やご飯のおすすめの作り方
  11. 冷やご飯ダイエットの効果はいつからある?ない?【口コミ調査】
  12. 冷やご飯ダイエットで成功して痩せた人の口コミ
  13. 冷やご飯ダイエットに失敗した人の口コミ
  14. 冷やご飯ダイエットを行う際の注意点
  15. ①食べ過ぎない
  16. ②冷やご飯を温め直さない
  17. ③急激に冷やさない
  18. ④寝る直前に食べない
  19. ダイエット向きのおにぎりレシピ
  20. ①わかめチーズおにぎり
  21. ②ひじきと梅干のおにぎり
  22. ③野菜おにぎり
  23. 冷やご飯ダイエットで痩せる!

冷やご飯ダイエットは効果ある?嘘?

糖質制限ダイエットの人気が続いているため、ご飯はダイエットに不向きと感じる人も多いですが、冷やご飯ダイエットは成功するのでしょうか。ここでは、冷やご飯ダイエットは本当に効果があるのか解説します。

冷やご飯がダイエットに効果的な理由は?

ご飯は糖質・カロリーが高く、ダイエットに不向きとされていますが、なぜご飯を冷やすとダイエット効果があるのでしょうか。ここでは、冷やご飯がダイエットに効果的な理由について説明します。

①糖質・脂肪の吸収を抑える

温かいご飯には、太る原因となるデンプンが含まれていますが、ご飯を冷やすとデンプンはレジスタントスターチに変わります。レジスタントスターチは消化されにくく、食物繊維と同じ効果があるため、血糖値の上昇を抑え、糖質や脂肪の吸収も抑制してくれるでしょう。(※2)

②腹持ちがいい

小腸ですぐに吸収されるデンプンに比べ、冷やご飯に含まれるレジスタントスターチは、消化吸収されずにゆっくりと消化管を移動します。大腸でやっと腸内細菌のエサとして分解されるため腹持ちが良く、無駄な間食や空腹感を感じることがなくなります。(※2)

③冷やご飯にするとカロリーが低くなる

カロリー
冷やご飯 227kcal
普通のご飯 252kcal

※お茶碗一杯(150g)あたり
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

デンプンがレジスタントスターチに変わると、カロリーは約10%減少します。温かいご飯を食べるよりもカロリーを抑えられるため、ダイエット中にはおすすめです。

④噛む回数が増える

冷やご飯は温かいご飯よりも硬いので、咀嚼数が多くなる傾向にあります。噛む回数が増えると、カロリー消費が促進され、脂肪燃焼にも効果的です。また、よく噛むことで満腹中枢神経が刺激され、食事の量を抑えられます。(※3)

冷やご飯ダイエットのやり方は?1日何個?

ご飯は冷める間にダイエットに効果的な変化を遂げているようです。ここからは、冷やご飯ダイエットを成功させるためのやり方について紹介します。

1日に1回冷やご飯を食べる

最初は、1日1回だけ冷やご飯にすることがおすすめです。ご飯の温度を少し下げるだけでも効果があります。ダイエットは続けることが大切なので、1日1回だけよく噛んで冷やご飯を食べる習慣をつけましょう。

関連する記事

×