とうもろこしは消化されない?皮が原因?食べるメリットや子供向けの食べ方など紹介!

とうもろこしは消化にいいのでしょうか?消化不良で便にそのままでることがありますよね。今回は、とうもろこしが消化されない理由や食べるメリット、食べ方のおすすめを紹介します。体調不良の際におすすめの食べ物も紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. とうもろこしの消化は悪い?なぜ?
  2. とうもろこしの皮が消化されないため
  3. とうもろこしは消化されないけど食べるメリットもある?
  4. ①便秘解消
  5. ②血糖値の上昇を抑える
  6. ③腹持ちが良くなる
  7. ④抗菌作用・美肌効果
  8. ⑤疲労回復
  9. とうもろこしの消化に良い食べ方は?
  10. ①よく噛んでゆっくり食べる
  11. ②食べ過ぎない
  12. ③ポタージュなど消化しやすくして食べる
  13. ④水分を摂る
  14. とうもろこしの消化に良いレシピのおすすめは?
  15. ①コーンポタージュ
  16. ②とうもろこしとおからのサラダ
  17. ③とうもろこしのかき揚げ
  18. とうもろこしを積極的に食べよう

③とうもろこしのかき揚げ

出典:https://cookpad.com/recipe/6307600

とうもろこしだけの天ぷらだととうもろこしばかりを食べてしまい、食物繊維の摂りすぎになりがちです。マイタケといんげんを一緒に揚げることで、とうもろこしの摂りすぎを防ぎましょう。

超簡単!いんげんとコーンと舞茸のかき揚げ by あーぽん86 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

とうもろこしを積極的に食べよう

とうもろこしは消化が悪いイメージがありますが、食べ方や調理法に注意すれば便秘の解消に役立ちます。栄養が豊富で様々な効能が期待できる野菜でもあるので、とうもろこしを美味しく愉しみましょう。

関連する記事