チーズナン1枚のカロリー・糖質は高い?ご飯・パンとの比較や太りにくい食べ方を紹介!

チーズナンのカロリー・糖質はどれくらいか知っていますか?今回は、チーズナンのカロリー・糖質をご飯・食パンやナンの種類別に比較して紹介します。チーズナンの太りにくい食べ方やカロリーオフするレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. チーズナンのカロリー・糖質量は?
  2. チーズナンのカロリー・糖質量をご飯・食パンと比較
  3. チーズナンのカロリー・糖質量を他のナンの種類と比較
  4. チーズナンをインドカレーと一緒に食べた時のカロリー・糖質
  5. チーズナン(1枚)のカロリー消費に必要な運動量
  6. チーズナンの太りにくい食べ方は?
  7. ①野菜を先に食べる
  8. ②カロリーの低いカレーを選ぶ
  9. ③スパイスの効いたカレーを食べる
  10. ④具のシンプルなカレーを選ぶ
  11. ⑤食べ過ぎない
  12. チーズナンのカロリーに注意して食べよう

チーズナンのカロリー・糖質量は?

様々な種類のナンがあるなかで、特に人気なのがチーズナンです。あれだけチーズがたくさん使われていると、一体何kcalなのか気になります。ここでは、チーズナンのカロリーや糖質量を他の主食と比較したり、インドカレーと一緒に食べたときのカロリーをみてましょう。

チーズナンのカロリー・糖質量をご飯・食パンと比較

カロリー 脂質
チーズナン(1枚) 444kcal 46.3g
食パン(1枚;6枚切り) 158kcal 26.6g
ご飯(1杯;150g) 252kcal 55.2g

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

それでは、チーズナンと食パン・ご飯のカロリーや糖質の量を比較してみましょう。チーズナンのカロリーはご飯やパンと比較すると444kcalとカロリーは高めで、チーズがたっぷりつまったものだとさらに500kcal以上になることがあります。

この表だけ見ると食パンならカロリーも糖質も少ないのではないかと思われるかもしれません。しかし、普段1食に食べるパンが、5枚切りを2枚食べる場合だと380kcalで糖質は63.9gになり、ご飯も同様です。また、カレーのときは普段よりもご飯を食べる量が増えることにも注意し、チーズナンとの比較をしてみましょう。

チーズナンのカロリー・糖質量を他のナンの種類と比較

カロリー 糖質
チーズナン 444kcal 46.3g
プレーンナン 262kcal 45.6g
ガーリックナン 270kcal 46.8g
カブリナン 447kcal 71.3g
チョコナン 462kcal 59.4g
(1枚あたり)

続いて、チーズナンと他の種類のナンを比較してみます。まず、チーズナンはプレーンナンの約1.7倍のカロリーになるため、やはりダイエット中の方にはプレーンナンのほうがおすすめです。チーズには糖質がほとんど含まれていないため、チーズナンでも糖質の量はプレーンナンとほぼ変わりません。

カブリナンやチョコナンとも比較してみます。カブリナンとはレーズンやナッツ、ココナッツ、はちみつなどが練りこまれた甘いナンです。この2種類はレーズン、ナッツ、チョコといった高カロリーな食材が使われており、チーズナンと同じくらいカロリーが高くなります。さらに、カブリナンは生地にはちみつや練乳などを使うため、糖質は最も高い71.3gです。



チーズナンをインドカレーと一緒に食べた時のカロリー・糖質

カロリー 糖質 1日のカロリー摂取量に占める割合
チキンカレー 420kcal 8.62g 16%
チキンカレー+チーズナン 864kcal 54.9g 33%

同じインドカレーでも具材によってカロリーが大きく変わりますが、ここではチキンカレーの場合をみていきましょう。チキンカレーとチーズナンを一緒に食べた場合の1日のカロリー摂取量に占める割合は約3割なので、間食を控えたり、前後の食事で食べ過ぎなければカロリーオーバーせずに済みそうです。

ただし、これは成人男性を目安にしており、女性や活動量の低い人の場合は1日のカロリー摂取量に対して約5割になることがあるため、前後や翌日の食事でカロリー調整が必要になります。

チーズナン(1枚)のカロリー消費に必要な運動量

プレーンナンの1.7倍も高カロリーなチーズナンですが、ここではチーズナンのカロリー(444kcal)を消費するための運動量の目安を見ていきます。ダイエット中の方や運動が苦手だったり、面倒だったりする方は特に参考にしてください。

運動方法 時間
ウォーキング 166分
ジョギング 100分
自転車 63分
ストレッチ 199分
階段登り 56分
掃除機かけ 143分

このなかでは比較的短い自転車で1時間程度で、ウォーキングだけで消費しようとすると2時間46分も歩く必要があります。これにカレーの分のカロリーが加わるともっと大変です。ダイエット中だけどチーズナンが食べたいと思ったときには、これを思い出せば抑止力になるかもしれません。

チーズナンの太りにくい食べ方は?

カロリーが高いと分かっていても、せっかくインド料理店に来たのだからチーズナンを食べたいと思うときもあるでしょう。ここでは、そんなときのためにチーズナンの太りにくい食べ方をみていきます。

①野菜を先に食べる

カレーセットを頼むとサラダがつくお店があります。チーズナンを食べる前にこういったサラダから食べることで、野菜に含まれる食物繊維がチーズナンに多い糖質と脂質の吸収を緩やかにして、血糖値の急上昇を抑えます。

血糖値が急上昇すると膵臓から分泌されるホルモンのインスリンには、血糖値を下げるために血中の過剰な糖を体内に取り込み、脂肪に変える働きがあります。ダイエットにおいては血糖値を上げないことが重要です。

そのため最終的に摂取したカロリーが同じでも、野菜を先に食べることが太りにくい食べ方になるので、覚えておきましょう。

②カロリーの低いカレーを選ぶ

カロリー
マトンカレー 406kcal
チキンカレー 420kcal
キーマカレー 447kcal
豆カレー 347kcal
ほうれん草カレー 320kcal
バターチキンカレー 486kcal

上記の表でインドカレーの種類によってカロリーに大きく差があることが分かりました。豆カレーやほうれん草カレーなどのお肉が使われていないカレーは脂質が少ないため、比較的低カロリーになります。

それに対して、バターや生クリームを使って作るバターチキンカレーはインドカレーの中でもカロリーが高く、ほうれん草カレーと比較すると166kcalの差です。これはウォーキング1時間分に相当します。プレーンナンでなくチーズナンを食べるのであれば、組み合わせるカレーを少しでも低カロリーのものにすると太りにくくなるでしょう。

③スパイスの効いたカレーを食べる

本場のインドカレーにはガラムマサラ、クミン、チリペッパー、ターメリックなど様々な種類のスパイスが使われています。スパイスには発汗作用や脂肪燃焼作用があります。インドカレーの中でもバターチキンカレーなどのようなマイルドなカレーではなく、キーマカレーなど唐辛子を使ったスパイスの効いたカレーを選ぶとよいでしょう。

④具のシンプルなカレーを選ぶ

インドカレーはトマトや玉ねぎをじっくり炒めてコクやうまみを出し、そこにスパイスや肉や豆などの具材を入れて煮込んで味を整えて作られます。それに対して日本のカレーは玉ねぎ以外に人参やジャガイモが定番の具材ですが、人参などの根菜やじゃがいもなどのいも類は糖質が多く、野菜の中では太りやすい食品です。

インドカレーにも具材にジャガイモが使われたカレーがありますが、豆のカレーやチキンカレーなどシンプルな具材のカレーを選びましょう。

⑤食べ過ぎない

ここまでチーズナンやインドカレーのカロリーを見てきましたが、チーズナンと組み合わせるカレーによってはどうしても高カロリーになってしまいます。チーズナンを食べ過ぎないよう、自分で意識して気をつけることも大切です。ダイエット中であればやはりプレーンナンにしておくのが無難です。

友人や家族とインド料理店に行ったときであれば、基本的にはプレーンナンを食べ、チーズナンは一緒に行った人とシェアして食べるのもよいでしょう。

チーズナンのカロリーに注意して食べよう

ダイエット中にチーズナンを食べたくなったら、今回の内容にあったチーズナンのカロリーを消費する運動量を思い出してみてください。また、野菜を先に食べたり、チーズナンに組み合わせるカレーの種類の選択を工夫したりすることで、太りにくい食べ方になります。これらを意識して、カロリーに注意しながらチーズナンをおいしく食べましょう。

関連する記事