たけのこのカロリー・糖質は?ダイエット効果はある?ヘルシーレシピも紹介!

たけのこのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、たけのこ(生・ゆで・水煮缶詰)のカロリー・糖質やゆでた筍と他の野菜を比較し、栄養素と効果・効能を紹介します。たけのこのカロリーを消費するのに必要な運動量や、アク抜きの仕方に加えてダイエット向きのレシピも紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. たけのこのカロリー・糖質は?【写真】
  2. たけのこ(生・ゆで・水煮缶詰)のカロリー・糖質など栄養価
  3. たけのこ(ゆで)のカロリー・糖質量を他の野菜と比較
  4. ゆでたたけのこ(100g)のカロリーを消費するのに必要な運動量
  5. たけのこの栄養素は?ダイエット効果ある?
  6. ①チロシン
  7. ②カリウム
  8. ③食物繊維
  9. ④亜鉛
  10. たけのこのダイエット向きレシピ
  11. ①たけのこご飯
  12. ②たけのこの煮物
  13. ③たけのこの刺身
  14. ④味噌汁
  15. たけのこのカロリーに注意して食べよう

たけのこのカロリー・糖質は?【写真】

3~5月に旬を迎えるたけのこは、カロリーが低いうえに様々な栄養が含まれており、積極的に食べてほしい食材の一つです。ここでは、たけのこのカロリー・や糖質について説明します。

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)

たけのこ(生・ゆで・水煮缶詰)のカロリー・糖質など栄養価

出典: https://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/yasai/takenoko.html

カロリー 糖質 炭水化物 脂質 タンパク質
たけのこ(生) 26kcal 1.5g 4.3g 0.2g 3.6g
たけのこ(ゆで) 30kcal 2.2g 5.5g 0.2g 3.5g
たけのこ(水煮缶詰) 23kcal 1.7g 4.0g 0.2g 2.7g
(100gあたり)

たけのこは生なのか加工されているのかでカロリーや糖質の量が異なるため、ダイエットを考えている際には選び方に配慮するとよいでしょう。また、アクを取り除いてから食べる方が旨味を感じられます。

たけのこ(ゆで)のカロリー・糖質量を他の野菜と比較

順位 カロリー 糖質
たけのこ 30kcal 2.2g
れんこん 66kcal 13.8g
ごぼう 58kcal 5.7g
にんじん 36kcal 7.6g
おくら 33kcal 2.4g
ブロッコリー 33kcal 0.8g
ほうれん草 25kcal 0.4g
アスパラガス 24kcal 0.4g
(ゆで100gあたり)

ゆでたたけのことその他の野菜を比較すると、カロリーも糖質も低い部類に入ることがわかります。食べ応えがあるので、色々な料理に使って食べるとよいでしょう。

(*れんこんやごぼうのカロリー・糖質について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

れんこんのカロリー・糖質量は?栄養素や調理・食べ方での注意点を紹介!
ごぼうのカロリー・糖質は?食物繊維が豊富でダイエット効果あり?ヘルシーレシピも紹介!

ゆでたたけのこ(100g)のカロリーを消費するのに必要な運動量

ゆでたたけのこ(100g)のカロリーである30kcalを消費するのに必要な運動量は、以下の通りです。

運動方法 時間
ウォーキング 11分
ジョギング 7分
自転車 4分
ストレッチ 13分
階段登り 4分
掃除機かけ 10分

30kcalはカロリーとしては低いですが、それを消費するためには案外時間がかかることがわかります。

たけのこの栄養素は?ダイエット効果ある?

たけのこに含まれている主な栄養成分は、以下の通りです。

・チロシン
・カリウム
・食物繊維
・亜鉛


上記の栄養素の働きもあり、たけのこにはダイエット効果があると考えられます。ここでは、たけのこに含まれるそれぞれの栄養成分について説明します。

①チロシン

チロシンが持つ効果として、以下のものがあげられます。

・ホルモンバランスを整える
・新陳代謝の促進


上記のような働きにより美容効果が高く、ダイエットにもつながるとされています。チロシンはストレスの緩和にも効果があり、ストレスが原因の暴飲暴食の予防が期待できます。

②カリウム

カリウムが持つ効果として、以下のものがあげられます。

・塩分を排出させる
・筋肉の活動を正常化させる
・便秘解消
・老廃物の排出を促す


上記の働きによりむくみや便秘の解消のほか、老廃物の排出や筋肉の活性化による脂肪燃焼などのダイエット効果が期待できます。むくみを放置すると、周辺の老廃物を取り込みセルライトの原因になります。(※2)

③食物繊維

食物繊維が持つ効果として、以下のものがあげられます。

・塩分を排出する
・便秘解消


たけのこには不溶性食物繊維が豊富に含まれており、便秘解消による腸内環境の改善や塩分排出によるむくみの改善につながります。ヒトの免疫細胞の8割は腸内で作られるため、腸内のデトックスはダイエットだけでなく健康維持の面でも非常に重要です。(※3)

④亜鉛

亜鉛が持つ効果として、以下のものがあげられます。

・糖分の燃焼
・新陳代謝の促進

亜鉛は体内でたんぱく質を合成するための重要なミネラルで、ダイエットだけでなく、肌や髪も美しくなる効果もあります。不足すると味覚障害などになります。(※4)

(*たけのこの栄養について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

たけのこに栄養はない?含有成分・効能や食べ過ぎなど注意点も紹介!

たけのこのダイエット向きレシピ

たけのこはカロリーが低いため、ダイエットする際には上手にメニューに取り入れたい食材の一つです。ここでは、ダイエットに向いているたけのこのメニューを紹介します。

①たけのこご飯

出典: https://cookpad.com/recipe/6314645

たけのこご飯にすることでカサを増し、米を食べる量を減らすことで摂取カロリーを下げることができます。といだお米にたけのことシイタケ、調味料を入れるだけなので簡単です。

たけのこの炊き込みご飯 by サキノキッチン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

②たけのこの煮物

出典: https://cookpad.com/recipe/4553897

旬のたけのこは、わかめと合わせて若竹煮にするのがおすすめです。アクを取り除いたたけのこはローカロリーなうえミネラルも摂取でき、生のわかめとの相性も抜群で、色どりもきれいです。

筍とワカメの煮物(若竹煮) by Happy103 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

③たけのこの刺身

出典: https://cookpad.com/recipe/6168696

旬のたけのこはゆでてアクを取り除いてから、頭の部分をそのままお刺身として食べるのもよいでしょう。ゆでたたけのこの頭から3~4cmの部分をスライスするだけと手軽で、その柔らかさを存分に楽しめます。

簡単すぎる買って切るだけたけのこのお刺身 by おなかがぺこりん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

④味噌汁

出典: https://cookpad.com/recipe/6202302

旬のたけのこは味噌汁の具材としても使えて、シャキシャキ感を味わうことができます。卵を加えてかきたま風にしたり、たけのことわかめの味噌汁にするのもおすすめです。たけのこの出汁が、いつもとは違う味噌汁に仕上げてくれます。

生の筍と溶き卵が合う!旬だけのお味噌汁 by cooktamiko 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

たけのこのカロリーに注意して食べよう

今回は、たけのこ生・ゆで・水煮缶詰のカロリー・糖質やゆでた筍と他の野菜を比較し、栄養素と効果・効能を紹介しました。調理方法も色々あり、食べ応えがあるのにカロリーが低く、栄養も十分です。食べ過ぎると体調不良につながることがあるので、摂取量には注意しましょう。

関連する記事