パセリの栄養素・効能がすごい!成分を逃さない食べ方や生・乾燥で比較して紹介!

【管理栄養士監修】パセリに含まれる栄養素を知っていますか?今回は、パセリの栄養成分やすごい効能に加え、栄養素を逃さない食べ方や生・乾燥での栄養比較を紹介します。たくさん食べる方に紹介したい食べ過ぎの注意点も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 住吉彩
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”...
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”という思いから独立し、講座を主宰したり、講演、執筆、監修などを行っている。趣味は家庭菜園。万年ダイエッターを卒業するためのポイントをまとめたメルマガも配信中。

目次

  1. パセリはどんな野菜?
  2. パセリの旬
  3. 新鮮なパセリの選び方
  4. パセリの栄養成分と効能
  5. ①ビタミンC
  6. ②葉酸
  7. ③鉄分
  8. ④βカロテン
  9. ⑤カリウム
  10. ⑥ビタミンK
  11. パセリの栄養成分を逃さない食べ方は?
  12. 油で調理して食べる
  13. 生で食べる
  14. パセリは乾燥しても栄養素は減らない?
  15. 結果、より効率的に栄養素を摂取できる
  16. パセリの食べ過ぎには注意が必要?
  17. アピオールの過剰摂取が危険な理由
  18. パセリは栄養豊富な野菜

パセリはどんな野菜?

日本では食事の彩に使われることの多いパセリですが、どのような野菜でしょうか。通年販売されているパセリですが、旬の時期はいつなのかや上手な選び方はどの様な物かを紹介します。

パセリの旬

パセリの旬は2回あります。3月から5月の春と、9月から11月の秋です。日本では主に千葉県や茨城県で生産されています。旬のパセリは柔らかく食べやすいので、機会があればぜひ食べてみましょう。

新鮮なパセリの選び方

新鮮なパセリの選び方は以下の通りです。

・緑色が鮮やかでツヤがある
・切り口がみずみずしい
・茎にハリがある
・細かく縮れている
・葉が密集していて柔らかい


黄色く変色していたり、葉が硬くなっているものは苦味が強く、食感も良くないので避けましょう。

パセリの栄養成分と効能

パセリにはどのような栄養が含まれているのでしょうか。飾りとして使われることが多いパセリですが、すごい効能と栄養量が含まれています。

カロリー44kcal
水分87.71g
タンパク質3.7g
糖質1.4g
食物繊維6.8g
脂質0.7g

(※1)

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています

①ビタミンC

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
120mg 100mg 120%

ビタミンCは風邪予防に効果がある他、美白や美肌効果、がん予防に効果があります。二日酔いの予防もできますから、飲み会などの席でパセリが出てきたら積極的に食べるのがおすすめです。(※2)

②葉酸

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
220㎍ 240㎍ 92%

葉酸は、細胞の再生や生産を助ける働きをします。赤血球の生産を助けたり、DNAなどの核酸やタンパク質の再合成を促進させるので、成長期の子供にもパセリはおすすめです。(※3)

③鉄分

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
7.5mg 7.5mg 100%

関連する記事