ささみカツのカロリー・糖質は?高タンパク質?ダイエットや筋トレ向きの食べ方を紹介!

【管理栄養士監修】ささみカツ/フライのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、ささみカツ/フライのカロリー・糖質量を他の揚げ物と比較し、<タンパク質・ナイアシン>などの栄養素や効果・効能を紹介します。ささみカツ/フライのカロリーを消費するのに必要な運動量や、筋トレやダイエット向きの太りにくい食べ方・カロリーオフする方法も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 石川桃子
Twitter HP
神奈川県川崎市内の歯科医院で管理栄養士として勤務。歯科栄養という新たな分野を様々な方に知っていただくために活動しております。...
Twitter HP
神奈川県川崎市内の歯科医院で管理栄養士として勤務。歯科栄養という新たな分野を様々な方に知っていただくために活動しております。歯スティバルという歯科イベントにて講師を務めさせていただきました。分子整合栄養学を学び、予防歯科には欠かせない食事をお子様やご高齢の方と様々な方への食事・栄養指導を行なっております。

目次

  1. ささみカツ/フライのカロリー・糖質は?
  2. ささみカツ(100g)のカロリー・糖質など栄養価
  3. ささみカツ(100g)のカロリー・糖質量を他の揚げ物と比較
  4. ささみカツ(100g)のカロリーを消費するのに必要な運動量
  5. ささみカツ/フライの栄養素は?筋トレやダイエット効果的?
  6. ①ナイアシン
  7. ②タンパク質
  8. ③ビタミンA
  9. ④パントテン酸
  10. ⑤セレン
  11. ささみカツ/フライのダイエット向けにカロリーオフする方法は?
  12. ①揚げないで作る
  13. ②高温・短時間でカラッと揚げる
  14. ③使用する油を見直す
  15. ④揚げたてを食べる
  16. ⑤辛味成分やクエン酸と一緒に食べる
  17. ささみカツ/フライの太りにくい食べ方は?
  18. ①夜に食べない
  19. ②ペクチンと一緒に食べる
  20. ③大根おろしと一緒に食べる
  21. ④キャベツと一緒に食べる
  22. ⑤チーズと一緒に食べる
  23. ささみカツのカロリーに注意して食べよう

⑤辛味成分やクエン酸と一緒に食べる

からしやわさびなどの辛味成分やレモン汁などのクエン酸を揚げ物と一緒に摂取すると、脂肪が体に吸収されるのを防いだり、代謝をアップする効果が期待できます。また、ソースには糖質がかなり含まれますので、ささみカツにはレモン汁だけかけて食べれば、その分の糖質やカロリーを取らずに済みます。

ささみカツ/フライの太りにくい食べ方は?

太りにくい食べ方の基本は栄養バランス良く食べることです。ささみカツを食べる時にはこれを実践した上で、ちょっとした工夫をすることでさらに太りにくくすることができます。その方法について紹介します。

①夜に食べない

ダイエットをするなら、体内時間について理解することで効率よく痩せることが可能です。体内には脂肪を作ったり、酵素を増やすために命令を出すBMAL-1(ビーマルワン)というタンパク質があります。BMAL-1が増えれば増えるほど、体内に脂肪が溜まり、太るわけです。

このBMAL-1が最も少ないのが午後2時頃、最も多いのが午前2時頃で、その量は約20倍違います。したがって、ささみカツなどのカロリーの高いものを食べるなら夜ではなく昼に食べる方が太りにくくなるわけです。(※7)

②ペクチンと一緒に食べる

ペクチンにはデトックス効果が期待できる物質で、一緒に食べることで食べたものを体内に溜め込みにくくなります。また、血糖値の急上昇を抑える効果もあり、ダイエットに効果的です。ペクチンを含む食べものの中でおすすめはトマトやレモンで、ささみカツに添えれば彩りも良く、酸味で口の中がさっぱりします。(※8)

③大根おろしと一緒に食べる

大根の中に含まれる辛味成分は代謝を上げ、脂肪や糖質を分解し、便秘の解消にも効果が期待できます。大根おろしにしてポン酢を加えてソースにしてささみカツにかければ、この効果を効率よく享受でき、カロリーも抑えられます。

④キャベツと一緒に食べる

揚げ物にはキャベツが添えられていることが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。キャベツは食物繊維が豊富で、体内に不要なものやコレステロールを体外に排出する効果が期待されます。また、キャベツを先に食べることで、血糖値の上昇が抑えられ、ダイエットに効果的です。(※9)

⑤チーズと一緒に食べる

ささみカツはカロリーが低く、ダイエット中にはおすすめの揚げ物ではありますが、その反面腹持ちが悪いのがデメリットです。それを補うのにおすすめなのが、ささみに合うチーズです。チーズを加えるとカロリーが上がりますが、その分、他のものを食べなくて済みます。その上、チーズには脂肪を吸収しにくく、燃焼を促進するはたらきもあります。

ささみカツのカロリーに注意して食べよう

鶏肉のささみは低カロリーで高タンパク、多くの栄養効果も見込める食品です。ダイエット中でも、どうしても揚げ物が食べたいときにはささみカツがおすすめですが、揚げ物なのでどうしてもカロリーは高くなります。ダイエットを成功させたいなら、ささみカツの食べ過ぎに気をつけ、調理法や太らない食べ方の工夫も実践してみてください。

関連する記事

×