カツサンドのカロリー・糖質は?ダイエット効果ある?太りにくい食べ方を紹介!

【管理栄養士監修】カツサンドのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、カツサンドのカロリー・糖質量をコンビニ別・店舗別などで比較し、栄養素や効果を紹介します。カツサンドのカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きの太りにくい食べ方・カロリーオフする方法も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. カツサンドのカロリー・糖質は?
  2. カツサンドのカロリー・糖質
  3. カツサンドのカロリー・糖質をコンビニの商品別で比較
  4. カツサンドのカロリー・糖質を店舗別で比較
  5. カツサンドのカロリー・糖質量を他のカツを使った料理と比較
  6. カツサンド(1切れ)のカロリーを消費するのに必要な運動量
  7. カツサンドの栄養素は?ダイエット効果ある?
  8. ①タンパク質
  9. ②ビタミンB1
  10. カツサンドのダイエット向けにカロリーオフする方法は?
  11. ①肉はカロリーの低いヒレ肉を使う
  12. ②白い食パンの代わりにブランパンを使う
  13. ③揚げずに調理する
  14. カツサンドの太りにくい食べ方は?
  15. ①夜に食べない
  16. ②キャベツを一緒に食べる
  17. ③サラダや海藻スープを先に食べておく
  18. カツサンドのカロリーに注意して食べよう
運動方法 時間
ウォーキング 158分
ジョギング 94分
自転車 60分
ストレッチ 189分
階段登り 53分
掃除機かけ 135分

上記は、カツサンド1切れに相当する420kcalを消費するのに必要な運動量を示した表です。カツサンド1切れを食べただけで、ストレッチのような軽い運動では3時間以上もの時間を消費に必要とします。自転車や階段登りのようなハードな運動でも1時間程度の運動が必要になるので、カツサンドを食べる時にはカロリーオーバーにならないよう気を付けましょう。

カツサンドの栄養素は?ダイエット効果ある?

カツサンドはカロリーがとても高く太りやすい食べ物ですが、一方で栄養素も多く含まれています。ここでは、カツサンドに含まれる栄養素について、ダイエット効果が期待できるのかも含めて紹介します。

①タンパク質

タンパク質は肉類に多く含まれる栄養素で、以下のような働きがあります。

・筋力向上
・免疫力向上
・骨を強化する
・美肌効果
・貧血予防

ダイエット中に食事を制限しすぎると、栄養不足に陥って筋肉量が減り、代謝も下がりやすくなります。カツサンドに多く含まれているタンパク質は筋肉量を増やすなど、体作りに役立つ栄養素です。筋力がつくことで代謝が上がり、ダイエットの効果が期待できるので、ダイエット中のたんぱく質不足には注意しましょう。(※2) 

②ビタミンB1

ビタミンB1は肉類に多く含まれるビタミンで、以下のような働きがあります。

・糖質をエネルギーに変える
・疲労回復
・ストレス軽減
・集中力の維持

豚肉に比較的多く含まれているビタミンB1は、糖質をエネルギーに変える働きを持つ、ダイエットに役立つ栄養素です。また、ダイエット中はストレスを感じがちですが、ビタミンB1にはストレスを軽減させる効果もあるためダイエット中の方は積極的な補給をおすすめします。(※3) 

カツサンドのダイエット向けにカロリーオフする方法は?

カツサンドはダイエット効果が期待できることがわかりましたが、カロリーや糖質量が高いことに変わりはないので、できるだけダイエット向きな食べ方をしたい場合もあるでしょう。ここでは、ダイエット中でもカツサンドが食べたい時にカロリーオフできる方法を紹介します。

①肉はカロリーの低いヒレ肉を使う

部位の種類(100gあたり) カロリー 糖質
ヒレ 115kcal 0.2g
もも 225kcal 0.2g
ロース 291kcal 0.2g
バラ 434kcal 0g

ヒレ肉は、豚肉の部位の中でもカロリーが低いダイエットにおすすめの部位です。通常のトンカツにはロース肉が使われますが、ヒレ肉はロース肉に比べて脂質が少なく、タンパク質が多めです。ヒレ肉を使ったトンカツはカロリーが低めな上に、豊富なタンパク質によって太りにくい体質づくりに役立つので、ダイエット中はヒレ肉のカツサンドを選ぶのがおすすめです。

②白い食パンの代わりにブランパンを使う

カロリー 糖質
白い食パン 260kcal 42.2g
ブランパン 122kcal 13.4g

ブランパンとは小麦の表皮部分を使ったパンのことで、白い食パンに比べて糖質が非常に少ないため、血糖値の上昇率が低く太りにくいのが特徴です。また、カロリーも白い食パンに比べると低く、ダイエット向きなパンと言えます。

ブランパンを使ったカツサンドの商品は少ないですが、ブランパンとトンカツを作って手作りすれば、自宅でヘルシーなカツサンドを作ることが出来るでしょう。

③揚げずに調理する

自宅でカツサンドを作る場合は、トンカツを揚げずに調理することで大幅にカロリーを減らすことができます。揚げずに調理する方法は、トースターやオーブンで焼く方法や少量の油で揚げ焼きにする方法など様々な方法があります。油を使わずに揚げ物を作れるノンフライヤーを持っている場合には、そちらを活用するのもおすすめです。

関連する記事