カツサンドのカロリー・糖質は?ダイエット効果ある?太りにくい食べ方を紹介!

【管理栄養士監修】カツサンドのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、カツサンドのカロリー・糖質量をコンビニ別・店舗別などで比較し、栄養素や効果を紹介します。カツサンドのカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きの太りにくい食べ方・カロリーオフする方法も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. カツサンドのカロリー・糖質は?
  2. カツサンドのカロリー・糖質
  3. カツサンドのカロリー・糖質をコンビニの商品別で比較
  4. カツサンドのカロリー・糖質を店舗別で比較
  5. カツサンドのカロリー・糖質量を他のカツを使った料理と比較
  6. カツサンド(1切れ)のカロリーを消費するのに必要な運動量
  7. カツサンドの栄養素は?ダイエット効果ある?
  8. ①タンパク質
  9. ②ビタミンB1
  10. カツサンドのダイエット向けにカロリーオフする方法は?
  11. ①肉はカロリーの低いヒレ肉を使う
  12. ②白い食パンの代わりにブランパンを使う
  13. ③揚げずに調理する
  14. カツサンドの太りにくい食べ方は?
  15. ①夜に食べない
  16. ②キャベツを一緒に食べる
  17. ③サラダや海藻スープを先に食べておく
  18. カツサンドのカロリーに注意して食べよう

カツサンドの太りにくい食べ方は?

カロリーが高いカツサンドはダイエット向けにするために、豚肉の選び方や食パンの選び方などにコツがあることがわかりました。ここからは、カツサンドを食べても太りにくくなる、食べ方の工夫を紹介します。

①夜に食べない

夜に食べると太ると言われているのは、BMAL-1と呼ばれるタンパク質の影響によるものです。BMAL-1は脂肪を増やす働きを持っており、体内でのBMAL-1の量が増えることで太りやすくなってしまいます。BMAL-1は22時から2時の間が最も量が増えると言われており、この時間帯には昼間の20倍の量にまで増加します。

このような理由から、BMAL-1の多い夜に食べると太る原因になるので、カツサンドは出来るだけランチなどで食べる様にすると良いでしょう。(※4)

②キャベツを一緒に食べる

キャベツには、特有の成分であるキャベジン(ビタミンU)が豊富に含まれています。このキャベジンには消化を助ける働きがあり、またキャベツに含まれる食物繊維が脂質や糖質の吸収を抑えてくれるので、カツサンドにキャベツを一緒に食べることで太りにくくなります。

③サラダや海藻スープを先に食べておく

カツサンドを食べる前には、サラダや海藻スープを先に食べておくのもダイエットにおすすめです。サラダや海藻スープには食物繊維が多く含まれており、カツサンドに含まれる脂質や糖質の吸収を抑える働きをします。

ただし、同じサラダでもポテトサラダやマカロニサラダのような脂質や糖質が多いサラダは、逆に太る原因になるので避けましょう。(※5)

カツサンドのカロリーに注意して食べよう

カツサンドはコンビニなどでも手軽に変えて美味しい料理ですが、カロリーが高い食べ物なので注意が必要です。ダイエット中にカツサンドを食べたくなった時は、カロリーに気を付けながら、紹介した太りにくい食べ方などを実践してみてください。

関連する記事