餃子の皮(1枚)のカロリー・糖質は高い?ダイエット向きにオフする方法やレシピを紹介!

【管理栄養士監修】餃子の皮のカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、餃子の皮(1枚・100g)のカロリー・糖質量などの栄養価や、糖質制限ダイエット向きにする方法を紹介します。餃子の皮を使ったダイエット向きのアレンジレシピや、餃子の皮の代用品も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. 餃子の皮のカロリー・糖質は?
  2. 餃子の皮(1枚・100g)のカロリー・糖質などの栄養価
  3. 餃子の皮を糖質制限ダイエット向きにする方法は?
  4. ①小麦粉を使わずに糖質オフ・カロリーオフして手作りする
  5. ②餃子の皮の糖質オフされた商品を選ぶ
  6. 餃子を餃子の皮を使わずにカロリーオフする方法とは?
  7. ①油揚げで代用する
  8. ②オクラで代用する
  9. ③白菜で代用する
  10. 餃子の皮を使ったダイエット向きアレンジレシピ
  11. ①豆腐餃子
  12. ②キムチとカッテージチーズの餃子
  13. ③簡単ラザニア
  14. 餃子の皮をうまく使って美味しく食べよう

餃子の皮のカロリー・糖質は?

餃子は具材を野菜にすればヘルシーに仕上がりますが、皮には小麦粉が使われているので糖質量が気になるところです。ここでは、餃子の皮のカロリーや糖質について説明します。

餃子の皮(1枚・100g)のカロリー・糖質などの栄養価

カロリー 糖質 タンパク質 脂質 炭水化物 1日のカロリー摂取量に占める割合
餃子の皮
(1枚:6g)
17kcal 3,3g 0.6g 0.1g 3.4g 1%
餃子の皮(100g) 291kcal 55g 10g 1.7g 56.7g 13%


※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)
※1日の摂取量は成人男性の目安です。

餃子の皮には薄力粉や塩、でんぷん、食用油脂などが使われているため、たった1枚であってもカロリーも糖質もそれほど低いわけではありません。しかし、タンパク質と脂質、糖質のバランスはとれています。

そして、上記のカロリー・糖質に、豚肉・ニラ・にんにくなどの具材を加えたものが餃子のカロリー・糖質になります。

(*餃子・水餃子のカロリーについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

餃子のカロリー・糖質は?ダイエット向き?ヘルシーな食べ方・レシピを紹介!
水餃子のカロリー・糖質は?焼き餃子より高い?ダイエット向きの食べ方なども紹介!

竹本友里恵

管理栄養士

餃子の皮は炭水化物である薄力粉で作られているので血糖値が上がりやすく、意外とカロリーが高いです。しかし餃子は豚肉・牛肉などのタンパク質、ニラやキャベツなどの食物繊維を同時に摂取できるので、食べる量を調整すれば完全食とも言えます。焼き餃子を作る際は、油の量に注意するようにしましょう。

餃子の皮を糖質制限ダイエット向きにする方法は?

太りたくない人が餃子の皮のカロリーや糖質量を知ると、糖質制限ダイエットをしているから食べない方がよいのではないかと考える人もいそうです。ここでは、餃子の皮を糖質制限ダイエット向きにする方法を紹介します。

①小麦粉を使わずに糖質オフ・カロリーオフして手作りする

餃子の皮を手作りする際に、小麦粉ではなく大豆粉などで代用することで、カロリーオフすることができます。大豆粉は炭水化物ではありませんので太る心配がなく、糖質制限中でも食べることが可能です。小麦粉を使わない餃子の皮の作り方について詳しく知りたい方は、以下のレシピを参考にしてみてください。

糖質制限★小麦粉を使わない餃子の皮 by あさおさあ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

②餃子の皮の糖質オフされた商品を選ぶ

出典:https://www.atpress.ne.jp/releases/190001/LL_img_190001_1.jpg

餃子の皮を低糖質なものに替えるのも、ダイエットに役立つのでおすすめです。イオンのトップバリュでは、糖質40%畏怖の餃子の皮を販売していますが、ネットスーパーの商品ラインナップには入っていません。ネット購入するのは難しそうなので、近くのイオンに問い合わせてみることをおすすめします。

竹本友里恵

管理栄養士

餃子の材料として使用するニンニクにはアリシンというアミノ酸が含まれており、血行を円滑にし代謝を促進する働きがあります。ダイエットしている方はニンニクやニラを入れるようにしましょう。また、アリシンは豚肉に含まれるビタミンB2の吸収を促すので、餃子の具材としての相性も抜群です。ビタミンB2は疲労回復を促進し、神経や筋肉の機能を正常に保つ効果があります。

関連する記事

×