ハムカツ(1枚)のカロリー・糖質は高い?ダイエット向けの食べ方を解説!

ハムカツのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、ハムカツ(1枚)のカロリー・糖質量を他のカツ類と比較しながら紹介します。ハムカツのカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きのヘルシーな食べ方・カロリーオフする方法も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. ハムカツのカロリー・糖質量は?
  2. ハムカツ(1枚)のカロリー・糖質量
  3. ハムカツ(100g)のカロリー・糖質量を他の揚げ物と比較
  4. ハムカツの【店別】のカロリーは?
  5. ハムカツ(1枚)のカロリー消費に必要な運動量
  6. ハムカツの栄養価?ダイエット効果ある?
  7. ①タンパク質
  8. ②L-カルニチン
  9. ③ビタミンB1
  10. ハムカツのダイエット向けにカロリーオフする方法は?
  11. ①衣を薄くつける
  12. ②揚げずオーブンで作る
  13. ③高温・短時間で揚げる
  14. ④古い油を使わない
  15. ハムカツの太りにくいヘルシーな食べ方は?
  16. ①サラダを食前に食べる
  17. ②夜に食べない
  18. ③ご飯と一緒に食べない
  19. ハムカツをカロリーオフして食べよう

ハムカツのカロリー・糖質量は?

ハムカツは手軽に購入することもつくることができ、おやつにも食事にも喜ばれるメニューの一つです。ここでは、ハムカツのカロリーと糖質量について説明します。

ハムカツ(1枚)のカロリー・糖質量

カロリー 糖質 1日のカロリー摂取量に占める割合
ハムカツ(1枚) 128kcal 1.9g 6%
ハムカツ(100g) 271kcal 4g 12%
ハム(100g) 196kcal 1.31g 9%

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)
※1日の摂取量は成人男性の目安です。

ハムカツは揚げ物ではあるものの、見た目よりカロリーも糖質も低めであるように感じます。しかし、ハム・ハムカツを100gで比較した場合、カロリーが1.5倍弱になっており、揚げ物にすることでいかに高カロリーになるかがわかりますね。これが、ダイエット中に揚げ物がおすすめできない理由となっています。

ハムカツ(100g)のカロリー・糖質量を他の揚げ物と比較

100gあたり カロリー 糖質
とんかつ 344kcal 6.4g
ハムカツ 271kcal 4g
チキンカツ 214kcal 7.2g
メンチカツ 196kcal 23.1g


ハムカツとその他の揚げ物を比較すると、とんかつに次いでカロリーも糖質も高いことがわかります。カロリー重視の人ならメンチカツ、糖質制限中の人にはハムカツが合っていると考えられます。

ハムカツの【店別】のカロリーは?

店舗・コンビニ名 商品名 カロリー 内容量
セブンイレブン 厚切りハムカツ 216kcal 不明
丸亀製麺 厚切りハムカツ 335kcal 不明
ファミリーマート 厚切りハムカツ 312kcal 96g

セブンイレブンとファミリーマートでは、厚切りハムカツは地域によって発売されているものが違います。そのため、店頭で買う時に大きさを見て確認するだけでなく、気になる場合はカロリーも確認することをおすすめします。

ハムカツ(1枚)のカロリー消費に必要な運動量

出典:https://twitter.com/tsuruha_again/status/1291608576016838656?s=20

運動方法 時間
ウォーキング 48分
ジョギング 29分
自転車 18分
ストレッチ 58分
階段登り 16分
掃除機かけ 41分

上記はハムカツ1枚47.3g、128kcalを消費するために必要な運動量となります。たった1枚を食べるだけでも、それをなかったことにするためには相当な運動時間をとらなければなりません。

ハムカツの栄養価?ダイエット効果ある?

出典:https://twitter.com/ffkatou7219/status/1288658336418631682?s=20

ハムカツは揚げ物なのでカロリーも糖質も高いことから、ダイエットには不向きだと考えている人も多いことでしょう。ここでは、ハムカツに含まれている栄養素と、それぞれのダイエット効果について説明します。

①タンパク質

ハムは豚肉の加工品ですので、豊富なタンパク質を含んでいるため、以下のようなダイエット効果が期待できます。

・基礎代謝の向上
・筋肉量を増やす
・脂肪燃焼の促進


さらにタンパク質には疲労回復効果もあるので、脂肪を燃焼させて筋肉量を増やしながら、健康な体を維持できます。(※2)

②L-カルニチン

ハムにはL-カルニチンという栄養素も豊富で、以下のようなダイエット効果が期待できます。

・脂肪をエネルギーに変換する
・脂肪燃焼の促進


人間の脂肪は一度ついてしまうと落としにくいとされていますが、L-カルニチンを摂取することで血中の遊離脂肪酸をエネルギーに変換できればそのまま燃焼されるので、脂肪を付きにくくします。

③ビタミンB1

ハムに含まれているビタミンB1にも、以下のようなダイエット効果があります。

・糖質の代謝促進
・脂質の代謝促進


痩せるうえで糖質や脂質の代謝を促すのは大事なことなので、ビタミンB1は積極的に摂取量を増やしたい栄養素です。さらにビタミンB1にはタンパク質同様、疲労回復効果があります。(※3)

ハムカツのダイエット向けにカロリーオフする方法は?

出典:https://twitter.com/lKjH0N7W2N8aZKZ/status/1288919390394621952?s=20

ハムカツは衣をつけて油で揚げていますので、ダイエットするからにはカロリーオフして食べたいところです。ここでは、ダイエット向けにハムカツをカロリーオフする方法を紹介します。

①衣を薄くつける

ハムカツを自宅でつくる際には、衣を薄くつけるのが鉄則です。パン粉や小麦粉を使った衣は油を吸収するので、厚いとカロリーが増えてしまいます。ハムカツの衣を薄くしたいなら、生パン粉ではなく乾燥パン粉を使うようにしましょう。

②揚げずオーブンで作る

ハムカツをカロリーオフしたいなら、油で揚げずにオーブンで焼くのがおすすめです。焼いている間に余分な油が落ちるうえ、サクサク感は残るので美味しく食べられます。

③高温・短時間で揚げる

ハムカツはきちんと油で揚げたい場合は、高温に熱して短時間で揚げるように心がけましょう。ハムはそのままでも食べられますので、中身が温まる程度で問題ありません。揚げ時間が短いほど、衣が油を吸収する量も少なくなるので、高温で一気に揚げましょう。

④古い油を使わない

古い揚げ油は酸化が進んでいるため、揚げている時間が新しい油と同じであっても、脂肪に変わりやすくなっています。揚げ物の油の再利用は3~4回が限界なので、できるだけ新しい油でハムカツを揚げましょう。

ハムカツの太りにくいヘルシーな食べ方は?

出典:https://twitter.com/2625rrr/status/1292048825473875970?s=20

ハムカツは食べ方を変えることでも、摂取カロリーを減らすことができます。ここでは、ハムカツの太りにくいヘルシーな食べ方のポイントを3つ、紹介します。

①サラダを食前に食べる

ハムカツを食べる前にサラダを食べることで、血糖値の急上昇を抑制すると太りにくくなります。またサラダに使われる野菜にはビタミンCを含んでいるものが多く、コレステロールも正常値に保つことで、太りにくい体づくりに役立ちます。

②夜に食べない

同じカロリーのものを食べても、昼より夜に摂取する方が脂肪として蓄えやすくなるので、ハムカツは昼間に食べるのがおすすめです。1日の中で14:00が最も摂取したカロリーが脂肪になりにくい時間帯なので、ランチかおやつとしてハムカツを食べることをおすすめします。

③ご飯と一緒に食べない

脂質の高いハムカツを糖質が多いご飯と一緒に食べてしまうと、より太りやすくなってしまいます。ハムカツを食べる際にはご飯をサラダや豆腐・納豆などの豆製品に替えると、摂取する糖質量が大幅に減らせるのでおすすめです。

ハムカツをカロリーオフして食べよう

今回は、ハムカツ1枚のカロリー・糖質量を他のカツ類と比較しながら紹介しました。ハムカツは食べ方やつくり方を変えることで、簡単にカロリーオフができます。コンビニエンスストアや店頭で頼む際にも、一緒に食べるものに配慮して、カロリーオフする習慣をつけましょう。

関連する記事