カルピスの栄養と健康効果は?乳酸菌が豊富で毎日飲んでもいい?商品のおすすめも紹介!

カルピスの栄養とどんな効果・効能があるか知っていますか?今回は、カルピスの健康効果・効能や、効果的な飲み方も紹介します。カルピスのおすすめの商品も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. カルピスとは?
  2. カルピスは発酵飲料
  3. カルピスのカロリーは高い?
  4. カルピスの健康効果や効能は?ダイエット向き?
  5. ①美肌効果
  6. ②便秘を解消する
  7. ③アトピーや花粉症の緩和
  8. ④インフルや風邪の予防
  9. ⑤記憶力の向上
  10. ⑥血圧を下げる
  11. ⑦リラックス・うつ病の解消
  12. ⑧内臓脂肪を減らす
  13. カルピスの効果的な飲み方は?
  14. ①カルピスを朝に飲む
  15. ②カルピスを飲み過ぎない
  16. ③ホットカルピスにして飲む
  17. カルピスの商品のおすすめは?
  18. ①カルピスウォーター
  19. ②ゼロカロリーの『カルピス』すっきり
  20. ③濃いめのカルピス
  21. ④守る働く乳酸菌 L-92
  22. ⑤アミール やさしい発酵乳仕立て
  23. カルピスは健康飲料

カルピスとは?

特に夏場は好んで飲む方も多いカルピスですが、どうやって作られているのでしょうか?ここではカルピスの製法や、カロリー、糖質量について紹介します。

カルピスは発酵飲料

カルピスは脱脂粉乳にカルピス菌を加え、発酵させて作られます。その由来は今から100年以上前に、三島海雲(みしまかいうん)が仕事先のモンゴルで発酵飲料の馬乳酒を飲んだのがきっかけです。三島はその健康効果に魅了され、日本で馬乳酒を再現しようとしてカルピスを作り上げました。

カルピスのカロリーは高い?

カロリー 糖質
カルピス 90kcal 22.2g
コーラ 92kcal 22.8g
アクエリアス 38kcal 9.4g

※コップ一杯(200ml)あたり

カルピスはコーラと栄養を比較するとほとんど同じカロリー、糖質量です。カルピスをペットボトル1本に相当する500ml飲むと225kcal・糖質55gを摂取することになり、これは1日に必要なカロリーの1/10に及ぶので飲みすぎには注意しましょう。

カルピスの健康効果や効能は?ダイエット向き?

カルピスは発酵飲料で、カロリーが高いと説明してきましたが、逆に健康効果や効能はないのでしょうか?ここではカルピスの健康効果や効能について説明していきます。

①美肌効果

腸は肌の鏡とも言われ、腸内環境が乱れることは、肌荒れやにきび・シミの原因となります。乳酸菌は腸の善玉菌と悪玉菌のバランスを保ち、腸内環境を改善するため美肌効果が期待できます。乳酸菌の中でも特に肌トラブルを改善する働きがあるのは、カルピスに含まれる乳酸菌ラクトバチルス・ヘルベティカスCM4株です。

このラクトバチルス・ヘルベティカスCM4株は肌をうるおいを与え、代謝を促進するはたらきがあります。

②便秘を解消する

ストレスや食生活が原因で腸内環境が乱れると便秘になりますが、腸内環境を改善する働きがある乳酸菌がカルピスには含まれているため、便秘の解消効果が期待できます。また便秘の解消には乳酸菌と合わせてサツマイモやゴボウ、海草を食べて食物繊維を摂るとより効果が上がるでしょう。

③アトピーや花粉症の緩和

腸は第2の脳とも呼ばれるほど重要な器官で、免疫機能の70%は腸がコントロールしています。アトピーや花粉症は免疫系統の乱れによって起こると言われていますが、乳酸菌の1種であるL92-乳酸菌は免疫バランスを整えることで、これらの症状の緩和も期待できます。

④インフルや風邪の予防

カルピスに含まれる乳酸菌の整腸作用によって腸内環境が整うと、体内の免疫細胞の働きが向上します。特にL92-乳酸菌は免疫力を高める効果があり、インフルや風邪の予防に効果的です。ある実験ではマウスにL92-乳酸菌を与えてからインフルエンザに感染させると、ウイルスの増殖が抑えられたという報告があります。

⑤記憶力の向上

関連する記事