みょうがの食べ過ぎはNG?腹痛・下痢や馬鹿になる?アレルギーなど懸念点も紹介!

みょうがの食べ過ぎは体に良くないということを知っていますか?今回は、みょうがの食べ過ぎによる体への悪影響や、物忘れや馬鹿になるのかを紹介します。みょうがを適量食べた際の健康効果についても紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. みょうがの食べ過ぎは危険…?
  2. みょうがの食べ過ぎによる悪影響は?腹痛になる?
  3. ①下痢や腹痛になる
  4. ②食中毒になることがある
  5. アレルギーになる心配はない
  6. みょうがは食べ過ぎると物忘れや馬鹿になるって本当?
  7. みょうがの食べ過ぎによって馬鹿になることはない
  8. みょうがの食べ過ぎになる量とは?
  9. みょうがの食べ過ぎになる量は個人差がある
  10. みょうがは妊婦さんや子供に良くない?
  11. 妊婦さんが食べる際はアク抜きをしっかりすれば問題ない
  12. みょうがのアク抜きの仕方
  13. みょうがを適量食べた時の健康効果は?
  14. ①食物繊維:便秘を解消する
  15. ②ショウガジアール:喉の痛みを抑える
  16. ③カリウム:むくみを解消する
  17. ④アルファピネン:夏バテ防止
  18. ⑤ゲラニオール:胃腸の働きを良くする
  19. ⑥カンフェン:風邪の防止
  20. みょうがの食べ過ぎには要注意

みょうがの食べ過ぎは危険…?

みょうがは香味野菜の一種で、そうめんや冷や奴などに添えて食べると爽やかで夏らしさを感じさせてくれます。そんなみょうがは食べ過ぎると健康に良くない影響があると言われています。それはどんな影響なのか、食べ過ぎとはどれくらいの量になるのかなど、みょうがについて調べてみましょう。

みょうがの食べ過ぎによる悪影響は?腹痛になる?

みょうがは食べ過ぎると腹痛など、様々な健康被害が起こると言われています。その他にも考えられる、みょうがの食べ過ぎによる健康的に悪影響なことについて詳しく調べてみましょう。

①下痢や腹痛になる

食物繊維の含有量(1個あたり) 1日の摂取量を占める割合
みょうが 0.15g 1%


※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)
※1日の摂取量は成人男性の目安です

これはみょうが1個あたりに含まれる食物繊維の量のデータです。1日あたりの食物繊維の推奨摂取量に匹敵するには、みょうがを100個以上食べなくてはなりません。ここから見ても、それほどみょうがの食物繊維量は高いとは言えません。

みょうがに含まれる食物繊維の中の不溶性のものは、食べ過ぎた場合に下痢になる人もいます。不溶性食物繊維には胃腸を刺激する成分を含むので、摂取し過ぎると下痢や腹痛が起こる可能性がある訳です。

②食中毒になることがある

もし、みょうがを食べて下痢や腹痛の他に吐き気、発熱が生じた場合は食中毒の可能性があります。みょうがには寄生虫の一種の肝蛭(カンテツ)の卵や幼虫がついている場合があり、これが原因で食中毒が起こります。みょうがは生で食べることが多い食材なので、気をつけましょう。寄生虫による食中毒の具体的な症状は下記の通りです。

・発熱
・右上腹部の痛み
・食欲不振と吐き気
・下痢
・貧血


肝蛭は通常、牛や豚に寄生する虫ですが、人間にも稀に寄生することがあります。肝蛭による食中毒を防ぐためには、よく水洗し、肝蛭の卵や幼虫を取り除きましょう。また、加熱して食べれば、寄生虫による食中毒にはなりません。

アレルギーになる心配はない

みょうがは食品衛生法でパッケージなどに表示することが義務づけられている、卵やそばといったアレルギー特定原材料品には入っていません。したがって、アレルギーになる可能性は非常に低い食品です。

みょうがを食べて口の中がピリピリすることがあり、それをアレルギーと勘違いされる場合があります。しかし、これはみょうがに含まれる辛味成分のミョウガジアールによる刺激によるものなので、心配はありません。

みょうがは食べ過ぎると物忘れや馬鹿になるって本当?

みょうがには食べ過ぎると馬鹿になる、物忘れが激しくなるなどの言い伝えがあります。それは本当なのでしょうか。なぜそのような言い伝えが生まれたのか、真偽のほどを調べてみましょう。

みょうがの食べ過ぎによって馬鹿になることはない

みょうがを食過ぎて馬鹿になる、物忘れが激しくなるなどといったことは一切ありません。なぜこのような言い伝えがあるのか、それはお釈迦様の弟子の周利槃得(シュリハンドク)の話から由来しています。周利槃得は自分の名前すら覚えることができない人だったそうで、自分の名前を札に書いて首からかけていました。

この札のことを名荷(みょうが)と呼び、そこから物忘れのことをみょうがと呼ぶようになったそうです。また、周利槃得の死後、彼のお墓に見たことのない植物が生えてきて、これをみょうがと名付けました。それが現在食べられているみょうがで、みょうが=物忘れから、みょうがを食べると物忘れになる、馬鹿になると言われるようになったとのことです。

みょうがの食べ過ぎになる量とは?

みょうがを食べ過ぎると腹痛や下痢などの健康被害があると先述しましたが、どれくらいの量を食べると食べ過ぎになるのかについて調べてみました。

みょうがの食べ過ぎになる量は個人差がある

みょうがは摂取上限が設けられている食べ物ではありません。ただし、生のまま大量に食べると口の中がピリピリしたり、食物繊維の刺激で下痢や腹痛が起こることがあります。ただしこれらの症状には個人差があり、起こる人もいれば起こらない人もいて、その結果、食べ過ぎになる量も人によって違ってきます。

みょうがは妊婦さんや子供に良くない?

みょうがは身体を冷やす性質があり、寄生虫の危険性からも妊婦さんや3歳以下の幼児には注意の必要な食材です。他に注意の必要な要素はあるのでしょうか。子どもや妊婦さんがみょうがを食べる時の注意点についてお伝えします。

妊婦さんが食べる際はアク抜きをしっかりすれば問題ない

みょうがに含まれる成分の一つにシュウ酸があり、これはみょうがのえぐみ・苦味の成分の素で、子どもには食べづらい味です。そのシュウ酸にはカルシウムや鉄分などの栄養素を体が吸収するのを阻害する作用があります。カルシウムや鉄分は成長期の子どもや妊娠中には特に必要な栄養素で、みょうがを食べることで、必要最低限量を下回ってしまう可能性があります。

そのため、子どもや妊婦さんがみょうがを食べる時にはシュウ酸の取り扱いに注意が必要です。シュウ酸はアク抜きを行うことによって、減らすことができるので、カルシウムや鉄分を摂取したい場合にはアク抜きを行いましょう。

みょうがのアク抜きの仕方

みょうがのアク抜きの手順は下記の通りです。

1.みょうがは洗って半分に切る
2.根元にV字に切り込みを入れる
3.切り口をまな板につけて繊維に沿って千切りにしていく
4.冷水にさらしたら箸でさっとほぐす
5.ざるにあげて水気をしっかり切る
6.キッチンペーパーで水気を拭き取れば出来上がり


みょうがを水にさらしておく時間は2~3分を目安にしてください。あまり長い時間さらしておくと、水溶性の栄養素は流れ出してしまいますし、みょうがのいい香りが消えてしまいます。みょうがを輪切りにした場合のアク抜きも、同じように行なってください。

みょうがを適量食べた時の健康効果は?

みょうがは食べ過ぎに注意が必要ですが、適量を守れば健康に良い栄養分を多く含むことでも知られています。美味しいだけでなく、体にも良い効果が得られるみょうがの健康効果について紹介します。

①食物繊維:便秘を解消する

みょうがには食物繊維が多く含まれ、便の体積を増やし腸壁を刺激することで便通を促します。便秘が解消することで腸内もデトックスされ、栄養素の吸収が良くなり体内のデトックス効果が生まれ、吹き出物などが出にくくなり生活習慣病の予防やダイエットにも効果的です。また、食物繊維は食事の前に摂取すると、血糖値が上がりにくくする効果もあります。(※2)

②ショウガジアール:喉の痛みを抑える

ショウガジアールとはみょうがや生姜などに含まれる辛味成分の一種です。これには抗菌・鎮痛・鎮静などの効果があるので、喉が痛い時や口内炎など、口の中の炎症を鎮めてくれます。

③カリウム:むくみを解消する

みょうがにはカリウムも豊富に含まれ、体内にある余分な塩分や溜まった余分な水分を体外に排出する効能があるので、むくみを解消します。むくみを放置するとセルライトの原因にもなりかねません。カリウムの働きでセルライトの原因をデトックスし、ダイエットに役立てましょう。その他、カリウムは高血圧などの生活習慣病予防にも効果が期待できる成分です。(※3)

④アルファピネン:夏バテ防止

しょうがのいい香りの素がアルファピネンで、アロマオイルなどにも使われるものです。これには発汗作用や食欲増進効果があるので、特に夏の暑い時期などの夏バテ時に摂取したい成分です。また、血液をサラサラにしてくれる効果もあるので、成人病の予防や香りを嗅ぐことで頭がすっきりし、集中力が高まる効果もあります。

⑤ゲラニオール:胃腸の働きを良くする

みょうがに含まれるゲラニオールには胃腸の働きを良くし、食べ過ぎや胃痛といった症状を和らげてくれる、胃薬のような効果があります。また腸内のガスを排出したり、便通を促し便秘の解消を手助けする効果もあります。その他にも、女性ホルモンの中のエストロゲンの分泌を促す作用もあり、ニキビや肌荒れ、更年期症状の緩和にも効果的です。

⑥カンフェン:風邪の防止

カンフェンはみょうがの辛味成分の一つで、ショウガジアールと同様、抗菌や鎮痛などの効能があります。風邪の諸症状による喉の痛みや頭痛、口内炎などに効果的です。

(*みょうがの栄養について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

みょうがの栄養素・効能は?芳香成分の健康効果や調理法のおすすめなど紹介!

みょうがの食べ過ぎには要注意

みょうがには不溶性の食物繊維を含むため、食べ過ぎると下痢や腹痛になる可能性があります。ただしよっぽど食べなければ食べ過ぎにはなりませんので、適量を心がけて食べるようにしましょう。みょうがには寄生虫がついている事もあり、そのために食中毒になることもあり得るので、特に生食の場合はよく洗ってから食べるようにしましょう。

関連する記事