ペッパーランチのカロリー一覧表【低い順】ダイエット向けメニューなど紹介!

ペッパーランチのメニュー別のカロリーを知っていますか?ダイエット中でも食べられるメニューはあるのでしょうか?今回は、ペッパーランチのカロリーを〈ペッパーランチ・ステーキ・ハンバーグ〉などメニュー別に低い順のランキング形式で紹介します。ペッパーランチのカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きの太りにくい食べ方・頼み方も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. ペッパーランチのメニューのカロリーを一覧表で紹介
  2. ペッパーランチのカロリーランキング【ペッパーライス】
  3. ①ビーフペッパーライス(700円)
  4. ②ベーコンチーズペッパーライス(650円)
  5. ペッパーランチのカロリーランキング【ステーキ】
  6. ①ワイルドステーキ 200g(1120円)
  7. ②サービスステーキ 150g(910円)
  8. ③サーロインペッパーステーキ 150g(890円)
  9. ペッパーランチのカロリーランキング【ハンバーグ】
  10. ①100%ビーフ 肉塊ハンバーグ(920円)
  11. ②100%ビーフ 和風おろしハンバーグ(780円)
  12. ペッパーランチのカロリーを消費するのに必要な運動量は?
  13. ペッパーランチでダイエット向きの食べ方・頼み方は?
  14. ①ご飯を一緒に食べない
  15. ②サラダを一緒に食べる
  16. ③よく噛んで食べる
  17. ④ドリンクを烏龍茶にする
  18. ⑤味噌汁を一緒に食べる
  19. ペッパーランチメニューのカロリーに注意しよう

ペッパーランチのメニューのカロリーを一覧表で紹介

ryo_matsuo0527さんの投稿
118318397 2695928977342379 5259563607410346812 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ペッパーランチは日本以外にも16カ国で展開している、手軽に食べられる鉄板料理店として知られています。ペッパーランチのメニューは肉を多く使っているのでカロリーが高そうなイメージを持たれがちですが、実際はどうなのでしょうか。今回は、各メニューのカロリーとダイエット中にペッパーランチを食べたいときに気をつけるポイントを紹介します。

※1日の摂取量は成人男性の目安です。

ペッパーランチのカロリーランキング【ペッパーライス】

商品名 カロリー 1日のカロリー摂取量に占める割合
ビーフペッパーライス 561kcal 26%
ベーコンチーズペッパーライス 594kcal 27%
お肉たっぷりビーフペッパーライス 700kcal前後 32%


ペッパーランチの看板商品であるペッパーライスの種類別のカロリーです。お肉たっぷりビーフペッパーライスには通常のペッパーライスの倍の160gの牛肉が使用されており、この肉の量の違いがカロリーの差に表れています。

①ビーフペッパーライス(700円)

出典:https://www.pepperlunch.com/menu/regular/1856.html

カロリー 糖質 1日の摂取カロリーの占める割合
561kcal 77.4g 26%


牛肉にはほとんど糖質は含まれていないので、ビーフペッパーライスの糖質量の大半はご飯とコーンによるものです。カロリーだけを見るとそれほど高くはありませんが、糖質を意識してダイエットをする場合1食で77gは多めなので注意が必要です。

②ベーコンチーズペッパーライス(650円)

出典:https://www.pepperlunch.com/menu/regular/1859.html

カロリー 糖質 1日の摂取カロリーの占める割合
594kcal 91.6g 27%


こちらは、肉ではなくベーコンとチーズがトッピングされている商品です。ベーコンとチーズは共に脂質が多いので、摂りすぎると体脂肪となって身体に蓄積されてしまいます。高血圧や動脈硬化などの疾患の原因にもなるので、ダイエット中でなくても食べ過ぎには気をつけましょう。

ペッパーランチのカロリーランキング【ステーキ】

商品名 カロリー 1日のカロリー摂取量に占める割合
サーロインペッパーステーキ 120g 343kcal 16%
サービスステーキ 100g 375kcal 17%
サーロインペッパーステーキ 150g 429kcal 20%
サービスステーキ 150g 562kcal 26%
ワイルドステーキ 200g 569kcal 26%
CABサーロインステーキ 200g 713kcal 32%
サービスステーキ 200g 750kcal 34%
ワイルドステーキ 300g 853kcal 39%

※ご飯を除くカロリー

ステーキはカロリーが高いためダイエット中には食べない方が良い印象がありますが、ダイエットする際に有効なタンパク質が多く含まれており、筋力アップに一役買います。筋肉量が増えると基礎代謝が上がって痩せやすい身体になるので、赤身の多いステーキはおすすめです。

①ワイルドステーキ 200g(1120円)

出典:https://www.pepperlunch.com/menu/regular/1864.html

カロリー 糖質 1日の摂取カロリーの占める割合
569kcal 3.6g 26%

ワイルドステーキに使用されている牛肩ロース200gの糖質量は0.2gほどなので、肉だけで食べると非常に低糖質です。歯ごたえのあるしっかりとした肉質で食べ応えもあり、ご飯が無くても十分な満足感を得ることができます。

②サービスステーキ 150g(910円)

出典:https://www.pepperlunch.com/menu/regular/1862.html

カロリー 糖質 1日の摂取カロリーの占める割合
562kcal 2.1g 26%

サービスステーキも、ワイルドステーキ同様に糖質が低いです。サービスステーキに使用されている部位は肩より首に近い部位なので弾力がありますが、サイコロ状にカットされているので食べやすくなっています。

③サーロインペッパーステーキ 150g(890円)

出典:https://www.pepperlunch.com/menu/regular/6260.html

カロリー 糖質 1日の摂取カロリーの占める割合
429kcal 3g 20%


サーロインは脂質が多いため、味付けが同じでも他の部位よりカロリーが高くなります。少しでもカロリーを抑えるために、食べる際はステーキソースは避けて塩コショウを選びましょう。

ペッパーランチのカロリーランキング【ハンバーグ】

商品名 カロリー 1日のカロリー摂取量に占める割合
100%ビーフ肉塊ハンバーグ 200g 534kcal 24%
100%ビーフ和風おろしハンバーグ 150g 569kcal 26%
100%ビーフハンバーグ目玉焼き 150g 603kcal 27%
サーロインペッパーステーキ(75g)&ハンバーグ盛り(75g) 694kcal 32%

※ご飯を除くカロリー

ハンバーグをカロリー順に見てみると、グラムは多いものの一番シンプルな肉塊ハンバーグが最も低カロリーです。ハンバーグメニューのカロリーはどれも大差ありませんが、ステーキとハンバーグのプレートはカロリーが高いのでダイエット中には避けましょう。

①100%ビーフ 肉塊ハンバーグ(920円)

出典:https://www.pepperlunch.com/menu/regular/6270.html

カロリー 糖質 1日の摂取カロリーの占める割合
534kcal 8.8g(付け合わせを除く) 24%

ハンバーグにはつなぎが使用されているので、その分ステーキより糖質が高くなります。ハンバーグ単体の糖質は約8.8gですが、付け合わせにパスタやコーン・人参があるので全部食べるとその分の糖質がプラスされてしまいます。肉塊ハンバーグの付け合わせはどれも糖質高めな食材なので、糖質制限中は気をつけたいポイントです。

②100%ビーフ 和風おろしハンバーグ(780円)

出典:https://www.pepperlunch.com/menu/regular/6275.html

カロリー 糖質 1日の摂取カロリーの占める割合
569kcal 6.6g(付け合わせを除く) 26%

大根おろしには、タンパク質・炭水化物・脂質の分解を助ける消化酵素が含まれており、脂肪を付きにくくする効果が期待できます。この効果を得るにはおろしたてを食べるのが理想ですが、酵素が少なくなっていても大根おろしは食物繊維が豊富なので整腸作用があります。ダイエット中の便秘対策としても、おろしハンバーグはおすすめのメニューです。

ペッパーランチのカロリーを消費するのに必要な運動量は?

運動方法 時間
ウォーキング 210分
ジョギング 126分
自転車 79分
ストレッチ 251分
階段登り 70分
掃除機かけ 180分

上記は、ビーフペッパーライス1食分に相当する561kcalを消費するのに必要な運動量の目安です。ビーフペッパーライスを1食食べるだけで、かなりの長い時間運動しなければいけないことが分かります。少しでも太りにくくするために、食べるタイミングや食べ方を工夫した方が良いでしょう。

ペッパーランチでダイエット向きの食べ方・頼み方は?

ダイエット中にペッパーランチに行った際の、おすすめの注文方法を紹介します。工夫することでダイエット中でも気兼ねなく楽しむことが出来るので、参考にしてください。

①ご飯を一緒に食べない

ステーキやハンバーグと一緒にご飯を食べると、ご飯210g分のカロリーである353kcalが余分に追加されてしまう上に、糖質の摂取量も増えてしまいます。

ダイエットを意識するならご飯と一緒に食べないようにしましょう。ペッパーランチのメニューは自動的にご飯が付いてくるため、注文の際はご飯がいらない旨を伝えてください。ご飯無しにした場合は190円値引きされるのもメリットです。

②サラダを一緒に食べる

サラダに含まれる食物繊維は糖質の消化吸収を緩やかにし、血糖値の急激な上昇を抑えるので、同じ量を食べても太りにくくなります。さらに食物繊維は便秘の予防や改善にも役立つので、ダイエットには効果的です。サラダは食事の最初に食べるとよりダイエット効果が高まるので、ペッパーランチではサイドメニューのサラダを頼んで先に食べる習慣をつけましょう。

③よく噛んで食べる

どのような食事でも、よく噛んで食べると満腹中枢が刺激されて少ない量でも満足感を得ることができます。特にステーキはハンバーグより噛み応えがあるので、自然と咀嚼回数が増えて早食いを防げるのでおすすめです。ダイエット中は、1口につき30回は噛むことを意識すると良いでしょう。

④ドリンクを烏龍茶にする

烏龍茶を飲むと、食事の脂質の吸収を抑えて体外への排出を促進するため、体脂肪の増加を抑える効果が期待できます。なお、烏龍茶に含まれるカフェインには利尿作用がありむくみ予防にも効果的ですが、飲み過ぎると脱水症状を引き起こすこともあるので飲む量には注意しましょう。

また、空腹時に烏龍茶を多量に飲むと胃液が過剰に分泌されて腹痛や原因になることがあるので、烏龍茶を飲むのは食事中か食後にしてください。

⑤味噌汁を一緒に食べる

味噌汁などの温かい汁物は、飲むと体温が上がって代謝が上がるので、食事で摂取したカロリーの効率よい消費に役立ちます。さらに汁物を飲むとお腹も膨れるので、お肉の量を減らしても満足感を得やすくなるでしょう。

ペッパーランチでは味噌汁の他にポタージュスープも取り扱っていますが、ポタージュスープは味噌汁に比べて脂質や糖質が高いのでおすすめしません。

ペッパーランチメニューのカロリーに注意しよう

ペッパーランチをダイエット中に利用するときは、ご飯を抜いて食べたりサイドメニューを工夫したりすることで、太りにくくなります。ペッパーランチはご飯も一緒に食べるとカロリーも糖質量も高くなってしまうので、ダイエット中は今回紹介したダイエット向きの食べ方や頼み方などを参考にしてみてください。

関連する記事