ダイエット中にケーキを食べたい!太りにくい食べ方・選び方や食べてしまった時の対処法も紹介!

ダイエット中にケーキが食べたいと思ったことはありませんか?食べたら太りそうですね。今回は、ケーキが太りやすい理由や、ダイエット中でもOKなケーキの太りにくい食べ方やケーキの種類の選び方を紹介します。ダイエット中にケーキを食べてしまった場合の対処法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ダイエット中にケーキが食べたい…
  2. ケーキが太りやすいとされる理由は?
  3. ①ケーキのカロリー・糖質・脂質が高い
  4. ②血糖値が急激に上がるため
  5. ダイエット中に食べるケーキの選び方・種類は?
  6. ①タンパク質が多いケーキ
  7. ②食物繊維を多く含むケーキ
  8. ③脂質が少ないケーキ
  9. ケーキのダイエット中の太りにくい食べ方は?
  10. ①夜遅い時間帯に食べずに朝食べる
  11. ②空腹時にいきなり食べない
  12. ③ケーキを食べる前に食物繊維を取り入れる
  13. ④飲み物と一緒に食べる
  14. ⑤ケーキを食べたら運動をする
  15. ケーキをダイエット中に食べてしまっても運動すれば大丈夫?
  16. 消費カロリーが摂取カロリーを上回れば太ることはない
  17. ケーキ(1個)のカロリー消費に必要な運動量
  18. ケーキをダイエット中に食べても大丈夫!

ダイエット中にケーキが食べたい…

ケーキのような甘いものはダイエット中には大敵、と分かってはいても我慢すればするほど食べたくなってしまうものです。ダイエット中にケーキは絶対に食べない方がいいのでしょうか。ケーキを食べると太りやすくなる理由を知り、ダイエット中でも上手にケーキを取り入れて、ストレスを溜めずに楽しくダイエットを続けていける方法を解説します。

ケーキが太りやすいとされる理由は?

多くの人はケーキを食べると太りやすいことを知っていますが、なぜ太るかという理由については知らない人もいるのではないでしょうか。ここではケーキが太りやすい理由について解説します。

①ケーキのカロリー・糖質・脂質が高い

種類 カロリー 糖質 脂質
ショートケーキ 366kcal 28.6g 25.3g
モンブラン 425kcal 49.5g 22.1g
チョコレートケーキ 438kcal 34.5g 30.1g
チーズケーキ 315kcal 16.8g 24.4g
ティラミス 381kcal 34.2g 23.5g

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

ケーキの種類別のカロリー、糖質量、脂質量は上記の通りです。ケーキの材料には基本的に砂糖・卵・小麦粉・バター・生クリームなどカロリー・糖質・脂質が多いものが使われています。通常の食事に加えてケーキを食べるとカロリーの摂取量が多くなり、太りやすくなってしまうので注意が必要です。

②血糖値が急激に上がるため

多量の糖質を一度に摂取すると血糖値が急激に上がるため、血糖値を下げようとすい臓からインスリンが大量に分泌されます。インスリンは余剰な糖質を脂肪細胞内に中性脂肪として蓄積するため、血糖値の急激な上昇は肥満につながります。このことも、ケーキを食べると太りやすくなる理由のひとつです。

ダイエット中に食べるケーキの選び方・種類は?

ケーキは太りやすい食べ物ですが、ダイエット中でも食べられるケーキはあるのでしょうか。ここではダイエット中のケーキの選び方について解説します。

①タンパク質が多いケーキ

ケーキには糖質が含まれており、糖質の摂取量によっては血糖値の上昇に影響を与えますが、同時にタンパク質を摂ると血糖値がゆるやかに上昇します。タンパク質が多いケーキは、以下の通りです。

・チーズケーキ
・プリン
・シュークリーム

チーズケーキやプリンは卵や牛乳が主な原材料になり、タンパク質を豊富に含みます。シュークリームもタンパク質が多いケーキになりますが、生クリームがはさまれたものはカロリーが高くなるため避けましょう。(※2)

②食物繊維を多く含むケーキ

食物繊維を多く含む食材を使ったケーキであれば、ダイエット中も安心して食べることができるでしょう。食物繊維が豊富なケーキは、以下の通りです。

・スイートポテト
・フルーツタルト
・おからケーキ

これらのケーキに使用される、さつまいもやフルーツ、おからにはたくさんの食物繊維が含まれます。食物繊維を摂取すると糖質の吸収がゆるやかになり、血糖値の急上昇を抑えゆっくりと上昇して脂肪の蓄積を防ぐことができます。(※3)

③脂質が少ないケーキ

脂質の摂取量が多いと太る原因になるため、ダイエット中は以下のような脂質が少ないケーキがおすすめです。

・シフォンケーキ
・蒸しパン


生クリームや牛乳、バターを使わないケーキは脂質が少なくなります。シフォンケーキはたくさんの卵白を泡立てたものを生地に入れることで膨らみます。甘さを控えれば糖質も抑えられ、痩せたい人にとっては特におすすめのケーキです。

関連する記事