よもぎの栄養成分や効果・効能は?使い方や食べ方・レシピのおすすめも紹介!

よもぎに含まれる栄養素を知っていますか?今回は、よもぎの栄養の効果・効能や、食べる際の注意点も紹介します。よもぎレシピのおすすめや、料理以外への使い方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。よもぎについて理解を深め、美味しく味わいましょう。

目次

  1. よもぎとは?
  2. よもぎの旬や選び方
  3. よもぎの栄養素と効果・効能は?
  4. ①食物繊維
  5. ②β-カロテン
  6. ③ビタミンK
  7. ④クロロフィル
  8. よもぎを食べる際の注意点は?
  9. ①よもぎのアク抜き・下処理をする必要がある
  10. ②アレルギー反応が出る可能性がある
  11. よもぎの栄養がとれるレシピのおすすめ
  12. ①よもぎ餅
  13. ②よもぎの天ぷら
  14. ③よもぎ茶
  15. ④よもぎのおひたし
  16. よもぎの料理以外への使い方は?
  17. ①お風呂に入れる
  18. ②化粧水として使う
  19. よもぎは栄養豊富

よもぎとは?

和菓子や料理の色付けなどに使えるイメージのあるよもぎですが、よもぎとは一体どのような食物なのでしょうか。今回はよもぎの旬や選び方について紹介するので、よもぎについての知識を深め、生活の中で上手に活用してみましょう。

よもぎの旬や選び方

よもぎの旬は春の3月~5月ごろと言われています。よもぎを選ぶ際には下記のようなポイントに着目すると良いでしょう。

・葉が柔らかいもの
・葉の色が若々しい黄緑色のもの
・新芽のもの


よもぎの旬は春先ではあるものの、冬を越すことも可能です。しかし、冬を越した葉っぱはとても固いため食用には適しません。料理に使う場合は、葉が柔らかく新芽であり、若々しい黄緑色のものを選ぶと香りや味が良いと言われています。

よもぎの栄養素と効果・効能は?

餅に入れたり、パンに入れたりと様々な料理に利用出来るよもぎですが、よもぎの栄養素と効果・効能にはどのようなものがあるのでしょうか。ここではよもぎに含まれる栄養素の種類別に、効果や効能について紹介します。

①食物繊維

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
7.8g 18g 43%

※1日の摂取量は成人男性の目安です

よもぎには腸内環境の改善に効果を発揮する食物繊維が豊富に含まれているため、便秘がちの時には積極的に摂取すると効果的でしょう。特によもぎは不溶性食物繊維が多く、食べた後に胃の中で水を吸って大きく膨らむため、満腹感を上げることにも役立ちます。(※1)

②β-カロテン

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
5300μg 650μg 815%

よもぎはβ-カロテンという栄養素を非常に多く含むのが特徴で、β-カロテンは体内でビタミンAに変換されて、視力の維持や髪の毛の健康維持に効果を発揮すると言われています。他にも、がん予防の効果も期待されていることから、健康維持のためにも積極的に摂取したい栄養素の一つです。(※2)

③ビタミンK

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
340μg 150μg 227%

ビタミンKには血液の凝固を助ける効果があり、よもぎが昔から止血薬として利用されているのはこの効果・効能があるためです。他にもカルシウムを骨に定着させる効果もあることが分かっており、丈夫な骨を作り上げるためにもカルシウムと一緒に摂取すると良いと言われています。(※3)

④クロロフィル

よもぎに含まれるクロロフィルは、血液の成分の一つであるヘモグロビンの生成を促進するため、貧血の予防や改善などに役立つ栄養素です。ヘモグロビンは体内で酸素を運搬する役割を果たしているため、ヘモグロビンの生成が滞ることで疲れやすくなったりめまいを起こしたりといった弊害が出ます。特に貧血気味の方は、よもぎを生活の中に取り入れてみると良いでしょう。

クロロフィルには他にも、コレステロール値を下げる効果・効能があることも分かっており、生活習慣病の予防などに役立ちます。

よもぎを食べる際の注意点は?

よもぎにはビタミンなどの様々な栄養素が豊富に含まれることが分かりましたが、実際に食べる際には注意点もいくつかあります。ここでは注意点をいくつか紹介するので、注意しながら食べるようにしましょう。

①よもぎのアク抜き・下処理をする必要がある

よもぎは栄養が豊富である一方でアクの強い食品であるため、採ったら新鮮なうちに以下の手順でアク抜きをする必要があります。

1.よもぎを新鮮なうちに水で洗う
2.2リットルのお湯を沸騰させ、その中に小さじ1の重曹を加える
3.重曹入りのお湯のなかによもぎを1分程度入れて茹でる
4.ざるにあげて、流水で粗熱を取った後、冷水に入れて10分程度冷ます


アクを抜いておくことでクセのない美味しいよもぎを味わう事が出来るようになります。さらによもぎのようなキク科の植物には肝臓に悪影響を及ぼす成分が含まれているとも言われ、この成分を減らすためにもアク抜きや下処理を行う必要があります。ただし、茹ですぎたり水にさらし過ぎたりすると、栄養素が流出してしまうので手早く行いましょう。

②アレルギー反応が出る可能性がある

よもぎは、アレルギーの一種である花粉症を起こすことで有名なブタクサと同じキク科の植物であるため、人によってはよもぎによってアレルギー反応が出てしまうことがあります。よもぎを採っている時や取り扱っている時に鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどが出てしまう場合には、アレルギーを起こしている可能性があるのでむやみに食べない方が良いでしょう。

よもぎの栄養がとれるレシピのおすすめ

様々な栄養が摂取出来るよもぎですが、料理として食べる時にはどのようなレシピがおすすめなのでしょうか。いくつかおすすめのレシピを紹介するので、ぜひよもぎを使った料理作りに挑戦してみてください。

①よもぎ餅

出典:https://cookpad.com/recipe/6229900

よもぎを美味しくお菓子として味わいたいのであれば、よもぎ餅がおすすめです。あんこやきなこをかけて、和風のお菓子を楽しみましょう。

☆摘んできたヨモギで!よもぎもち☆ by ☆さよママ☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

②よもぎの天ぷら

出典:https://cookpad.com/recipe/5585418

よもぎの美味しさをシンプルに味わいたいのであれば、天ぷらがおすすめです。塩をまぶして食べても、天つゆにつけて食べても美味しく味わえます。

春!!ヨモギの天ぷら♡ by M*GALLEY 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

③よもぎ茶

出典:https://cookpad.com/recipe/5047602

よもぎにはデトックス効果があり、腸内環境を整えてくれると言われています。こちらのよもぎ茶は簡単に作れるので、ダイエット中の方や便秘気味の方などは、毎日の飲み物をよもぎ茶に変えてみるのもおすすめです。

材料費ゼロ! ハーブの王様 よもぎ茶♪ by るっこらるっこ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

④よもぎのおひたし

出典:https://cookpad.com/recipe/3800736

よもぎで和食のおかずを作りたいのであれば、おひたしがおすすめです。きのこを加えて調味料で味付けするだけで、栄養満点でごはんにぴったりの一品が完成します。

よもぎのおひたし by ものぐさのんだくれ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

よもぎの料理以外への使い方は?

様々な料理に活躍するよもぎですが、料理以外の使い方としてはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは料理以外の使い方について、その効果や効能も踏まえながら紹介します。

①お風呂に入れる

入浴剤の代わりによもぎを入れるのもおすすめの使い方の一つで、身体を芯から温めてくれるだけでなくデトックス効果も期待できます。入浴剤代わりに使う場合は、1回あたり乾燥させたよもぎの葉を20g程度使用すると良いでしょう。

お風呂に入れるときはガーゼなどに入れておくと、葉が散らずに済みます。腰痛や筋肉痛、冷え性などへの効果・効能も期待できるので、よもぎが手に入った際には是非一度よもぎ風呂に浸かってみて下さい。

②化粧水として使う

よもぎにはビタミン・ミネラルが豊富に含まれており、その栄養価の高さから野草のダイヤモンドとも呼ばれる事もあるほどです。よもぎは化粧水として使うと、肌のかさつきの改善に役立つほか、ハリや艶を与えて美肌効果が期待できます。よもぎの化粧水は市販商品もあるほか、手作りすることもできるので、気になる方は調べてみると良いでしょう。

よもぎは栄養豊富

よもぎは、ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれ、食べるだけでなく化粧水などとして使っても色々な効果・効能が期待出来る食品です。春先の時期にはスーパーなどで見かける機会が増えるほか、道端にも自然のよもぎが生えてくるので、旬の味覚として楽しんでみてください。

関連する記事