フリスクの食べ過ぎは危険?健康被害や中毒性はある?1日の適量も解説!

フリスクの食べ過ぎの危険性を知っていますか?今回は、フリスクの食べ過ぎによる<下痢・味覚障害>などの健康被害や、体験した人の口コミなども紹介します。フリスクの中毒性についてや、1日どれくらいまでなら食べていいのかも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. フリスクの食べ過ぎは危険?
  2. フリスクの成分・原材料から見てみよう
  3. フリスクの食べ過ぎによる健康被害は?
  4. ①下痢になる
  5. ②味覚障害
  6. ③口臭がきつくなる
  7. ④太る可能性もある
  8. フリスクに中毒性はある?
  9. フリスクの中毒性に科学的な根拠はない
  10. フリスクは1日にどれくらいまで食べていい?
  11. フリスクは1日15粒までにする
  12. フリスクの食べ過ぎには要注意

フリスクに中毒性はある?

出典:https://twitter.com/clses/status/1339722286069215232?s=20

ここまでフリスクの大量摂取でどのような影響があるかを説明してきました。食べ過ぎに注意すれば問題ないですが、フリスクには中毒性があるともいわれています。なぜそういわれているのか説明します。

フリスクの中毒性に科学的な根拠はない

大前提として、中毒性があるかもしれないという噂があるだけで、その噂に対しての科学的根拠はまだありません。しかしながら、このような噂が存在していることから必ずしも中毒性がないとも言い切れません。

人工甘味料の甘さが脳の快楽中枢を刺激して、さらなる満足感を求めて人工甘味料から離れられなくなって依存症になるとする説もあるようなので注意しましょう。

フリスクは1日にどれくらいまで食べていい?

出典:https://twitter.com/nihonbuta3/status/1257489779274342400?s=20

フリスクの食べ過ぎが体に及ぼす悪影響が分かったところで、目安として一日にどれくらい摂取して良いのかを説明していきます。

フリスクは1日15粒までにする

フリスクはほとんど人工甘味料の塊であり、大量摂取は避けたほうが良いです。そのためフリスクは1日15粒を目安に摂取しましょう。15粒を一気に食べる人は少ないかもしれませんが、1~2時間ごとに1、2粒のフリスクを摂取することをオススメします。

(*フリスクを適量食べた時の効果・効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

フリスクの効果とは?口臭予防・眠気対策に効く?食べ方や商品のおすすめなど紹介!

フリスクの食べ過ぎには要注意

フリスクの食べ過ぎによる健康への悪影響を理解している人は少ないかもしれません。フリスクによる健康への悪影響は、人工甘味料が原因で引き起こされるものがほとんどです。人工甘味料はフリスク以外の食品にも多く含まれており、そのリスクがまだ明確になっていないものも多くあります。フリスクは口臭予防などにも役立ちますが、食べ過ぎには注意しましょう。

関連する記事

×