ハーブ「エキナセア」の効能は?風邪予防に効果あり?アレルギー・副作用の注意点を紹介!

エキナセアはどんなハーブか知っていますか?今回は、エキナセアの効果・効能や、ハーブティーなど効果的な取り入れ方・飲み方を紹介します。副作用・摂取量などエキナセアを取り入れる際の注意点や商品のおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. エキナセアとは?どんなハーブ?
  2. エキナセアの特徴
  3. エキナセアの効果・効能は?
  4. 効能①炎症を抑える
  5. 効能②アレルギーを抑える
  6. 効能③痛みを抑える
  7. 効能④便秘改善
  8. 効能⑤免疫を活性化する
  9. ただし鑑賞用のエキナセアは効果なしとされているので注意
  10. エキナセアの効果的な取り入れ方・飲み方は?
  11. ①ハーブティー
  12. ②コーディアル
  13. ③デトックスウォーター
  14. ④チンキ剤
  15. ⑤サプリメント
  16. ⑥クリーム
  17. エキナセアを取り入れる際の注意点は?副作用あり?
  18. ①菊科のアレルギー反応・アナフィラキシーショックを起こすことがある
  19. ②幼い子供は摂取量に要注意する
  20. エキナセアのおすすめ商品
  21. ①エキナセアティー100p(1,922円)
  22. ②オーガニックエキナセア180カプセル(2,812円)
  23. ③エキナセア チンキ 1オンス(3,024円)
  24. エキナセアを取り入れてみよう

エキナセアとは?どんなハーブ?

エキナセアはキク科の北米原産の植物で、様々な効果効能があり、古くからネイティブアメリカンたちによって万能薬として使われてきました。また、ピンク色のかわいらしい花が咲き、観賞用としてガーデニングにも用いられます。まずは、エキナセアの特徴を紹介します。

エキナセアの特徴

エキナセアは7月から10月にピンク色のマーガレットのような花を咲かせ、真ん中の種子頭部は円錐状をしています。ピンクの他にも白や黄色の花が咲く品種もあります。エキナセアは北米の東部と中央部のみに棲息する貴重なハーブで、ネイティブアメリカンたちは、野生の動物がこれを食べて傷を癒しているのを見て、薬効を知ったようです。

エキナセアの名前の由来は種子頭部がトゲトゲしているところから、ギリシャ語でハリネズミを意味する「エキノス」から来ています。エキナセアは味に癖がないので飲みやすく、他のハーブと組み合わせてハーブティーにしたり、はちみつやレモンを入れて飲んでも美味しいでしょう。

エキナセアの効果・効能は?

エキナセアは別名「インディアンのハーブ」といい、ネイティブアメリカンたちは様々な効果・効能から万能薬として珍重しました。ここでは、エキナセアの効果・効能の一部を紹介します。

効能①炎症を抑える

エキナセアには、切り傷や喉の痛み、口内炎などの炎症を抑える効果があります。ネイティブアメリカンが野生動物達がエキナセアを食べて傷を癒す姿を見て、薬効に気づいた要因にもなったものです。

効能②アレルギーを抑える

エキナセアには免疫機能を高め、正常に働かせる効能があります。そのため、花粉症やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などの症状を緩和する効果も期待できます。アレルギーの季節の少し前からエキナセアを服用をする人もいるようです。

効能③痛みを抑える

エキナセアには炎症を抑える作用と共に鎮痛効果も期待できます。体の表面・内面を問わず痛みを軽減してくれるので、歯痛、頭痛、腹痛、咽頭痛、虫に噛まれた傷の痛みなどが緩和します。風邪症状への効果を計る研究の際には、エキナセアを摂っていた患者の方が鎮痛剤を必要としなかったとの報告もあるようです。

効能④便秘改善

エキナセアを服用すると消化液や唾液の分泌がよくなり、消化器系の臓器が活性化する効能があります。そのため、便秘が改善する効果も期待できます。ただし摂取量が大幅に多いと、便がゆるくなり、下痢を引き起こしますので注意してください。

効能⑤免疫を活性化する

エキナセアには免疫機能を高める効能があり、体内にウィルスや細菌が侵入するのを防ぎます。そのため、風邪やインフルエンザなどの様々な感染症の予防に効果的です。エキナセアとビタミンCを一緒に摂取することで、風邪の発症率を86%も軽減させることができるといったデータもあります。

また免疫機能が高めるので、風邪などの感染症にかかってしまった場合にも、早期に軽症で治癒する効果も期待できます。

ただし鑑賞用のエキナセアは効果なしとされているので注意

エキナセアには大きく分けて9種類の品種がありますが、そのうち薬効があるハーブとして使われるのは、アンギスティフォリア、パープレア、パリダの3種類のみです。中でもパープレアは薬効成分が高いとされており、薬やサプリメントとして使われています。

それ以外の品種はきれいな花が咲くので観賞用に用いられますが、薬効成分は含まないので、間違えないよう注意してください。

エキナセアの効果的な取り入れ方・飲み方は?

エキナセアは長くネイティブアメリカンに愛用されてきたハーブで、その後も抗生物質ができるまで、梅毒やマラリアなどの治療薬として広く使われてきました。その効能から、現在も生活に取り入れられているようです。そこでエキナセアを効率的に摂取する方法を紹介します。

①ハーブティー

エキナセアの効果・効能を得るためにおすすめなのは、ハーブティーとして摂取する方法です。1日3杯のエキナセアのハーブティーを2週間飲み続け、1週間休むといったサイクルが効果的と言われています。エキナセアティーは癖がほとんどないので、エキナセア単体のハーブティーでも愉しめ、ミントやレモングラスなど好きなハーブを組み合わせてもいいです。

エキナセアティーの作り方は、小さじ1杯分の乾燥したエキナセアをポットに入れて150ccから200ccのお湯を注ぎ、3分から5分蒸らせば出来上がりです。あまり長い時間蒸らすと、エキナセアの香りが飛んでしまいますので、注意しましょう。

②コーディアル

コーディアルとはシロップのことで、水や炭酸水などで3倍から5倍に割って飲んでください。エキナセアティーの味が苦手でも、コーディアルであればジュース感覚で飲みやすく、特に暑い時期にはおすすめです。摂取量の目安は特にありません。

コーディアルの作り方は鍋にお湯を沸騰させ、その中で乾燥したエキナセアを3分ほど煮ます。火を消したら10分ほど蓋をして蒸らし、コーヒーフィルターや茶漉しで漉して別の鍋に入れます。これにグラニュー糖を入れてとろ火で10分ほど煮ましょう。火を止め、レモン汁を入れたら出来上がりです。粗熱が取れたら消毒した保存瓶に入れて冷蔵保存してください。

③デトックスウォーター

エキナセアをデトックスウォーターにする方法も、飲みやすくおすすめです。乾燥したエキナセアと一緒に好きなフルーツを瓶に入れ、ミネラルウォーターを入れてください。苦味が気になる場合は、レモンやはちみつ、生姜などを加えればさらに飲みやすくなります。

ただし、これには保存料などが入っていないため、24時間以内に飲み切るようにしましょう。また、夏場は腐りやすいので、煮沸消毒したボトルを使うようにしてください。摂取量については特に目安は定められていません。

④チンキ剤

チンキ剤とはアルコールの中に乾燥したエキナセアを入れて2週間ほどおいたもので、風邪の引きはじめなどに、数滴お湯に入れて服用します。エキナセアのチンキ剤の作り方は、乾燥エキナセアと65%のアルコールを1:10の割合で合わせ、2週間経ったら漉して使います。

アルコールがなければウォッカでも代用可能です。エキナセアのチンキ剤は市販のものもあります。こちらも摂取量の目安は特にありません。

⑤サプリメント

エキナセアの薬効成分をもっともよく享受できるのが、サプリメントを服用する方法です。アメリカやドイツなどではエキナセアのサプリの種類が多く、服用している人も多いようです。サプリを飲めば、腸管の免疫組織に働き、舐めて服用すれば喉の痛みや免疫組織に効果があります。

摂取量の目安はサプリごとに違うので、服用方法を読んでください。サプリを選ぶ際にはオーガニックのものや、原材料のなるべく少ないものを選ぶようにしましょう。

⑥クリーム

体の表面にできた傷などに直接塗る場合には、クリームがおすすめです。エキナセアの成分を含んでいるクリームも市販されています。自分で作るには、乾燥エキナセアの圧縮汁を15%の割合でワセリンなどに混ぜれば出来上がりです。

エキナセアを取り入れる際の注意点は?副作用あり?

エキナセアは体にいい薬効成分を多く含みますが服用できない場合もあり、いくつか気をつけなくてはならないことがあります。エキナセアを服用する前には、必ず理解しておきましょう。

①菊科のアレルギー反応・アナフィラキシーショックを起こすことがある

エキナセアは菊科の植物のため、菊科の植物にアレルギーを持つ人が摂取した場合、発疹や喘息、アナフィラキシーショックなどのアレルギー反応が起きる場合があります。ブタクサや菊、マリーゴールドなどの菊科の植物にアレルギーを持つ人が摂取する場合は成分の薄いものから試すなど、十分に注意が必要です。

妊婦の方がエキナセアを摂取する場合は、胎児や妊娠継続に悪影響を及ぼす副作用は特にないようです。しかし、心配な場合はかかりつけ医に相談するようにしてください。

②幼い子供は摂取量に要注意する

欧州医薬品審査庁は1歳未満の子どもがエキナセアを摂取することは禁止しています。2~11歳の子どものうち、約7%にアレルギー性発疹などの副作用があることが確認されています。そのため、12歳以下の子どもはエキナセアの服用は控えるよう警告している国もあるようです。

そのほかにもエキナセアには免疫系に影響を及ぼす成分が含まれているため、結核、白血病、膠原病、多発性硬化症、AIDS、HIV、その他の免疫系疾患などを患う方の使用は厳禁です。

エキナセアのおすすめ商品

エキナセアは風邪やインフルエンザなどの感染症予防や、傷などの炎症の緩和、鎮痛効果もある万能薬です。そのほかにも多くの効果・効能があり、副作用が少ないため試してみたい人も多いのではないでしょうか。ここでは、おすすめのエキナセア商品をいくつか紹介します。

①エキナセアティー100p(1,922円)


*購入サイト|楽天市場*
エキナセアティー 1.5g×100p

お湯を注ぐだけでエキナセアのハーブティーを手軽に楽しめるティーパックです。オーガニックの原料を使った無添加のハーブティーで、癖がなくて飲みやすいです。風邪などの感染症予防や、アレルギーの季節に飲んでください。初めて飲む方は薄めのものから試してください。摂取量の目安などは特にありません。

②オーガニックエキナセア180カプセル(2,812円)


*購入サイト|楽天市場*
オーガニックエキナセア 400mg 180カプセル

エキナセアのサプリメントで、本場のアメリカ産のものです。オレゴン州で栽培された、オーガニック100%の最高級エキナセアを使用したサプリメントが180個入っています。摂取量は1日9カプセルを目安にしてください。

③エキナセア チンキ 1オンス(3,024円)


*購入サイト|楽天市場*
エキナセア チンキ サプリ 1オンス(30ml)

オーガニック100%のエキナセアを使ったチンキタイプのサプリで、液体のため吸収がよく早く作用します。常用するタイプではなく、気になった時だけ服用してください。摂取量の目安は、15~30滴を1日1回から3回になります。風邪や痛み、炎症、アレルギーなど様々な症状に効果があるので、一家に一つ常備しておきたいサプリです。

エキナセアを取り入れてみよう

エキナセアには風邪などの感染症や炎症、痛み、アレルギーの緩和に効果のあるハーブです。アメリカやドイツなどでは、エキナセアをサプリやハーブティーなどで愛用している人が多いです。副作用も少なく、少し体調不良を感じた時に使用することで、軽症のうちに回復させる効果が期待できます。ぜひ、エキナセアを生活に取り入れて健康な体を保ちましょう。

関連する記事

×