きび砂糖のカロリー・糖質は?栄養成分・効能や代用できるかも紹介!

きび砂糖のカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、きび砂糖のカロリー・糖質を他の砂糖と比較し、栄養成分や効能なども紹介します。きび砂糖のカロリーを消費するのに必要な運動量や、他の砂糖で代用できるかも紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. きび砂糖のカロリー・糖質は?
  2. きび砂糖のカロリー・糖質
  3. きび砂糖(100g)のカロリー・糖質を他の砂糖と比較
  4. きび砂糖(100g)のカロリーを消費するのに必要な運動量
  5. きび砂糖の栄養成分と効能は?体にいい?
  6. ①むくみを解消する
  7. ②血糖値の上昇を緩やかにする
  8. ③イライラを解消する
  9. ④貧血予防
  10. きび砂糖は代用できる?
  11. きび砂糖を他の砂糖で代用するメリット
  12. きび砂糖を他の砂糖で代用するデメリット
  13. きび砂糖のカロリー・栄養価を知っておこう

きび砂糖のカロリー・糖質は?

ダイエット中や糖質制限をしている方は出来るだけ糖分を抑えている場合も多いでしょう。風味とコクがあって美味しいと言われるきび砂糖ですが、糖質を制限している方でも摂取して良いのでしょうか。まずはきび砂糖のカロリーと糖質含有量を紹介します。

きび砂糖のカロリー・糖質

カロリー 糖質
きび砂糖(100g) 396kcal 98.8g
きび砂糖(大さじ1杯:9g) 36kcal 8.9g
きび砂糖(小さじ1杯:3g) 12kcal 3.0g

※含有量はイースマートを参照しています(※1)

上記の表は、きび砂糖100g分および大さじ・小さじそれぞれ1杯あたりのカロリーと糖質含有量になります。きび砂糖は和食にとても合うと言われていますが、煮物に使用した場合、一人前でおおよそ小さじ2杯ほどのきび砂糖を使用するためカロリーは約24kcal、糖質は約6gを摂取することになります。

なお、血糖値の上がりやすさの指標であるGI値については、きび砂糖の明確なデータがありません。しかし、同じサトウキビから作られる上白糖や黒糖などのGI値はとても高いため、きび砂糖も過剰摂取は気をつけた方が良いと言えるでしょう。

きび砂糖(100g)のカロリー・糖質を他の砂糖と比較

100gあたり カロリー 糖質
きび砂糖 396kcal 98.8g
グラニュー糖 387kcal 100g
上白糖 384kcal 99.2g
三温糖 382kcal 98.7g
てんさい糖 382kcal 97.5g
黒糖 354kcal 89.7g

「茶色の砂糖は白い砂糖より健康に良い」と言った情報を聞いたことがある人も多いでしょう。これは、上白糖のように精製された砂糖より、きび砂糖や黒糖など茶色の砂糖の方がミネラルなどの栄養成分が残っているかことが理由と言われています。

しかし、きび砂糖のカロリーは精製された上白糖やグラニュー糖よりも高く、また糖質においてもほとんど差がありません。ミネラルなどの栄養成分は含まれているものの、他の砂糖同様にカロリーオーバーや糖質の過剰摂取によって太る可能性があることに注意が必要です。

(*砂糖のカロリー・糖質について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

砂糖のカロリー・糖質は高くて太る?ダイエット中の取り入れ方や食べ過ぎのデメリットも紹介!

きび砂糖(100g)のカロリーを消費するのに必要な運動量

運動方法 時間
ウォーキング 149分
ジョギング 89分
自転車 57分
ストレッチ 178分
階段登り 50分
掃除機かけ 127分

上記の表は、きび砂糖100g当たり396kcalを消費するために必要な運動量です。紅茶などには小さじ1杯程度のきび砂糖を入れることが多いですが、小さじ1杯は3g相当なので、ウォーキングであれば5分程度で摂取した分のカロリーを消費できます。

きび砂糖の栄養成分と効能は?体にいい?

カリウムなどのミネラル成分も含まれるきび砂糖は健康に良いと言われています。次では、きび砂糖に含まれる栄養成分の効果を紹介します。

①むくみを解消する

きび砂糖に含まれるカリウムは、体内の過剰な塩分を排泄し、体の水分バランスを適切に保ってくれる役割があります。このことから、カリウムはむくみ改善や、高血圧の改善にも効果が期待できるといわれています。(※2)

②血糖値の上昇を緩やかにする

関連する記事

×