ピスタチオの栄養素と効能は?美容健康に効果あり?食べ過ぎなど注意点も紹介!

【管理栄養士監修】ピスタチオに含まれる栄養素を知っていますか?今回は、ピスタチオの栄養成分・効能に加え、〈食べ過ぎ〉など食べ方の注意点も紹介します。ダイエット時の参考にもなる、ピスタチオのカロリー・糖質も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 住吉彩
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”...
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”という思いから独立し、講座を主宰したり、講演、執筆、監修などを行っている。趣味は家庭菜園。万年ダイエッターを卒業するためのポイントをまとめたメルマガも配信中。

目次

  1. ピスタチオはどんな食材?
  2. ピスタチオの歴史
  3. ピスタチオのカロリー・糖質
  4. ピスタチオの栄養素と効果・効能
  5. ①食物繊維
  6. ②オレイン酸・リノール酸
  7. ③カリウム
  8. ④ビタミンB1
  9. ⑤ミネラル類(鉄・銅)
  10. ⑥ルテイン・ゼアキサンチン
  11. ピスタチオの食べ方の注意点・ポイント
  12. ①食べ過ぎない
  13. 1日の摂取量は30〜40粒程度
  14. ②加熱せずそのまま食べる
  15. ピスタチオは栄養豊富な食材

住吉彩

管理栄養士

栄養価の高いピスタチオですが、湿気ると香りが悪くなる上に酸化してしまいます。たくさん買いすぎてすぐに食べきれない場合は、密閉容器に入れ冷蔵庫か冷凍庫で保存するのもオススメです。

ピスタチオは栄養豊富な食材

ピスタチオには不飽和脂肪酸や食物繊維など、健康効果が期待できる栄養素が多く含まれています。ただ、油分が多いので摂り過ぎには注意しましょう。適量を愉しんで、美味しく健康効果を得ましょう。

関連する記事

×