グレープシードオイル(ぶどう油)は危険?加熱がNG?効能や正しい使い方を紹介!

グレープシードオイルには危険性がある・体に悪いと言われることがありますが、なぜでしょうか?今回は、グレープシードオイルが危険と言われる理由や、料理への安全な使い方を紹介します。グレープシードオイルの栄養成分・効能や選ぶ時のポイントも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. グレープシードオイル(ぶどう油)とは?危険なの?
  2. グレープシードオイルの味わい・風味など特徴
  3. グレープシードオイルの栄養素と効能は?ダイエット効果ある?
  4. ①ビタミンE
  5. ②プロアントシアニジン
  6. ③オレイン酸
  7. ④ポリフェノール
  8. グレープシードオイルが危険・体に悪いって本当?理由は?
  9. ①リノール酸が多い
  10. ②化学溶剤抽出で作られることが多い
  11. ③酸化しやすい
  12. グレープシードオイルの健康的な使い方は?
  13. ①揚げ物などで加熱しない
  14. ②ドレッシングなどで生の状態で使う
  15. ③化粧品・保湿剤として使う
  16. グレープシードオイルを選ぶ時のポイントは?
  17. グレープシードオイルは注意して使おう

オリーブオイルよりも癖がなく料理や化粧品にも使えるグレープシードオイルは、注意して使う必要がある油だと分かりました。しかし、抗酸化作用を持つ成分なども含まれているので、使い方や量に注意すれば体に良い効果も得られます。グレープシードオイルを料理などに使う際は、今回紹介したポイントに注意しながら使ってみてください。

関連する記事