グレープシードオイル(ぶどう油)は危険?加熱がNG?効能や正しい使い方を紹介!

グレープシードオイルには危険性がある・体に悪いと言われることがありますが、なぜでしょうか?今回は、グレープシードオイルが危険と言われる理由や、料理への安全な使い方を紹介します。グレープシードオイルの栄養成分・効能や選ぶ時のポイントも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. グレープシードオイル(ぶどう油)とは?危険なの?
  2. グレープシードオイルの味わい・風味など特徴
  3. グレープシードオイルの栄養素と効能は?ダイエット効果ある?
  4. ①ビタミンE
  5. ②プロアントシアニジン
  6. ③オレイン酸
  7. ④ポリフェノール
  8. グレープシードオイルが危険・体に悪いって本当?理由は?
  9. ①リノール酸が多い
  10. ②化学溶剤抽出で作られることが多い
  11. ③酸化しやすい
  12. グレープシードオイルの健康的な使い方は?
  13. ①揚げ物などで加熱しない
  14. ②ドレッシングなどで生の状態で使う
  15. ③化粧品・保湿剤として使う
  16. グレープシードオイルを選ぶ時のポイントは?
  17. グレープシードオイルは注意して使おう

コレステロールゼロの為ダイエット中の人にも嬉しいグレープシードオイルは、抗酸化作用や肌も綺麗にしてくれる効能がありました。しかし一方で、グレープシードオイルには危険性がある・体に悪いという意見もあるようですが、それはなぜなのでしょうか。

①リノール酸が多い

グレープシードオイルが危険・体に悪いとされる理由の一つ目は、脂肪の成分の一つであるリノール酸を多く含んでいることです。リノール酸は、体内で作れられないため食物を通して摂取する必要のある必須脂肪酸の一種で、リノール酸を摂取する事自体は危険でも体に悪い事でもありません。

しかし、リノール酸を多く摂取しすぎると体内でアラキドンサンという物質が増え、アレルギー症状や炎症症状が現われてしまうと言われています。結果、アトピー性皮膚炎やアレルギー性炎症疾患などが起こりやすくなるほか、症状が悪化する原因になってしまうそうです。

リノール酸は、カップラーメンやファーストフードなどにも多く含まれている成分なので、現代ではリノール酸を摂取する機会も増えています。それに加えてさらにリノール酸を多く含んでいるグレープシードオイルを摂取すると、リノール酸の悪影響が現れることがグレープシードオイルは危険・体に悪いとされる理由となっているようです。

②化学溶剤抽出で作られることが多い

グレープシードオイルが危険・体に悪いとされる理由の二つ目は、化学溶剤抽出で作られる事が多いからです。化学溶剤抽出とは、圧搾する際に劇薬であるヘキサンなどの溶剤を使用し、ふどうから油を取り出す抽出法の事を言います。グレープシードオイルを作る際に圧搾する方法は様々ありますが、その中でも化学溶剤を使い油を抽出する事が一番効率が良いそうです。

なお、オリーブオイルは種子に油が多いので化学溶剤を使わなくても、圧力をかけて種子を搾る圧搾で作る事ができます。しかし、ぶどうの種子の中には油が少ない為、グレープシードオイルはオリーブオイルと違って化学溶剤抽出で圧搾して作る事が多くなってしまうようです。

③酸化しやすい

グレープシードオイルが危険・体に悪いとされる理由の三つ目は、酸化しやすい特徴を持っていることです。グレープシードオイルは、前述した化学溶剤抽出で圧搾して作る際には劇薬であるヘキサンなどを使う為、必ず高温にする必要があります。その際に、トランス脂肪酸が生じやすく酸化しやすくなってしまうのです。

トランス脂肪酸は、摂取しすぎると生活習慣病などにかかりやすくなり、危険・体に悪いと言われています。また、油は光が当たると酸化してしまうため遮光性が高い容器に入れられますが、グレープシードオイルはコストを下げるために遮光性が少ない状態で販売されている事が多く、より酸化しやすいようです。

グレープシードオイルの健康的な使い方は?

グレープシードオイルは、健康には不安な圧搾製法で作られているとわかりましたが、健康的な使い方はないのでしょうか。料理にも使いやすいグレープシードオイルの健康的な使い方を紹介します。

①揚げ物などで加熱しない

グレープシードオイルの健康的な使い方のポイントの一つ目は、炒め物や揚げ物などの料理で加熱しない事です。グレープシードオイルは前述した通りリノール酸を多く含んでいるので酸化しやすく、料理する際に加熱する事で、健康に良くないトランス脂肪酸のような成分が増える可能性があります。

②ドレッシングなどで生の状態で使う

グレープシードオイルの健康的な使い方の二つ目は、加熱せずにドレッシングなどで生食できる料理に使う事です。サラダやスープなどの料理に生の状態で適量かける程度であれば、抗酸化作用などの効果が期待できるうえに、トランス脂肪酸のような害のある成分の増加も心配ありません。

③化粧品・保湿剤として使う

グレープシードオイルは、化粧品・保湿剤として使うのも健康のためにおすすめの使い方です。べたつかずサラッとした使い心地が特徴的なグレープシードオイルは、乾燥肌や混合肌など様々な肌質に使えます。前述した通り、グレープシードオイルに含まれるオレイン酸は肌の保湿に効果的なので、冬などの乾燥しやすい時期にぜひ取り入れてみてください。

危険・体に悪いと言われているグレープシードオイルを料理に使用するのが不安だと感じる人にもおすすめの使い方です。

グレープシードオイルを選ぶ時のポイントは?

危険・体に悪いと言われているグレープシードオイルは、適量であれば様々な健康的な使い方ができます。そんなグレープシードオイルを選ぶ時のポイントを紹介します。

・高温圧搾ではなく低温圧搾で作られている
・遺伝子組み換えをしていない
・遮光性に優れた容器に入っている


化学溶剤が使われていない低温圧搾の商品であれば、加工の過程でトランス脂肪酸が生成されている可能性が低く安心です。また、遺伝子組み換えをしていないグレープシードオイルがほとんどですが、念のため遺伝子組み換えかどうかも注意してください。

また、前述した通りグレープシードオイルは光に当たると酸化しやすくなってしまう為、遮光性に優れた色付きの容器に入っているものを選ぶと良いでしょう。

グレープシードオイルは注意して使おう

関連する記事