「しらす」の栄養成分と効能を「ちりめんじゃこ」と比較!食べ過ぎの注意点も紹介!

【管理栄養士監修】しらすに含まれる栄養素を知っていますか?今回は、しらすの栄養成分・効能をちりめんじゃこと比較し、食べ過ぎによるコレステロール値の上昇など注意点も紹介します。しらすのアレンジレシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. しらすはどんな食材?
  2. しらすのカロリー・糖質
  3. しらすの栄養素と効果・効能【ちりめんじゃこと比較】
  4. ①カルシウム・ビタミンD
  5. ②タンパク質
  6. ③ビタミンB12
  7. ④DHA
  8. ⑤タウリン
  9. しらすの食べ方の注意点は?
  10. 生しらすの食べ過ぎに注意
  11. しらすの栄養がとれるレシピのおすすめ
  12. ①しらす納豆
  13. ②小松菜のしらす和え
  14. しらすは栄養豊富な食材

茹でた小松菜としらすを和えるだけの簡単副菜です。葉野菜はほうれん草などお好みのものを使ってください。お弁当のメニューにもおすすめです。

小松菜のしらす和え by obananao 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが324万品

しらすは栄養豊富な食材

しらすにはカルシウムやDHAなど、さまざまな栄養成分が含まれています。料理のアレンジレシピも豊富なので、野菜などと一緒に積極的に摂取してください。食べ過ぎには注意して、しらすの栄養効果に期待しましょう。

関連する記事

×