甘酒のカロリー・糖質は?ダイエットに効果的な飲み方や飲み過ぎるデメリットなど紹介!

【管理栄養士監修】甘酒のカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、甘酒のカロリー・糖質量を〈豆乳〉など他の飲料と比較しながら紹介します。甘酒の栄養素やダイエット効果にくわえ、効果的な飲み方や飲み過ぎるデメリットも紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 住吉彩
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”...
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”という思いから独立し、講座を主宰したり、講演、執筆、監修などを行っている。趣味は家庭菜園。万年ダイエッターを卒業するためのポイントをまとめたメルマガも配信中。

目次

  1. 甘酒の種類は?
  2. ①酒粕甘酒
  3. ②米麹甘酒
  4. 甘酒のカロリー・糖質量は?
  5. 甘酒(100g)のカロリー・糖質量
  6. 甘酒のカロリー・糖質量を他の飲み物と比較
  7. 酒粕甘酒は糖分など材料でカロリー・糖質が大きく変化する
  8. 甘酒の栄養価やダイエット効果は?
  9. ①オリゴ糖|整腸効果
  10. ②アミラーゼなど酵素|消化を補助する
  11. ③ビタミンB群|代謝の向上
  12. 甘酒のダイエット・糖質制限向けの選び方は?
  13. ①市販の甘酒は材料を確認する
  14. ②酒粕から手作りして飲む
  15. 甘酒の効果的な飲み方は?
  16. ①おやつの代わりに飲む
  17. ②ご飯と一緒に飲む
  18. 甘酒を飲み過ぎるデメリットは?
  19. ①糖分の過剰摂取
  20. ②アルコールの取りすぎ
  21. 甘酒は栄養豊富な飲み物

甘酒の種類は?

甘酒には、酒粕甘酒と米麹甘酒の2種類があります。それぞれの特徴や違いについて、説明していきます。

①酒粕甘酒

酒粕甘酒は、日本酒を作るときに出る「酒粕」を溶かして作られたものです。アルコール分が含まれていることと、そのままでは甘さがないので砂糖やハチミツといった糖分を混ぜて飲まれるということが特徴です。

②米麹甘酒

米麹甘酒は、米のデンプンをコウジ菌で糖化させて作られているため、米の自然な甘みがあります。また、酒粕甘酒とは違ってアルコール分は含まれておらず、コウジ菌によって作られたビタミンやアミノ酸などの栄養が豊富に含まれています。

米麹甘酒には腸内環境を整えたり肌を保湿したりする働きもあるため、「飲む点滴・美容液」と呼ばれることもあります。

甘酒のカロリー・糖質量は?

甘酒にはカロリーが高い、糖質が多いと思われがちですが、実際のカロリー・糖質量はどれくらいなのでしょうか。

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています

甘酒(100g)のカロリー・糖質量

カロリー 糖質
酒粕 227kcal 18.6g
酒粕甘酒 81kcal 4.7g
米麹甘酒 81kcal 17.9g

酒粕を原料とする甘酒は、そのままでは甘さがないため、砂糖などの糖分により甘み加えて飲むのが一般的です。そのため、甘酒100gあたりのカロリーは81kcalとなっていますが、どの程度砂糖やハチミツなどを入れるかによってカロリーは変わります。砂糖やハチミツを控えると、ダイエットでカロリーが気になるときにも安心して飲むことができます。


※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

甘酒のカロリー・糖質量を他の飲み物と比較

カロリー 糖質 脂質
甘酒 81kcal 17.9g 0.1g
牛乳 67kcal 4.8g 3.8g
豆乳(無調整) 46kcal 2.9g 2g

甘酒は牛乳や豆乳に比べるとカロリーや糖質が高いため、ダイエットや糖質制限をしている方には注意が必要です。しかし甘酒は栄養が豊富で、お菓子やジュースに比べると健康的な飲み物です。適量を守ればダイエット中や糖質制限中のおやつ代わりとして美味しく飲むことができます。

酒粕甘酒は糖分など材料でカロリー・糖質が大きく変化する

酒粕甘酒は、そのままでは甘さがないため砂糖など糖分を混ぜて飲むことが一般的です。砂糖など甘味料を多く入れれば、甘くなり飲みやすくなりますが、その分カロリーや糖質は多くなります。そのため、糖質制限・ダイエットなどしている方は、自分で調整するようにしてください。

例えば、はちみつは砂糖の1/3の量で同じ甘さを引き出すことが可能なので、はちみつで代替することによりカロリー・糖質をカットすることも可能です。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

甘酒の栄養価やダイエット効果は?

飲む点滴・飲む美容液と言われることから、甘酒には栄養が豊富であることがわかります。では、具体的にどのような栄養・効能があるのでしょうか。

①オリゴ糖|整腸効果

米麹甘酒に含まれるオリゴ糖は、善玉菌のエサとなります。善玉菌には、腐敗物質の生産や老化の一因となる悪玉菌の増殖を防ぐ働きがあるので、善玉菌が活性化すると腸内環境が整い、便秘解消や肌荒れの改善が期待できます。

②アミラーゼなど酵素|消化を補助する

コウジ菌は、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、ペクチナーゼなどの酵素を作ります。こうした酵素には、糖質やたんぱく質、脂質などの分解・消化を助けてくれる効能があるため、胃腸が疲れていると感じる時に飲むのもおすすめです。(※2)

③ビタミンB群|代謝の向上

コウジ菌は、酵素だけでなくビタミンも多く作り出します。その中でも多く作られるのが、ビタミンB群です。ビタミンB群は、炭水化物や脂肪の代謝を助け、効率的にエネルギーに変えるエネルギー代謝をサポートする働きを持っていて、このエネルギー代謝がきちんとできていないと、疲れを感じやすくなったり、疲労からくる免疫力の低下が起こったりします。

ビタミンB群を含む甘酒を飲みエネルギー代謝が促進されると、疲労回復にも良い効果が期待できます。

住吉彩

管理栄養士

甘酒には食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類がありますがバランスよく含まれているのも特徴です。食物繊維やオリゴ糖は、腸内環境整えてくれるので便秘や免疫力の向上にもつながります。

(*甘酒の栄養価や効能について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

甘酒の栄養価や効能は?美容・健康に効果的な飲み方や飲みやすいアレンジレシピも紹介!

甘酒のダイエット・糖質制限向けの選び方は?

ダイエットや糖質制限をしている人でも安心して美味しく甘酒を飲むためには、甘酒の選び方にポイントがあります。

①市販の甘酒は材料を確認する

市販の甘酒を買う場合には、どのような材料で作られているのかを確認してください。酒粕甘酒で飲みやすいように作られているものは、砂糖などが多く含まれていてカロリーが高くなっている可能性があります。特に糖質制限をしている人は、砂糖やハチミツがあまり含まれていないものを選ぶようにしましょう。

②酒粕から手作りして飲む

出典:https://cookpad.com/recipe/2510629

自分で甘酒を作ると自分でカロリーや糖質をコントロールできるので、特にダイエットや糖質制限をしている人におすすめです。

【作り方】
1、水を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら火を止めて、一口大にちぎった酒粕を鍋に入れ、10分放置。
2、お湯につけた酒粕が柔らかくなったら、再び火にかけ、酒粕がしっかり溶けるように、かき回しながら沸騰させる。
3、沸騰したら、砂糖と塩を入れてかき混ぜて、一煮立ちしたら完成

少ない材料で簡単に作ることができるので、継続的に作っていけるレシピです。甘酒の味に慣れていない場合は、初めは飲みやすい甘さで作り、慣れてきたら徐々に砂糖を減らしていくというように自分で工夫することもできます。

鍋ひとつで簡単♪酒粕で手作り甘酒の作り方 by hirokoh 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが325万品

甘酒の効果的な飲み方は?

栄養たっぷりの甘酒の効能をより生かすためには、どのようなタイミングで飲むのが良いのでしょうか。甘酒の効能をしっかり生かせる飲み方について紹介していきます。

①おやつの代わりに飲む

甘酒は甘くて満足感がある上、美容や健康にも嬉しい効果があるため、おやつとして他のお菓子を食べるよりも罪悪感なく飲むことができます。また、甘酒に含まれるブドウ糖は、数分で血液に入り血糖値を上げてくれるので、仕事や勉強による疲れを回復するという意味でもおやつにぴったりです。

ただし、酒粕甘酒にはアルコール分が含まれているため、お子さんのおやつにする場合には、アルコール分の含まれていない米麹甘酒を勧めましょう。

②ご飯と一緒に飲む

甘酒に含まれている酵素には、栄養素の消化・吸収をサポートする働きがあるため、食事の時に飲むと食べたものの消化がよくなります。オリゴ糖の整腸効果による便秘解消を期待するのであれば、朝ごはんのときに飲むことがおすすめです。甘酒を飲む時に野菜も一緒に摂取すれば、甘酒の糖質が緩やかに吸収されます。

住吉彩

管理栄養士

甘酒は栄養たっぷりなので健康やダイエットには良いですが、注意して頂きたいのが「飲み方」です。ついゴクゴクと飲んでしまいがちですが、糖質も多いので血糖値が急激に上がりすぎたり、水の代わりにするのは良くありません。1杯に少なくとも30分はかけて飲みたいですね。

(*甘酒を飲むのに良いタイミングはいつか詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

甘酒で太るかは飲み方次第!夜寝る前はNG?ダイエット向きの飲み方を紹介!

甘酒を飲み過ぎるデメリットは?

栄養満点の甘酒ですが、飲みすぎはよくありません。飲みすぎるとどのようなデメリットがあるのか、具体的に説明します。

①糖分の過剰摂取

嬉しい効果がたくさんある甘酒ですが、飲みすぎると糖分の摂りすぎになってしまいます。美容や健康、ダイエットのために甘酒を飲んでいたはずなのに、飲みすぎて太ってしまったということにもなりかねません。飲む点滴、飲む美容液と言われている甘酒ですが、飲みすぎには要注意です。

特に、健康上の都合で糖質制限をしている方は、医師とも相談の上で甘酒を飲むことをお勧めします。

②アルコールの取りすぎ

酒粕甘酒にはアルコールが含まれています。アルコール度数は1%未満ではありますが、お酒に強くない方は特に気をつけるべきでしょう。アルコールの含まれていない甘酒を飲みたい場合は、米麹甘酒の方が適しています。

甘酒は栄養豊富な飲み物

甘酒は、飲む点滴・飲む美容液と言われるだけあり美容にも健康にも嬉しい効能がたくさんあります。糖分も多めに含まれているので飲みすぎには注意して、効果的に取り入れていきましょう。

関連する記事

×