もやしを食べ過ぎるとどうなる?毎日一袋はNG?腹痛・下痢など症状の例も紹介!

もやしを食べ過ぎるとどうなるか知っていますか?今回は、もやしの食べ過ぎによる〈腹痛・下痢・便秘・気持ち悪い〉 など悪影響の例を原因とともに紹介します。もやしの食べ過ぎにならない量の目安や、適量食べた場合の効果・効能も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. もやしの食べ過ぎに注意?
  2. もやしを食べ過ぎるとどうなる?太ることはある?
  3. ①便秘や腹痛・下痢になる
  4. ②吐き気がする・気持ち悪いと感じる
  5. ③もやしだけの偏食は栄養バランスを崩す
  6. ④大豆アレルギーの症状が出る可能性がある
  7. ただ大豆だけで太ることは考えにくい
  8. もやしの食べ過ぎにならない量の目安は?毎日1袋はNG?
  9. もやしは多くても1日1袋であれば問題ない
  10. もやしの食べ過ぎによる症状の対処法・防止策は?
  11. 腹痛・下痢・便秘の症状がひどい場合は病院へ行こう
  12. もやしを適量食べた場合の効果・効能は?
  13. ①便秘を解消・予防
  14. ②免疫力が高まる
  15. ③むくみの解消
  16. ④抗酸化作用
  17. もやしは適度な量を食べよう

もやしに含まれるカリウムには、むくみの原因となる過剰なナトリウムを排出する働きがあります。炒め物やラーメンなど、塩分を多く摂ってしまいがちな料理に積極的に使うのがおすすめです。

④抗酸化作用

もやしに含まれるビタミンCには抗酸化作用があり、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞の予防に役立ちます。この抗酸化作用は、白血球の働きを強化するので、免疫力のアップにも効果があります。ビタミンC含有量は、大豆もやしより緑豆もやしの方が多いです。

(*もやしの栄養素や効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

もやしの栄養素・効能を3種類で比較!栄養を効率的に摂取する方法も紹介!

もやしは適度な量を食べよう

もやしを食べ過ぎたらどうなるかや、適量食べた場合の効果について紹介しました。もやしは低カロリーでダイエットにも役立つうえ、便秘の解消や免疫力アップなど健康に良い効果もたくさんあります。1日1袋までを目安に、もやしを上手に取り入れましょう。

関連する記事

×