ピクルスダイエットの効果や方法は?食べ過ぎのデメリットや痩せた口コミも紹介!

ピクルスダイエットを知っていますか?痩せるのでしょうか?そこで今回は、ピクルスダイエットの効果や正しい方法を、痩せた成功者の口コミを元に紹介します。ピクルスのダイエット向きのレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ピクルスダイエットとは?
  2. まずはピクルスのカロリー・糖質を見てみよう
  3. ピクルスのダイエット効果は?なぜ向いてる?
  4. ①代謝・血行がよくなる
  5. ②脂肪が溜まりにくくなる
  6. ③むくみ・便秘が改善されて血糖値の上昇が収まる
  7. ピクルスダイエットの方法・やり方は?
  8. ピクルスを毎日100g食べる
  9. ピクルスを食べるタイミングは食前・運動前
  10. ピクルスをタンパク質と一緒に食べる
  11. ピクルスの材料にはダイエット向きの野菜を使う
  12. ピクルスダイエットの注意点・デメリットは?
  13. ①ピクルスの食べ過ぎはNG
  14. ②ピクルスを食べるだけでなく運動も取り入れる
  15. ③よく噛んでゆっくり食べる
  16. ピクルスダイエットは効果ある?なし?【口コミ】
  17. ピクルスダイエットに成功した・痩せた人の口コミ
  18. ピクルスダイエットで痩せない・失敗した人の口コミ
  19. ピクルスのダイエット向きレシピを紹介!
  20. ダイエットピクルスの材料
  21. ダイエットピクルス作り方・手順
  22. ピクルスをうまく活用してダイエット!

ピクルスダイエットとは?

ピクルスは酢や砂糖、塩などを使ったピクルス液に野菜を漬けて作る漬物の一種で、パーティーメニューやお酒のおつまみとしても人気があります。ピクルスを使ったピクルスダイエットと呼ばれるものがありますが、これはどのようなダイエット方法なのでしょうか。

まずはピクルスのカロリー・糖質を見てみよう

100gあたり カロリー 糖質
ピクルス 13kcal 1.1g

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)

上記は、サワー型のきゅうりのピクルスのカロリーと糖質の数値です。ピクルスは、酢をベースにしたピクルス液に野菜を漬けて作るサワー型と、酢や砂糖を使った調味液に漬け込んで作るスイート型に大別されます。

サワー型のピクルスはスイート型よりも砂糖の使用量が少ない分カロリーや糖質が低いため、ダイエット目的で食べる場合はサワー型を選ぶのがおすすめです。

ピクルスのダイエット効果は?なぜ向いてる?

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1270003405/

野菜を酢漬けにして作るピクルスには、ダイエット効果がある様々な栄養素が含まれています。ここでは、ピクルスのダイエット効果を栄養素を交えながら紹介します。

①代謝・血行がよくなる

ピクルス液の酢に含まれているアミノ酸には、代謝や血行をよくする働きがあります。アミノ酸は筋肉の増量に役立ち基礎代謝を上げる効果が期待できます。また、アミノ酸は血液をサラサラにして血行を促す作用もある栄養素です。基礎代謝が上がり血行がよくなることで、痩せやすい体質に近付けるでしょう。

②脂肪が溜まりにくくなる

ピクルス液の酢に含有されるアミノ酸は、脂肪の蓄積を抑える働きをもつ栄養素です。アミノ酸は脂肪を分解する酵素であるリパーゼの働きを促進するうえに、悪玉コレステロールを分解する作用があります。酢に豊富に含まれるクエン酸にも体内の脂肪を溜まりにくくする効果があるため、アミノ酸とクエン酸の相乗効果によってダイエット効果が期待できます。

③むくみ・便秘が改善されて血糖値の上昇が収まる

ピクルスを食べるとむくみや便秘が改善されて、血糖値の上昇を抑制する効果が見込めます。酢には体内の余分な塩分を排出する利尿作用があるため、むくみの改善に繋がります。また、ピクルスの材料である野菜に含まれている食物繊維は、腸内環境を改善して便秘の解消に役立つうえに、血糖値の急上昇を妨げる働きをもつのが特徴です。

腸内環境が改善すると基礎代謝が上がり、血糖値の上昇を抑制することで体に脂肪を蓄えるインスリンの分泌量が減るため、ピクルスはダイエットに効果的な料理だと言えるでしょう。

ピクルスダイエットの方法・やり方は?

出典:https://twitter.com/abashiritarou/status/1413256069149724675?s=20

ピクルスでダイエットをする際には、どのような方法でピクルスを食べればよいのでしょうか。ここでは、ピクルスダイエットのやり方のポイントを説明します。

ピクルスを毎日100g食べる

ピクルスダイエットは、酢漬けにしたピクルスを毎日100gほど食べるシンプルな方法です。食べるピクルスは市販品でも手作り品でもよく、どのような種類の野菜でも構いません。ただし、市販品のピクルスは酢だけでなく砂糖も多く使われているものがあるので、購入する際は酢をベースに作られたサワー型のものを選ぶとよいでしょう。

関連する記事

×