玄米を食べ続けた結果|痩せた?腹持ちが良い・まずいなど口コミとともに紹介!

玄米を食べ続けた結果、どうなるのか知っていますか?今回は、玄米を食べ続けた結果を<痩せた・便通が良くなった>などメリットや<まずい・美味しくない・手間がかかる>などデメリット別に紹介します。食べやすい玄米や、玄米を食べ続けるための炊き方・下ごしらえ方法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 玄米を食べ続けるとどうなる?痩せた?
  2. 玄米を食べ続けた時の結果・メリットは?【口コミ】
  3. ①腹持ちが良く痩せた
  4. ②便通が良くなった
  5. ③血糖値が上がりにくく太りにくい
  6. ④価格が安く続けやすい
  7. 玄米を食べ続けた時の結果・デメリットは?【口コミ】
  8. ①まずい・美味しくない
  9. ②良く噛まないと効果が薄い
  10. ③炊飯前に24時間以上水につける必要があり手間がかかる
  11. ④玄米を食べるよりサプリメントの方が効率が良い
  12. 玄米を食べ続けるための下ごしらえ・炊き方を紹介!
  13. 玄米の炊き方・手順
  14. 玄米の食べやすい商品のおすすめを紹介!
  15. ①金芽ロウカット玄米 2kg(1,750円)
  16. ②玄米おむすび 45個セット(6,980円)
  17. 玄米を食べ続けた結果は少し大変だった

玄米を食べ続けるとどうなる?痩せた?

玄米は白米よりも栄養価が高く、体にいいものとして知られています。特徴の一つが食物繊維で、白米よりも多く含まれるため、ダイエットのために食べる方もいます。実際に白米から玄米に変えて食べ続けた場合、痩せられるのか、また白米と比べてどんな違いがあるのか紹介します。

玄米を食べ続けた時の結果・メリットは?【口コミ】

実際に白米から玄米に変えて食べ続けたことで起こる変化のうち、まずは良かったことを紹介します。実際に玄米を食べ続けた人の口コミも載せるので、玄米食べてみようと思う方は参考にしてみてください。

①腹持ちが良く痩せた

玄米はお米の籾殻を剥いていない状態で、食感は硬く、食べるには咀嚼回数が必要になります。また、消化が白米より良くないため、消化するのに時間がかかります。これらのことから玄米は満腹になりやすく腹持ちが良いので、間食が減り、その結果ダイエット効果を感じられる人もいるようです。

②便通が良くなった

玄米には白米に比べて約6倍もの食物繊維を含むので、便秘を解消したいと玄米を食べる人もいます。食物繊維には不溶性と水溶性の2種類があり、不溶性のものの特性は、体の中で水分を溜め込み膨らむことです。そのため、便に水分が含まれて柔らかい状態になるため、排出しやすくなります。

一方水溶性の食物繊維は、腸内に棲むビフィズス菌などの善玉菌の餌になるため、善玉菌が増えて腸内環境が良くなります。

③血糖値が上がりにくく太りにくい

玄米は白米に籾殻がついたままの状態のため、食物繊維が多く含まれています。そのため、白米を食べた時に比べると食後の血糖値の上昇が緩やかで、 糖が体に吸収されるのも緩やかになります。血糖値の上昇するスピードをGI値といい、白米と玄米のGI値を比較してみると、白米は88に対して玄米は55しかありません。

また血糖値を元に戻すためにはインスリンが必要になりますが、血糖値の上昇が緩やかな状態ならば、その分泌量も少なくて済みます。その結果、玄米は脂肪がつきにくく、ダイエットにも効果的です。

④価格が安く続けやすい

玄米と白米の相場の値段を比べた結果は、以下の通りです。

・玄米1kg あたり 600~1000 円程度
・白米 1kgあたり 400~500 円程度


玄米の方が白米より値段が高いのは、白米に比べて玄米の方が需要が少なく、作るのに手間がかかるためです。また、玄米には籾が付いているため、残留農薬を削減するための手間もかかります。ただし玄米と白米と値段が同じものもあり、その場合は玄米には籾殻が付いている分、約1割ほど玄米の方が量が多くなります。

また炊飯時には白米よりも水を多く入れるため、炊き上がりが白米の約1.5倍ほどに増えるので、かなりコストパフォーマンスが良いです。そうすると、玄米ご飯の価格は白米ご飯とほぼ同じだったり、かえって白米ご飯よりも安くなります。

玄米を食べ続けた時の結果・デメリットは?【口コミ】

関連する記事