シークワーサーの飲み過ぎはNG?飲むタイミングや1日の摂取量も紹介!

シークワーサーを飲み過ぎるとどうなるか知っていますか?今回はシークワーサーの飲み過ぎによる悪影響に加え、飲み過ぎにならない1日の摂取量の目安や飲むタイミングを紹介します。シークワーサーを適量飲んだ時の効果やレシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてください。

目次

  1. シークワーサーの飲み過ぎに注意?
  2. シークワーサーを飲み過ぎるとどうなる?
  3. ①腹痛・下痢の原因になる
  4. ②糖分の摂り過ぎにつながる
  5. ③防腐剤の摂り過ぎでアレルギーになる可能性がある
  6. シークワーサーの飲み過ぎにならない1日の摂取量の目安は?
  7. シークワーサーは原液で50〜100mlが摂取量の目安
  8. シークワーサーの飲み過ぎによる症状の対処法・防止策は?
  9. 症状がおさまらないようなら病院へ行こう
  10. シークワーサーを適量飲んだときの効果・効能は?
  11. ①血圧・血糖値の上昇を抑える
  12. ②ダイエット効果・肝機能改善
  13. ③血流の改善・免疫力アップにつながる
  14. シークワーサーの飲むタイミングやレシピのおすすめは?
  15. シークワーサーは空腹時を避ければOK
  16. シークワーサーを使ったレシピ①:シークワーサー炭酸割りジュース
  17. シークワーサーを使ったレシピ②:シークワーサー入りフルーツジュース
  18. シークワーサーは適量に抑えよう!

シークワーサーの飲み過ぎに注意?

酸っぱく爽やかな味が特徴のシークワーサーは、沖縄や台湾などで自生しているミカン科のフルーツです。酸味があり、健康によいイメージがありますが、シークワーサーを飲み過ぎるとどのような症状がでるのでしょうか。

シークワーサーを飲み過ぎるとどうなる?

シークワーサーは見た目はかぼすやすだちに似ていますが、香りが爽やかで少し苦みがあるのが特徴のフルーツです。シークワーサーの飲みすぎは良くないと言われていますが、ここではシークワーサーの飲み過ぎが原因で起こる症状について詳しく解説します。

①腹痛・下痢の原因になる

シークワーサーを飲みすぎると腹痛や下痢を起こすことがあり、これは柑橘系のポリフェノールであるヘスペリジンが原因と言われています。ヘスペリジンは体によい効能もありますが、摂り過ぎにより胃もたれや腹痛、下痢を起こすことがあります。

②糖分の摂り過ぎにつながる

フルーツには果糖が含まれているため、シークワーサーを飲み過ぎることで糖分の過剰摂取に繋がります。しかし、シークワーサーは他のフルーツに比べ糖分の量が比較的少なく、たくさん摂らない限りは過剰摂取にはなりにくいフルーツです。

③防腐剤の摂り過ぎでアレルギーになる可能性がある

シークワーサーを皮ごと絞ってジュースにする場合、防腐剤が使われているもので作ると、アレルギーになる可能性があります。これは輸入されている果物の中には防腐剤や防カビ剤、ワックスなどが塗られていることが多いからです。

シークワーサーの飲み過ぎにならない1日の摂取量の目安は?

シークワーサーの飲み過ぎで下痢や腹痛を引き起こしてしまうことがありますが、どの程度飲むのが適量なのでしょう。ここではシークワーサーの1日の摂取量の目安を説明します。

シークワーサーは原液で50〜100mlが摂取量の目安

シークワーサーの摂取量に特に決まりはありませんが、シークワーサーは原液で50~100mlが1日の摂取量の目安です。大きさにもよりますが、果汁は1個当たり5ml位程度で、100mlの原液を摂るためには20個前後のシークワーサーが必要になります。

シークワーサーの飲み過ぎによる症状の対処法・防止策は?

シークワーサーを飲み過ぎてしまった場合、対処法にはどのようなものがあるのでしょうか。ここではシークワーサーの飲み過ぎた場合の対処法や防止策を説明します。

関連する記事