ひまわり油は体に悪い・危険?効果・効能や正しい使い方やレシピのおすすめも紹介!

ひまわり油が体に悪い・危険と言われるのを知っていますか?今回は、ひまわり油が体に悪い・危険と言われる理由や正しい使い方・注意点に加え、効果・効能も紹介します。ひまわり油のレシピや市販商品のおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ひまわり油は体に悪い・危険って本当?嘘?
  2. まずはひまわり油とサラダ油・オリーブオイルとの違いを知ろう
  3. ひまわり油が体に悪い・危険と言われる理由は?
  4. ひまわり油にはトランス脂肪酸が多く含まれている種類がある
  5. アレルギー持ちの場合は症状が悪化する場合がある
  6. ひまわり油の正しい使い方や注意点は?
  7. ①炒め物や揚げ物料理に使用する
  8. ②美容に使用する
  9. ひまわり油を正しく使った時の効果・効能は?
  10. ひまわり油を使ったレシピを紹介!
  11. ①ドレッシング
  12. ②豆腐と野菜のソテー
  13. ③クッキー
  14. ひまわり油の市販商品おすすめを紹介!
  15. ①orkide (オルキデ) サンフラワーオイル 1000ml(419円)
  16. ②ズッキ ひまわり油(オーリオ ディ ジラソーレ) 1000ml(429円)
  17. ひまわり油は使い方に注意しよう!

①orkide (オルキデ) サンフラワーオイル 1000ml(419円)


*購入サイト|楽天市場*
orkide (オルキデ) サンフラワーオイル 1000ml(常温)

トルコの食用油メーカーであるオルキデが販売元の、ひまわり油です。1000mlの容量で400円ほどで購入できるので、はじめてひまわり油を使う人にもおすすめです。オルキデのひまわり油を調理に使うと、炒め物は歯ごたえがよく、揚げ物はさっくりとした食感に仕上がります。

②ズッキ ひまわり油(オーリオ ディ ジラソーレ) 1000ml(429円)


*購入サイト|楽天市場*
ズッキ ひまわり油(オーリオ ディ ジラソーレ) 1000ml ペットボトル

老舗のイタリアの食用油メーカーであるズッキが販売している、ひまわり油です。厳しい品種管理のもとで高い品種の植物油を製造しているので、安心して口にすることができます。口当たりがよいため、ドレッシングの材料にも適しています。オリーブオイルとともに料理に加えて、香りを引き立てて使うのもおすすめです。

ひまわり油は使い方に注意しよう!

ひまわり油はひまわりの種子を原材料として作られる油で、ビタミンEやオレイン酸などを豊富に含んでいます。食用として炒め物や揚げ物に使うほか、クレンジングオイルやヘアオイルなどに活用することも可能です。ただし、ひまわり油を使う際には、目的に合うものを選び使い方に注意する必要があります。ひまわり油を正しく使って、健康や美容に役立てましょう。

関連する記事