コストコのポップコーンのカロリー・糖質は?ダイエット中の食べ方も紹介!

コストコのポップコーンのカロリー・糖質を知っていますか?今回は、コストコのポップコーン(1袋)のカロリー・糖質を他のお菓子や<塩・キャラメル&チーズ>など味別で比較しつつ紹介します。コストコのポップコーンのカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット中の太りにくい食べ方も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. コストコのポップコーンのカロリー・糖質は高い?太る?
  2. コストコのポップコーンのカロリー・糖質を比較しつつ紹介!
  3. コストコのポップコーン(1袋)のカロリー・糖質
  4. コストコのポップコーンのカロリー・糖質を味別に比較
  5. コストコのポップコーンのカロリーを他のお菓子と比較
  6. コストコのポップコーンのカロリーを消費するのに必要な運動量
  7. コストコのポップコーンのダイエット中の太りにくい食べ方は?
  8. ①1日に半分くらいなら食べてOK
  9. ②15〜18時の間に食べる
  10. ③甘くするアレンジはしない
  11. コストコのポップコーンはカロリーに注意して食べよう

コストコのポップコーンのカロリー・糖質は高い?太る?

コストコで販売されているポップコーンは、大容量でコスパが良いカークランドシグネチャーのマイクロウェーブポップコーンや、1袋で二種類の味が楽しめるG.H.CRETORSのキャラメル&チーズなどが人気です。しかし、これらは安くて美味しいため、食べ過ぎて太ってしまわないか気になります。今回は、コストコのポップコーンのカロリーや糖質を紹介します。

コストコのポップコーンのカロリー・糖質を比較しつつ紹介!

コストコのポップコーンは、カロリーや糖質がどのくらい含まれているのでしょうか。気にせず食べ過ぎてしまうと、病気や肥満になってしまうので注意が必要です。ここでは、コストコのポップコーンのカロリーと糖質を詳しく紹介します。

コストコのポップコーン(1袋)のカロリー・糖質

1袋あたり カロリー 糖質
カークランドシグネチャー マイクロウェーブポップコーン(93.5g) 484kcal 50g

上記の表を見ると、コストコのマイクロウェーブポップコーンのカロリーと糖質は一般的なポップコーンと同等だとわかりました。一袋あたりの値は板チョコを2枚食べた時とほぼ同じなので、ダイエット中の方は注意しましょう。

コストコのポップコーンのカロリー・糖質を味別に比較

1袋あたり カロリー 糖質
カークランドシグネチャー マイクロウェーブポップコーン(93.5g) 484kcal 47g
G.H.CRETORS(737g) 3,421kcal 414g

コストコで人気の2種類のポップコーンのカロリーと糖質を比較してみると、G.H.CRETORSの方が量が多いため高い数値となっていますが、同じ量で計算した場合はほぼ同じです。しかし、G.H.CRETORSのキャラメル&チーズは甘じょっぱい味付けで後を引きがちなので、食べ過ぎを防ぎたいならカークランドシグネチャーのポップコーンをおすすめします。

コストコのポップコーンのカロリーを他のお菓子と比較

100gあたり カロリー 糖質
カークランドシグネチャー マイクロウェーブポップコーン 518kcal 50g
ぱりんこ 514kcal 63.7g
カルビーポテトチップス うすしお 554kcal 50.5g
Jagabee 582.5kcal 50g

コストコのポップコーンと人気のスナック菓子類の100g当たりのカロリーと糖質を比較してみると、若干低い値だとわかりました。これはポップコーンは油で揚げていないため、ポテトチップスに比べて脂質が低いからです。せんべい菓子のぱりんこもスナック菓子の中ではヘルシーと言えますが、糖質が高いため間食に食べる際は注意しましょう。

コストコのポップコーンのカロリーを消費するのに必要な運動量

運動方法 時間
ウォーキング 約105分
ジョギング 約40分
自転車 約80分
ストレッチ 約120分
階段登り 約60分
掃除機かけ 120分

コストコのポップコーンのカロリーを消費するために必要な運動量は上記の通りで、1袋当たり484kcalで計算しています。コストコのポップコーンを1袋食べきってしまうと、カロリーを消費するのにかなりの運動量が必要です。日常生活でもカロリーは消費されますが、ダイエット中の方はポップコーンの食べ過ぎに気を付けるようにして下さい。

コストコのポップコーンのダイエット中の太りにくい食べ方は?

間食に人気のコストコのポップコーンは、ダイエット中の方は控えた方が良いのでしょうか。食事制限をしているダイエット中の方でも、無性に食べたくなることがあるかもしれません。ここでは、ポップコーンの太りにくい食べ方を紹介します。

①1日に半分くらいなら食べてOK

コストコのポップコーンは、1日に1袋の半分くらいなら食べても大丈夫です。太りにくい間食の目安は200kcalとされており、ポップコーン1袋の半分弱がこのカロリーに相当します。ポップコーンを袋ごと食べると量がわかりにくいので、ダイエット中の方はお皿に出してから食べるようにしましょう。

②15〜18時の間に食べる

コストコのポップコーンを間食にするなら、15~18時の間に食べるのもおすすめです。時間遺伝子が作り出すBMAL1と呼ばれるタンパク質は、脂肪を溜め込む働きをしています。

BMAL1の量は時間によって変わり、一番少なくなるのが15時前後なのが特徴です。また、一番量の多い時間帯は夜中の2時〜3時のため、夕食を食べてからの間食は出来るだけ控えましょう。

③甘くするアレンジはしない

コストコのポップコーンは甘くアレンジするとより美味しく食べられますが、ダイエット中の方にはあまりおすすめできません。チョコレートやキャラメル・蜂蜜など絡めてアレンジをすると、カロリーや糖質が倍増してしまいます。どうしてもアレンジをしたい場合は、低カロリーの甘味料を使ったりポップコーンの量を調整したりするようにしましょう。

コストコのポップコーンはカロリーに注意して食べよう

コストコのポップコーンはカロリーや糖質は一般的なスナック菓子と同等で、食べ過ぎたり間食を頻繁にしたりすると太ってしまうことがわかりました。このためダイエット中の方は1日に食べて良い量を決めて、カロリーや糖質に気を付けながらコストコのポップコーンを味わいましょう。今回紹介した運動の消費カロリーや、太りにくい食べ方も参考にしてみて下さい。

関連する記事