朝マックのカロリー【低い順】ダイエット向きメニューを紹介!

朝マックのメニュー別のカロリーを知っていますか?ダイエット中でも食べられるメニューはあるのでしょうか?今回は、朝マックのカロリーを〈バーガー・サイドメニュー・ドリンク〉でメニュー別に低い順のランキング形式で紹介します。朝マックの低カロリーに抑える組み合わせや、ダイエット向きの太りにくい食べ方も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. 朝マックで一番低カロリーなのは?ダイエット向きメニューはある?
  2. 朝マックのメニュー【バーガー】のカロリー・糖質ランキング
  3. ベーコンエッグマックサンド(292kcal/200円)
  4. 朝マックのメニュー【サイドメニュー】のカロリー・糖質ランキング
  5. サイドサラダ(10kcal/280円)
  6. 朝マックのメニュー【ドリンク】のカロリー・糖質ランキング
  7. ホットドリンクメニューのカロリー・糖質ランキング
  8. アイスドリンクメニューのカロリー・糖質ランキング
  9. 朝マックで低カロリーに抑えるダイエット向きな組み合わせは?
  10. ①400kcal以下で抑える場合
  11. ②500kcal以下で抑える場合
  12. ③600kcal以下で抑える場合
  13. 朝マックでダイエット向きの食べ方は?
  14. ①最初に野菜・サラダを食べる
  15. ②起床後1時間以内に朝マックを食べる
  16. ③よく噛んで食べる
  17. ④ハンバーガーをひと口ごとにドリンクと交互に飲食する
  18. ⑤セカンドミール効果を狙う
  19. 朝マックのカロリーに注意しよう

朝マックで一番低カロリーなのは?ダイエット向きメニューはある?

出典:https://twitter.com/boochannel_old/status/1434282229002240002

マクドナルドの朝マックには、カロリーの低いダイエット向きなメニューはあるのでしょうか。朝マックのメニューで1番カロリーが低い商品や、ハッシュポテトなど人気メニューを取り入れたダイエット向きな組み合わせについて解説します。

朝マックのメニュー【バーガー】のカロリー・糖質ランキング

商品名(値段) カロリー 糖質 一日のカロリー摂取量に占める割合
半熟たまご 76kcal 0.2g 3%
ベーコンエッグマックサンド(200円) 292kcal 25.3g 13%
ホットケーキ(300円) 301kcal 49.5g 14%
エッグマックマフィン(200円) 311kcal 25.4g 14%
フィレオフィッシュ(340円) 323kcal 33.7g 15%
チキンクリスプマフィン(140円) 364kcal 34.5g 17%
ソーセージマフィン(110円) 395kcal 25.5g 18%
マックグリドル ベーコンエッグ(300円) 396kcal 40.6g 18%
マックグリドル ソーセージ(150円) 420kcal 40.3g 19%
ソーセージエッグマフィン(250円) 475kcal 25.6g 22%
ホットケーキ バター・シロップ込(300円) 482kcal 79.7g 22%
月見マフィン(330円) 509kcal 26.2g 23%
マックグリドル ソーセージエッグ(300円) 550kcal 40.7g 25%
ビッグブレックファスト(400円) 659kcal 37.0g 30%
メガマフィン(350円) 695kcal 29.2g 32%
ビッグブレックファスト ジャム・バター・シロップ込(400円) 878kcal 76.5g 40%
ビッグブレックファスト デラックス(600円) 960kcal 86.4g 44%

*公式データです
*1日の摂取量は成人男性の目安です。

上記の表は朝マックのバーガーメニューのカロリーと糖質含有量を調査し、一日のカロリー摂取量に占める割合を算出した上で、カロリーが低い順の一覧にしたものです。朝マックのバーガーメニューのほとんどが、朝食として適正カロリーの範囲内であることがわかります。

ベーコンエッグマックサンド(292kcal/200円)

出典:https://twitter.com/weeklyascii/status/981802384954290176

カロリー 糖質 脂質 タンパク質
292kcal 25.3g 13.3g 15.9g

朝マックのバーガーの中で最もカロリーが低いメニューは、ベーコンエッグマックサンドです。ベーコンエッグマックサンドは、柔らかい食感のバンズに食べ応えのあるベーコン・目玉焼き・チーズをサンドした商品です。

マフィンのメニューが多い朝マックの中で、バンズを使用したバーガーが食べられる数少ないメニューとして人気があります。ベーコンエッグマックサンドは、ベーコンや卵、チーズによって良質なタンパク質と共に複数のアミノ酸が摂取できる栄養価の高いメニューです。

糖質制限中の1食あたりの糖質の摂取量の目安は20g~40gなので、ベーコンエッグマックサンドの糖質量は理想的な摂取量に収まります。そのため、糖質制限ダイエット中の朝食として適しているメニューだと言えるでしょう。ビタミンや食物繊維が少ないメニューなので、サイドメニューやドリンクで補うとさらに栄養バランスが整います。

朝マックのメニュー【サイドメニュー】のカロリー・糖質ランキング

商品名(値段) カロリー 糖質 一日のカロリー摂取量に占める割合
サイドサラダ(280円) 10kcal 1.5g 0%
ヨーグルト(190円) 59kcal 9.6g 3%
えだまめコーン(250円) 83kcal 6.7g 4%
ハッシュポテト(130円) 145kcal 11.8g 7%
プチパンケーキ(200円) 161kcal 25.1g 7%
ホットアップルパイ(100円) 211kcal 25.8g 10%
ホットアップルカスタードパイ(150円) 265kcal 27.4g 12%
チキンマックナゲット5ピース(200円) 270kcal 12.2g 12%
ハワイアンパンケーキ3種のベリーソース(290円) 274kcal 47.2g 12%
チキンマックナゲット15ピース(580円) 810kcal 36.6g 37%

上記の表は朝マックのサイドメニューのカロリーと糖質含有量を調査し、一日のカロリー摂取量に占める割合を算出した上で、カロリーの低い順に一覧にしたものです。朝マックで人気のあるハッシュポテトは、サイドメニューの中では比較的カロリーの低いメニューです。

サイドサラダ(10kcal/280円)

出典:https://twitter.com/YuiChapi003423/status/1386572299160023043

カロリー 糖質 脂質 タンパク質
サラダのみ:10kcal 1.5g 0.1g 0.5g
玉ねぎドレッシング付:17kcal 2.6g 0.1g 0.9g
焙煎ごまドレッシング付:111kcal 3.7g 10g 1g

朝マックのサイドメニューの中で最もカロリーが低いのは、サイドサラダです。別添えのドレッシングは、玉ねぎドレッシングと焙煎ごまドレッシングの2種から選ぶことができます。玉ねぎドレッシングをかけた場合は、カロリーや栄養にほとんど影響がありません。

玉ねぎドレッシングが苦手な場合は、塩・こしょうを貰って味を付けることも可能であり、この場合のカロリーは何もかけないサイドサラダの数値と同じです。焙煎ごまドレッシングを全量使うとカロリーが10倍以上も増加する上に脂質の摂り過ぎになるため、ダイエット中には少量の使用に留めましょう。

サイドサラダは、ビタミンが豊富な野菜を摂るために積極的に取り入れたいメニューです。朝マックのバーガーメニューは三大栄養素を摂ることができますが、ビタミンが不足しがちなのが特徴です。ビタミンが足りないと、食事の栄養をエネルギーや筋肉に変換することができずに脂肪として蓄えやすくなるので、ダイエット中はサイドサラダを注文するとよいでしょう。

朝マックのメニュー【ドリンク】のカロリー・糖質ランキング

出典:https://twitter.com/yfreds/status/821888934569312256

朝マックにはバーガーやハッシュポテトなどによく合うドリンクが多数揃っていますが、カロリーの低いドリンクはあるのでしょうか。ここでは、朝マックのドリンクメニューのカロリー・糖質ランキングを、ホットとアイス別に紹介します。

関連する記事