朝マックのカロリー【低い順】ダイエット向きメニューを紹介!

朝マックのメニュー別のカロリーを知っていますか?ダイエット中でも食べられるメニューはあるのでしょうか?今回は、朝マックのカロリーを〈バーガー・サイドメニュー・ドリンク〉でメニュー別に低い順のランキング形式で紹介します。朝マックの低カロリーに抑える組み合わせや、ダイエット向きの太りにくい食べ方も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. 朝マックで一番低カロリーなのは?ダイエット向きメニューはある?
  2. 朝マックのメニュー【バーガー】のカロリー・糖質ランキング
  3. ベーコンエッグマックサンド(292kcal/200円)
  4. 朝マックのメニュー【サイドメニュー】のカロリー・糖質ランキング
  5. サイドサラダ(10kcal/280円)
  6. 朝マックのメニュー【ドリンク】のカロリー・糖質ランキング
  7. ホットドリンクメニューのカロリー・糖質ランキング
  8. アイスドリンクメニューのカロリー・糖質ランキング
  9. 朝マックで低カロリーに抑えるダイエット向きな組み合わせは?
  10. ①400kcal以下で抑える場合
  11. ②500kcal以下で抑える場合
  12. ③600kcal以下で抑える場合
  13. 朝マックでダイエット向きの食べ方は?
  14. ①最初に野菜・サラダを食べる
  15. ②起床後1時間以内に朝マックを食べる
  16. ③よく噛んで食べる
  17. ④ハンバーガーをひと口ごとにドリンクと交互に飲食する
  18. ⑤セカンドミール効果を狙う
  19. 朝マックのカロリーに注意しよう

朝マックでダイエット向きな食べ方をするためには、どのような工夫をすれば良いのでしょうか。朝マックでバーガーやハッシュポテトなど好きなものを食べても太りにくい、ダイエット効果の高い食べ方を紹介します。

①最初に野菜・サラダを食べる

簡単に実践できるダイエット向きな朝マックの食べ方は、最初にサラダなどの野菜類から食べることです。野菜は血糖値の上昇が緩やかな食品であり、食事の最初に食べることで血糖値の乱高下を防ぐことが可能です。

空腹時に糖質を多く含む飲食物から食べ始めると、血糖値が急激に上昇し、血糖値を下げるためのインスリンが過剰に分泌されます。インスリンは脂肪の合成を促進するため、過剰に分泌されると太りやすくなる上に、血糖値が急降下して十分な食事を摂ってもすぐに空腹感を覚えます。

食物繊維は食べ物の消化を穏やかにするので、野菜を最初に食べることは、血糖値の安定と満腹感の持続のために重要なポイントです。さらに腸での脂肪吸収を阻害する作用によって、朝マックのハッシュポテトなどで多少脂質を多く摂取しても、余分な脂肪が排出されやすくなります。

②起床後1時間以内に朝マックを食べる

太りにくい身体づくりの観点からは、朝起きて1時間以内に朝食として朝マックを食べるとダイエットに効果的です。起床してすぐに朝日を浴びた後、十分な量の朝食を摂ることで、体内時計がリセットされて全身が1日の活動に備えることができます。

体内が準備万端であれば、内臓での消化吸収がスムーズに行われ、全身で効率よくエネルギーを消費することが可能です。その結果エネルギー代謝が上がり、カロリーの高いポテトなどを食べても太りにくくなるので、ストレスの少ない効率的なダイエットができます。

また、起床後1時間以内に朝食を摂ることによる体温の上昇も、ダイエットの効率を上げる大切な要素です。体温が1℃上がると、基礎代謝による1日の消費カロリーが13%増えると言われています。

③よく噛んで食べる

朝マックを食べる時はつい早食いになりがちですが、ダイエットを意識するのであればよく噛んで食べることが重要です。よく噛むことによって食欲をコントロールする神経が刺激され、満腹感を感じやすくなり食べ過ぎを防ぐ効果が期待できます。

また、よく噛むと唾液が分泌されて消化を助けるので、胃腸の負担を軽減します。早食いをすると消化が不十分な食物が腸に流れて、腸内環境の悪化に繋がりかねません。腸内環境が悪いと、エネルギーを消費するために必要なビタミンやミネラルの吸収が阻害されるため、食事のカロリーを消費しにくくなります。

よく噛んで消化を補助し、腸内環境を良好に保つことで、エネルギー消費の向上と共に老廃物の排泄が促進されます。滞りなく排泄が行われると、浮腫みやお腹の張りが解消してスリムな体型に近付けるでしょう。

④ハンバーガーをひと口ごとにドリンクと交互に飲食する

太らないためには時間をかけて食べることが重要ですが、そのためにはひと口ごとに手を置き、ドリンクを口に含むことが効果的です。早食いの癖がある人は、食べ物を飲み込んだ後すぐに次のひと口を咀嚼するのが特徴です。食べ進むうちに無意識に噛む回数が減り、次々と口に食べ物を運んで食事速度が加速する傾向があります。

ひと口ごとに手を置くことで、意識して噛む回数を増やすことが可能です。また、ドリンクを口に含むと口内がリセットされるので、目の前の食事に集中した意識を逸らすことができます。自然と食事時間を長く取れるので、無理なく早食いを防止するために有効な一工夫だと言えるでしょう。

さらに、食事中に一息ついてリラックスすることを繰り返すと、副交感神経が優位になって満腹感を得られやすくなります。食事中に適宜水分を摂ることは、胃の中の食べ物が水分を含んで消化されやすくなる点で、胃腸機能の補助としても有効な手段です。

⑤セカンドミール効果を狙う

朝マックには、セカンドミール効果を狙う食事として適したメニューが豊富に揃っています。セカンドミール効果とは、朝食の食べ方を工夫することによって、その後の昼食や間食による血糖値の変動を安定させることを指します。一日の最初の食事の内容が、それ以降の食事の血糖値に影響するとの研究結果から提唱された考え方です。

セカンドミール効果を得るためには、朝食でタンパク質や脂質、食物繊維が豊富な食品を積極的に摂ることが重要です。糖質は控えめにして、血糖値が上がりにくい低GI値の食品を選ぶ必要があります。朝マックのメニューでこれらを満たすことが可能なので、セカンドミール効果を意識して食事を選ぶと健康的なダイエットができます。

朝マックのカロリーに注意しよう

朝マックはメニューの選び方や食べ方に気を付ければ、朝食として適切なカロリーを摂取できるメニューが多数あります。朝マック限定商品として人気のハッシュポテトも、食べ方を工夫すればダイエット中でも太る心配なく食べることができます。朝マックで朝食を摂る際は、カロリーや栄養バランスに注意してメニューを選びましょう。

関連する記事