烏龍茶の飲み過ぎはヤバイ?下痢・便秘や貧血の原因に?1日の適量も紹介!

烏龍茶を飲み過ぎるとどうなるか知っていますか?今回は烏龍茶の飲み過ぎによる(貧血・太る・下痢・胃痛・眠れない・頭痛・吐き気・気持ち悪い)など悪影響の例を原因とともに紹介します。烏龍茶の飲み過ぎにならない1日の摂取量の目安や、適量飲んだ場合の効果・効能も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 烏龍茶の飲み過ぎに注意?
  2. 烏龍茶を飲み過ぎるとどうなる?
  3. ①腹痛・下痢になる
  4. ②胃痛が起きる
  5. ③貧血になる
  6. ④太る可能性が高くなる
  7. ⑤眠れない状態が続く・頭痛が出る
  8. ⑥むくみが出てしまう
  9. ⑦吐き気がする・気持ち悪いと感じる
  10. ⑧喉に違和感を覚える
  11. ⑨便秘になる
  12. 烏龍茶の飲み過ぎにならない1日の摂取量の目安は?
  13. 烏龍茶は1日コップ2~3杯が適量
  14. 烏龍茶を適量飲んだ場合の効果・効能は?
  15. 烏龍茶の効果的な飲み方は?
  16. 烏龍茶は適度な量を飲もう

烏龍茶の飲み過ぎに注意?

烏龍茶は中国茶の一種として日本でもなじみのあるお茶です。黒烏龍茶という種類も登場し健康に良いと人気が上がっていますが、烏龍茶は常飲するとヤバイという声もあります。ここでは、烏龍茶の知っておきたい飲み方と効果効能について紹介するので参考にしてください。

烏龍茶を飲み過ぎるとどうなる?

飲みやすい中国茶で、健康に良いと親しまれている烏龍茶ですが、最近は黒烏龍茶も販売され愛飲家も増えています。烏龍茶は飲み過ぎると身体にどのような症状を引き起こすのでしょうか。ここでは飲み過ぎると起こる症状について9つに分けて説明します。

①腹痛・下痢になる

烏龍茶には殺菌効果の強いカテキン、胃腸を刺激するカフェインが含まれるため、飲み過ぎると腹痛や下痢を引き起こします。また、冷たい烏龍茶で体が冷えてしまったり、単純に水分の摂り過ぎが原因となることもあります。

②胃痛が起きる

烏龍茶は刺激が強い飲み物で、飲み過ぎは胃痛に繋がることがあるため気を付けましょう。烏龍茶に含まれるタンニンやカフェインは胃液の分泌を促進させる作用があります。烏龍茶の過剰摂取により、それらの成分の影響で胃を保護する粘膜のバランスが崩れ、胃壁が傷つき胃痛を引き起こします。特に、空腹時は胃に負担がかかりやすいので注意が必要です。

③貧血になる

烏龍茶に含まれるタンニンが鉄の吸収を妨ぐため、体内の鉄分吸収バランスが崩れます。烏龍茶の摂取量が多いとより吸収バランスを崩してしまい、貧血を起こす要因になります。貧血症状を起こさないために飲み過ぎないようにしましょう。

④太る可能性が高くなる

ダイエット効果を期待して烏龍茶を取り入れることはおすすめですが、烏龍茶の飲み過ぎは前述した通り、下痢症状を起こす要因となってしまいます。下痢を起こすことにより、体が栄養を蓄えようと反応するため、かえって太りやすくなります。

また、鉄分の吸収が阻害されることや、身体の冷えは貧血や下痢に繋がるだけでなく、代謝が落ち痩せにくくなってしまうのです。

⑤眠れない状態が続く・頭痛が出る

烏龍茶には他の茶葉と同様に、お茶に含まれるカフェインの成分があります。カフェインは眠気覚ましとともに脳の血流を抑えると言われ、カフェインの摂取が多いと眠気覚ましが働き寝れない状態を起こすのです。また、カフェインが体内から出ていくと今度は抑えられていた血流が戻りだすため、勢いを取り戻し活発になることで頭痛が起きます。

⑥むくみが出てしまう

烏龍茶もその他の水分と同じように飲み過ぎるとむくみの症状がでます。烏龍茶は利尿作用があり適量であればむくみ予防に効果的とされていますが、飲み過ぎると身体から水分とともにミネラルも排出されてしまいます。特にカリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが不足するとむくみやすくなるため注意してください。

⑦吐き気がする・気持ち悪いと感じる

吐き気や気持ち悪いという症状には、様々な要因が考えられます。烏龍茶を摂取したことにより起こる貧血症状や粘膜が傷ついたために起こる胃の違和感などです。黒烏龍茶は普通の烏龍茶に比べると含まれる成分の含有量が濃いので適量以下でも起こることがあります。黒烏龍茶を飲むときは特に飲み過ぎないようにすることが必要です。

⑧喉に違和感を覚える

烏龍茶は飲み過ぎと烏龍茶に含まれるポリフェノールが油分解の作用を促し、喉に必要な油分も奪ってしまう恐れがあります。その作用により喉の潤いが失われ乾いたように感じ、その後さっぱりした感じから症状がひどくなるとイガイガとした違和感になるのです。

⑨便秘になる

烏龍茶は便秘解消の効果があると言われていますが、逆に飲み過ぎると便秘になる可能性があります。烏龍茶の摂取量が増えることにより利尿作用が活発になり、水分だけが排出されるため便が硬くなってしまいます。さらに、タンニンは腸の蠕動運動を抑制する働きがあるため、過剰摂取は便秘に繋がると言えるでしょう。

烏龍茶の飲み過ぎにならない1日の摂取量の目安は?

烏龍茶の1日の摂取量はどのくらいがよいのでしょうか。烏龍茶は飲み過ぎると身体に良くない様々な症状を引き起こすため、1日に摂取する適量を知っておく必要があるのです。ここでは烏龍茶が飲み過ぎにならない1日の摂取量の目安はどのくらいなのかを紹介します。

烏龍茶は1日コップ2~3杯が適量

烏龍茶の摂取量の目安は1日コップ2~3杯が適量と言われおり、食事の際に1杯飲む程度が適量だと言えるでしょう。さらに常温で飲むようにする、あるいは温めて飲むことで体への負担を減らすことができ、より烏龍茶の効能を享受できます。

ただ、カフェインの含有量という観点でみると、成人のカフェイン摂取量は1日あたり400mgで、烏龍茶に置き換えると1L程度であれば問題はないので、コップ2〜3杯以上飲んだからと言って過敏に心配する必要はありません。個人差もあるので、自身の体調と照らし合わせて飲むようにしましょう。

烏龍茶を適量飲んだ場合の効果・効能は?

烏龍茶は身体にどのような利点があるのか、烏龍茶を適量飲んだ場合の効果・効能について紹介します。

・脂肪の分解、吸収を抑える
・ダイエット効果
・歯周病、虫歯ケア
・リラックス効果
・年齢に応じたエイジングケア


烏龍茶は適量を守って飲むことで脂肪の分解、吸収を抑えダイエットに効果的です。さらに、美肌や口内等、身体のトラブルケアができると言われています。また、烏龍茶は花やフルーツのような香りがあり、リラックス効果が実感できます。

(*烏龍茶の効果、効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

烏龍茶の効果効能は?美容・ダイエットに効く飲み方や飲み過ぎの注意点など紹介!

烏龍茶の効果的な飲み方は?

烏龍茶は、健康効果が期待できる身体によいお茶として知られています。烏龍茶の最も効果的な飲み方は以下の通りです。

・食事と一緒に摂る
・温かい烏龍茶を飲む
・運動前に飲む


烏龍茶の効果を実感する飲み方は、空腹時を避け食事と一緒に飲むようにすることです。烏龍茶には消化を助ける働きがあるため、揚げ物など油分の多い料理の時に取り入れるのがおすすめです。

また、身体を温めると脂肪分解効果が高まると言われているため、烏龍茶はホットにして飲むようにしましょう。また、烏龍茶には基礎代謝を上げる働きもあるとされており、運動と併せて摂取することでダイエット効果の向上が期待できます。

(*烏龍茶の効果的な正しい飲み方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

烏龍茶ダイエットの効果と正しい飲み方は?痩せた口コミとともに紹介!

烏龍茶は適度な量を飲もう

烏龍茶は香りがよく、元気な毎日を送るための健康効果が期待できるおいしいお茶です。空腹時を避け、適量を守り、飲み過ぎないようにすることで体調を害することなく烏龍茶を楽しむことができます。飲み過ぎの注意点を理解し、烏龍茶の効果・効能の期待できる飲み方を取り入れてください。

関連する記事