緑茶のダイエット効果とは?痩せる?正しいやり方を口コミと紹介!

緑茶ダイエットを知っていますか?痩せるのでしょうか?今回は、緑茶成分のダイエットの効能や、効果的な飲むタイミング・量などやり方を、痩せた口コミとともに紹介します。緑茶ダイエットの注意点や飲み方レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 緑茶はダイエット向き?痩せる?
  2. まずは緑茶のカロリーを見てみよう
  3. 緑茶にあるダイエット効果・効能は?
  4. ①カテキン
  5. ②カフェイン
  6. ③EGCG
  7. 緑茶のダイエットの効果的なやり方は?
  8. 緑茶を飲むタイミングは食後か運動前
  9. 緑茶の飲む量と種類
  10. 緑茶の淹れ方は「氷水出し」がおすすめ【ためしてガッテン流】
  11. 緑茶ダイエットは効果ある?【口コミ】
  12. 緑茶ダイエットで痩せた人の口コミ
  13. 緑茶ダイエットで痩せない人の口コミ
  14. 緑茶ダイエットのデメリット・注意点は?
  15. 緑茶の飲み過ぎには注意
  16. 緑茶のダイエット向きの飲み方・レシピ
  17. ①緑茶コーヒー
  18. ②レモン緑茶
  19. ③緑茶ゼリー
  20. 緑茶でダイエットを成功させよう

緑茶はダイエット向き?痩せる?

ダイエットを成功させるうえで、何を飲むかは大事な要素の1つです。飲むからには栄養成分や脂肪燃焼効果のあるものを選びたいと考えると、緑茶が適しているかが気になるところです。ここでは、緑茶はダイエット向きか否かについて説明します。

まずは緑茶のカロリーを見てみよう

カロリー 糖質
緑茶(100g) 0kcal 0g

上記は、一般的な緑茶のカロリーと糖質を表しています。煎茶100gは2kcal、同量の玉露茶は5kcalと種類によって若干の違いがあります。緑茶はどの種類でも糖質が含まれないことは共通しているものの、カロリーには若干の違いがあるのでダイエット効果を得るためには緑茶の種類の選び方には注意が必要です。

緑茶にあるダイエット効果・効能は?

緑茶には以下のようなダイエット効果があるといわれています。

・利尿作用
・むくみの予防と改善
・脂肪燃焼
・脂肪の吸収抑制
・血糖値の上昇を緩やかにする
・コレステロール値を改善する
・デトックス効果


上記のようなダイエット効果が得られるのは、緑茶に様々な栄養成分が含まれているからです。食事制限をしている人は、緑茶で足りない栄養成分を補えるかもしれません。ここでは緑茶に含まれている、ダイエットに効果のある栄養成分について説明します。

①カテキン

カテキンには以下のような効果があります。

・血糖値の上昇を抑制する
・抗菌
・殺菌作用
・抗ウイルス作用
・活性酸素の除去
・コレステロール値の抑制


ポリフェノールの1つであるカテキンには上記の効果があるものの、中でも血糖値の上昇を穏やかにする作用がダイエットに役立ちます。食事をすると血糖値が急上昇するため、それを適正に戻るためにインスリンが膵臓から分泌されます。インスリンには脂肪をため込む働きがあるため、その分泌を抑えることがダイエットにつながるのです。

②カフェイン

カフェインは以下の効果があることで知られています。

・覚醒作用
・利尿作用
・血管拡張作用
・興奮作用


覚醒して交感神経が刺激されると利尿作用が促されるので、むくみの改善や予防につながるのです。またカフェインの覚醒作用によって血流がよくなるので、基礎代謝の向上効果も期待できます。運動前にカフェインを摂取すると脂肪燃焼効果を促してくれるので、ダイエットにも役立つといえるでしょう。

③EGCG

EGCG(エピガロカテキンガレート)には、以下の効果があるとされています。

・体脂肪の蓄積予防
・体脂肪の燃焼促進


緑茶にはカテキンの1つであるEGCGが含まれており、脂肪酸を作り出すリポタンパク質リパーゼの働きを阻害することで体脂肪の蓄積を防ぎます。一方でEGCGは中性脂肪の分解をサポートするホルモン感受性リパーゼを活性化させ、脂肪燃焼を促す効果があると注目を集めているのです。

緑茶のダイエットの効果的なやり方は?

緑茶ダイエットを成功させるためには、その栄養成分が効果を発揮できるように飲む必要があります。緑茶はカロリーはないもののカフェインは含まれているので、飲み方には注意が必要です。ここでは、緑茶ダイエットの効果的なやり方を説明します。

緑茶を飲むタイミングは食後か運動前

ダイエット効果を期待するなら、緑茶を飲むタイミングは食後か運動前がおすすめです。緑茶には血糖値の上昇を穏やかにする働きがあるので、食後に飲むことでインスリンの分泌が抑えられれば脂肪の蓄積を妨げられます。運動前に飲むのがおすすめなのは、カテキンやカフェインなどの成分が脂肪燃焼や分解を促す働きを持つからです。

緑茶の飲む量と種類

緑茶にも色々な種類があり、摂取できる栄養成分が異なるので飲み方には配慮が必要です。ダイエットに効果を発揮するためには1日にカテキンを500mg以上摂取するのがよいとされているので、普通に淹れた煎茶なら1日に湯飲み10杯程度が適量と考えられます。

緑茶には粉茶と呼ばれる茶葉を粉末にしたものが販売されていますが、これは栄養成分をすべて摂取できるのでおすすめでこの場合の適量も煎茶の時と変わりません。緑茶の栄養成分を多く摂取したいなら粉茶、淹れ方にこだわりたいなら煎茶を選ぶことをおすすめします。

緑茶の淹れ方は「氷水出し」がおすすめ【ためしてガッテン流】

緑茶ダイエットの効果を引き出したいなら人気テレビ番組である、ためしてガッテンで紹介された、氷水出し緑茶を飲むのがおすすめで淹れ方は以下の通りです。

【少量の場合】
①煎茶10gと氷水100mlを用意する
②急須に①を入れる
③5分経ったら出来上がり

【大量の場合】
①冷蔵用保存容器を用意し、煎茶10gを入れただしパックと氷水1Lを入れる
②①を冷蔵庫に入れ、30~40分待つ
③②を冷蔵庫から取り出し、軽く振ってから茶葉の入っただしパックを取り出す


緑茶を低温で抽出するとエピガロカテキンと呼ばれる成分が溶け出しやすくなり、免疫力を高めてくれます。また緑茶を氷水出しにすると、カフェインがほとんど抽出されません。そのためカフェインを避けたい妊娠中の女性や子供でも、安心して飲むことができます。

緑茶ダイエットは効果ある?【口コミ】

自宅に急須がない人は、市販されているペットボトル飲料を活用したいと思うかもしれません。スーパーやコンビニでも痩身効果を喧伝している緑茶が販売されており、その効果について賛否両論があるようです。ここでは、緑茶ダイエットの効果に関する口コミを紹介します。

緑茶ダイエットで痩せた人の口コミ

ダイエット目的で緑茶を飲んで痩せたと実感する人は、少なくないようです。すぐに劇的に痩せるよりは、緑茶を飲むことを習慣にすることで脂肪燃焼が促されると考えられます。むくみ体質の人が緑茶ダイエットをすると、痩せる効果が得やすいかもしれません。

ネコ次郎

(50代後半)

コンビニで見かけて購入。以前の容器の頃にも減量の手助けにと飲んでいました。その時は半年で10㎏近く痩せたので最近でも減量したい時に利用しています。

yuki

食事と一緒にヘルシア緑茶を2週間くらい飲んでいたら4キロやせましたー○おすすめです。

緑茶ダイエットで痩せない人の口コミ

誰でも手軽に始められる緑茶ダイエットですが、痩せる効果を実感できない人がいつのも事実です。特に市販されているペットボトル飲料の緑茶で試して、痩せなかったと感じるケースも少なくありません。特保の緑茶を飲み続けても、確実に痩せるわけではなさそうです。

マキ

(50代前半)

出始めの頃に友人から勧められて1日2〜3本飲み始めました。
仲間内で流行ってしまい、やめるタイミングを逃して一年以上続けましたが、一切変化なし。

111

(20代前半)

好きなYouTuberさんが特茶1か月飲んだらやせたといっていたので買ってみましたがあまり変化はなかったです。箱買いしてしまったのでそれがなくなったらもう買わない予定です。

緑茶ダイエットのデメリット・注意点は?

緑茶はカロリーはないものの、含まれている成分を考えると飲み方を間違うと影響が出そうです。ダイエット効果が高くても、健康に悪影響が及ぶ飲み方は避けた方が無難です。ここでは、緑茶ダイエットのデメリットや注意点について説明します。

緑茶の飲み過ぎには注意

緑茶を飲み過ぎると、以下のような症状があらわれることがあります。

・胃痛が起こる
・吐き気を感じる
・不眠
・神経過敏になる
・ミネラルの吸収阻害


上記のような症状が起こる理由は、カフェインの摂取量が増えることです。適性量を超えたカフェインを摂取すると健康に悪影響が及ぶのです。またダイエットに成功するためには栄養バランスをとることが大切ですが、緑茶の飲み過ぎによって鉄分などのミネラルの吸収が阻害されるので注意が必要です。

(*緑茶の飲みすぎについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

緑茶の飲みすぎで気持ち悪い!貧血・吐き気の原因に?対処法や適量など紹介!

緑茶のダイエット向きの飲み方・レシピ

緑茶をそのまま飲んでもダイエットに効果的ですが、加えるとより痩せやすくなるものがあります。短期間で痩せたいと考えているなら、試してみる価値はありそうです。ここでは、ダイエットに効果的な緑茶の飲み方を3つ紹介します。

①緑茶コーヒー

出典:https://cookpad.com/recipe/3114453

ダイエット効果が高いと話題にのぼっているのが、緑茶とコーヒーを1対1で合わせるこの飲み物です。コーヒーに含まれるクロロゲン酸が脂肪燃焼を促し、緑茶に入っているテアニンが過食を防止してくれます。

緑茶コーヒー by アルカママ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが357万品

②レモン緑茶

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1770002660/

韓国でブームになったダイエット方法が、レモン緑茶を飲むことです。緑茶にレモン果汁を加えるだけと手軽にできて、クエン酸がエネルギー燃焼を促してくれます。むくみ対策にもおすすめのレシピで、デトックス効果も期待できます。

ホットレモン緑茶★ レシピ・作り方 by うーたんトリオ|楽天レシピ

③緑茶ゼリー

出典:https://cookpad.com/recipe/3674185

緑茶にとろみをつけることで、満腹感を増すのでおすすめです。寒天に含まれる食物繊維が便秘解消にも役立ちます。このレシピでは、煮溶かした粉寒天に緑茶のティーバックを30秒入れて取り出しています。飲みやすい温度になったら飲むだけで、冷蔵保存も可能です。

とろとろ 飲む!ゼリー緑茶 ☆体重管理に by ネコマニア 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが357万品

緑茶でダイエットを成功させよう

今回は緑茶成分のダイエットの効能や効果的な飲むタイミング並びに量などやり方を、痩せた口コミとともに紹介しました。カロリーがないのにダイエットに効果のある栄養成分が豊富な緑茶を飲む習慣をつけると、痩せるスピードをアップできそうです。淹れ方や飲み方に配慮して、緑茶ダイエットを成功させましょう。

関連する記事