猛毒キノコ「カエンタケ」を食べてみた時の症状がやばい。死亡する可能性も。

カエンタケを食べてみたらどんな症状が出るか知っていますか?死亡事故も起きています。今回は、カエンタケの生息地・見た目・味など特徴にくわえ、カエンタケを食べてみた・触ったときの〈症状・対処法〉を紹介します。カエンタケを見かけたときにどうすべきなのかも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. カエンタケとは?猛毒キノコ?
  2. カエンタケの色・大きさなど見た目や味の特徴
  3. カエンタケの生息地・分布
  4. カエンタケの致死量はわずか3g
  5. カエンタケを食べてみたらどうなる?症状や死亡事故は?
  6. カエンタケを食べて一命を取り留めたとしても後遺症が残る可能性が高い
  7. カエンタケ摂取後数十分以内は消化器症状が現れる
  8. カエンタケ摂取後数時間以内は神経系の症状が現れる
  9. カエンタケ摂取後24時間以上は生命の維持が困難になる
  10. カエンタケを食べてみたときの対処法は?
  11. 吐いてすぐに救急車を呼ぼう
  12. カエンタケを触ってみたらどうなる?症状は?
  13. カエンタケを触るだけで皮膚がただれる
  14. 空気中に漂う胞子に触れるだけでも炎症などを引き起こす
  15. カエンタケに触ったときなどの対処法
  16. カエンタケを触ったときは手洗いして救急車を呼ぼう
  17. カエンタケの汁が目に入ったときは洗い流して救急車を呼ぼう
  18. カエンタケを見かけたら?駆除してもすぐ生える?
  19. カエンタケは自分で駆除するのではなく役所に駆除してもらうのが安全
  20. カエンタケには気をつけよう

カエンタケを見かけたら?駆除してもすぐ生える?

出典:https://twitter.com/kado15830335/status/1297866733227671558?s=20

居住地域によっては自然発生しているカエンタケを、見つける可能性が高いです。猛毒キノコなのでいち早く駆除したいと、自分で取り除こうとする人もいるかもしれません。ここでは、カエンタケを見つけたらどうしたらよいかを説明します。

カエンタケは自分で駆除するのではなく役所に駆除してもらうのが安全

カエンタケを見つけたら自分で駆除するのではなく、役所に駆除してもらうのが安全です。素人が駆除する際にカエンタケに触れるリスクを避けるだけでなく、根絶するのが難しいキノコだからです。カエンタケが発生した場所の土壌などにも胞子が残っている可能性があるので、プロの力を借りて駆除してもらうようにしましょう。

カエンタケには気をつけよう

今回はカエンタケの生息地や見た目など特徴にくわえ、カエンタケを食べたり触ったりしたときの症状と対処法を紹介しました。ナラ枯れが始まったことでカエンタケの発生場所が増えており、思いがけず遭遇する可能性があります。カエンタケの危険性について覚えておき、触らず近寄らないよう心がけることをおすすめします。

関連する記事

×