生春巻きのカロリー・糖質は高い?太る?ダイエット向けの食べ方など紹介!

【管理栄養士監修】生春巻きのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、生春巻きのカロリー・糖質や栄養価を春巻きと比較しながら紹介します。生春巻きのダイエット向きでヘルシーな具材・食べ方や、カロリーオフする方法も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 永倉沙織
Instagram Ameba
管理栄養士としてサプリメント会社に年勤務。その後、サプリメントアドバイザーを取得してフリーランスとして活動を開始。美容・健康メディアの掲載記事・...
Instagram Ameba
管理栄養士としてサプリメント会社に3年勤務。その後、サプリメントアドバイザーを取得してフリーランスとして活動を開始。美容・健康メディアの掲載記事・食事アドバイス&サプリメントプログラム監修など行なっています。 現在は無理な食事制限や偏った食生活に警鐘を鳴らし、食べることでカラダの調子を整え美しく健康的なカラダ作りの方法を伝えています。膨大な美容・健康情報から正しい選択と自分に合った方法を見つけていただきたいです。

目次

  1. 生春巻きのカロリー・糖質量は?
  2. 生春巻き(1個)のカロリー・糖質量
  3. 生春巻きのカロリー・糖質などを春巻きと比較
  4. 生春巻きのダイエット向きでヘルシーな【具材】とは?
  5. ①エビ・ささみ
  6. ②にんじん
  7. ③スモークサーモン
  8. ④サニーレタス
  9. ⑤アボカド
  10. 生春巻きのダイエット向きにカロリーオフする方法は?
  11. ①野菜だけで作る
  12. ②つけダレを工夫する
  13. ③高カロリーの食材を避ける
  14. 生春巻きのダイエット向きの食べ方
  15. ①主食を生春巻きにする
  16. ②野菜などサラダを食べた後に食べる
  17. ③スープなどと一緒に食べる
  18. 生春巻きをカロリーオフして食べよう

生春巻きのカロリー・糖質量は?

タイ料理店やベトナム料理店の定番メニューである生春巻きは、野菜も多いのでダイエット中に好んで食べる方も多いのではないでしょうか?ここでは、生春巻きのカロリーや糖質量について解説します。

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量はカロリーSlismを参照しています(※1)

生春巻き(1個)のカロリー・糖質量

カロリー 糖質
生春巻き(1個) 151kcal 20.4g
ライスペーパー(1枚) 63kcal 14.4g

上記の生春巻きの材料は以下の通りです。

・スモークサーモン:30g
・きゅうり:8g
・サニーレタス:10g
・アボカド:20g
・ライスペーパー:42g


生春巻きのカロリーや糖質量は具材によって変わる場合もあるので、ダイエット中は具材の種類に気をつける必要があるでしょう。

生春巻きのカロリー・糖質などを春巻きと比較

生春巻き 春巻き
カロリー 151kcal 292kcal
糖質 20.4g 18.4g
脂質 5.5g 17.6g
タンパク質 9.0g 10.8g

上記は1人前の量の生春巻きと春巻きの栄養成分を比較した表です。油で揚げて調理する春巻きは、生春巻きと比較してカロリーや脂質量が多い傾向にあります。特に春巻きの脂質量は生春巻きの3倍以上にもなるため、摂取量に注意する必要があるでしょう。一方、糖質量は生春巻きの方が多くなるため糖質制限ダイエット中は、食べ過ぎに注意が必要になります。

生春巻きのダイエット向きでヘルシーな【具材】とは?

カロリー 糖質
エビ 83kcal 0.2g
ささみ 105kcal 0g
スモークサーモン 161kcal 0.1g
にんじん 37kcal 6.5g
サニーレタス 16kcal 1.2g
アボカド 187kcal 0.9g

生春巻きは、色々な具材の組み合わせで楽しむことができます。上記の表は生春巻きによく使われる具材の100gあたりのカロリーと糖質量を表したものです。具材によってカロリーや糖質量が大きく変わるため、ダイエット中に生春巻きを食べるのなら具材の種類にも気をつける必要があります。

また、それぞれの具材によって含まれる栄養成分も異なるため、カロリーだけでなく栄養面にも配慮しながら具材を選ぶのがおすすめです。

永倉沙織

管理栄養士

生春巻きの皮はライスペーパーを使用しているため、糖質になります。しかし、手作りにすれば糖質の調整や野菜もたくさん食べられるため、工夫しやすい料理です。

①エビ・ささみ

エビはカロリーや糖質量が低いだけでなく、高タンパクなのでダイエット中にはぴったりの食材です。ほかにもアンチエイジング効果があると言われるアスタキサンチンも含まれているため、美容面での効果も期待できるでしょう。

一方ささみも、エビと同様カロリーや糖質量が低く、かつ高タンパクのダイエット中の方におすすめの食材です。糖質量はエビよりもさらに低いため糖質制限ダイエット中も安心して食べることができます。

②にんじん

にんじんには、活性酸素を除去してアンチエイジング効果をもたらすβカロテンが豊富に含まれているのが特徴です。ほかにもむくみ解消に役立つカリウムや便秘解消に役立つ食物繊維も豊富に含まれています。ただし、糖質量が葉野菜などに比較すると多いため、量には注意が必要です。(※2、3)

③スモークサーモン

スモークサーモンには強力な抗酸化作用を持つアスタキサンチンが含まれおり、アンチエイジング効果が期待できます。コレステロール値を低下させると言われているDHAやEPAのほか、糖質の代謝を促進するビタミンB1が含まれており肥満予防に効果的です。(※4、5、6)

関連する記事