豚キムチのカロリー・糖質は?ダイエット向きにカロリーオフする方法など紹介!

【管理栄養士監修】豚キムチのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、豚キムチのカロリー・糖質量を他の炒め物や〈丼・定食〉で比較しながら紹介します。豚キムチのダイエット向けにカロリーオフする方法・レシピも紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 熊橋麻実
Instagram Ameba Nadia
管理栄養士。保育園での管理栄養士経験8年、その他、社員食堂・タワーマンション内カフェ・料理教室などにも従事。現在、レシピ提供や講師・...
Instagram Ameba Nadia
管理栄養士。保育園での管理栄養士経験8年、その他、社員食堂・タワーマンション内カフェ・料理教室などにも従事。現在、レシピ提供や講師・記事執筆などの活動をしながら、現役で園児の給食管理を行っています。これまでの経験を活かし、栄養学の知識をわかりやすくお伝えできればと思います。

目次

  1. 豚キムチのカロリー・糖質は?
  2. 豚キムチ(1人前)のカロリー・糖質
  3. 豚キムチ(1人前)のカロリー・糖質量を他の炒め物と比較
  4. 豚キムチの具材にあるダイエット効果とは?
  5. ①キムチ|カプサイシン
  6. ②豚肉|ビタミンB1・B2
  7. ③白菜|食物繊維
  8. 豚キムチのダイエット向けにカロリーオフする方法は?
  9. ①しらたきを加えてカサ増しする
  10. ②豚肉は脂質の少ない部位を使う
  11. ③高カロリーな調味料・油の使用を控える
  12. 豚キムチのヘルシーなアレンジレシピ
  13. ①ヘルシー豚キムチ(204kcal)
  14. ②豆腐とピーマンの豚キムチ炒め(307kcal)
  15. 豚キムチをカロリーオフして食べよう

豚キムチのカロリー・糖質は?

豚キムチにはカロリー・糖質がどの位含まれているのでしょうか。豚キムチのカロリー・糖質量を単品・定食・丼ごとに紹介します。

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

豚キムチ(1人前)のカロリー・糖質

カロリー 糖質 1日のカロリー摂取量に占める割合
豚キムチ 593kcal 12.9g 27%
豚キムチ定食 791kcal 94.4g 36%
豚キムチ丼 1033kcal 115.4g 47%

※豚キムチ定食の値はやよい軒のカロリー・糖質量です。

1人前の豚キムチのカロリーは593kcal・糖質量は12.9gです。この豚キムチを作る材料を紹介します。

【豚キムチの材料】

豚バラ肉・100g
白菜キムチ・100g
玉ねぎ・90g
にら・50g
もやし・50g
ごま油・12g

豚肉・キムチ・野菜を油で炒めた豚キムチは高カロリーですが、糖質はそれほど高くないようです。具材は低糖質なものばかりなので、ほとんどがキムチの糖質量だと考えられます。

この豚キムチにご飯・汁物・小鉢を付けた豚キムチ定食のカロリー・糖質量は791kcal・94.4gとなります。豚キムチは味付けが濃くご飯が進みやすいので、ダイエット・糖質制限を行う時はご飯を少なめにするなどしてカロリー・糖質をコントロールすると良いでしょう。

豚キムチ丼のカロリー・糖質量は1033kcal・115.4gです。丼はご飯の量が定食よりも多くカロリー・糖質とともに高くなりますので、ダイエット中にはできるだけ定食を選ぶことをおすすめします。


豚キムチ(1人前)のカロリー・糖質量を他の炒め物と比較

カロリー 糖質
豚キムチ 593kcal 12.9g
野菜炒め 120kcal 9.0g
青椒肉絲 318kcal 6.9g
豚の生姜焼き 374kcal 8.0g

※すべて1人前あたりのカロリー・糖質量です。

野菜炒めは120kcal・糖質12.5gです。意外と低カロリーと思ったかもしれませんが、これは具材が野菜だけのシンプルな野菜炒めの栄養価です。肉を入れた肉野菜炒めは323kcal・糖質6.1gと、青椒肉絲や豚の生姜焼きとあまり変わりません。

豚キムチは他の炒め物よりも200kcal以上カロリーが高いことがわかりました。これは、青椒肉絲や豚の生姜焼きに豚ロース肉が使われる事に対して、豚キムチに使われる豚バラ肉のカロリーが高いからだと言えます。

豚キムチの具材にあるダイエット効果とは?

豚キムチには、ダイエットに効果的な栄養素は含まれているのでしょうか。豚キムチの具材ごとに持つダイエット効果を紹介します。

①キムチ|カプサイシン

白菜を唐辛子・調味料で漬けたキムチはカプサイシンが含まれています。カプサイシンを摂ると体が熱くなり、代謝を高める効果があると言われています。また脂と相性が良く一緒に摂ると吸収効率が上がるので、豚肉と一緒に炒める豚キムチはカプサイシンの摂取におすすめのメニューです。(※2)

熊橋麻実

管理栄養士

キムチには植物性乳酸菌が含まれています。乳酸菌は大腸で水溶性食物繊維・レジスタントデンプン・難消化性オリゴ糖などの難消化性食品成分を利用して、短鎖脂肪酸を作ります。これが、腸内を酸性にして腸内環境を整えてくれます。

関連する記事

×