ゴーヤ茶の健康効果・効能は?作り方や飲み方のポイントも紹介!

【管理栄養士監修】ゴーヤ茶とは何か知っていますか?ゴーヤ茶は自分で簡単に作れて、飲むことでさまざまな健康効果が期待できます。今回は、ゴーヤ茶の味や効果・効能に加え、作り方を紹介します。飲み方のポイントも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 住吉彩
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”...
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”という思いから独立し、講座を主宰したり、講演、執筆、監修などを行っている。趣味は家庭菜園。万年ダイエッターを卒業するためのポイントをまとめたメルマガも配信中。

目次

  1. ゴーヤ茶とは?
  2. 干しゴーヤをお茶にしたもの
  3. ゴーヤ茶の効果・効能は?
  4. ①癌の予防に効果があると言われている
  5. ②脂肪燃焼によるダイエット効果
  6. ③血圧・血糖値を下げる
  7. ④健胃・整腸作用
  8. ⑤美肌効果
  9. ⑥夏バテ防止
  10. ゴーヤ茶の作り方は?
  11. ゴーヤ茶の素の作り方
  12. ゴーヤ茶の入れ方
  13. 出し殻ゴーヤの使い道
  14. ゴーヤ茶の飲み方のポイントは?
  15. 1日5~6杯が適量
  16. カリウムの取り過ぎに要注意
  17. ゴーヤ茶で健康効果を狙おう

ゴーヤ茶とは?

一口にお茶と言っても定番の緑茶を始め昆布茶などいろいろな種類がありますが、ゴーヤ茶は知っていますか?名前を知っている人も知らない人も、まずはゴーヤ茶とはどの様なものであるかをチェックしてみましょう。

干しゴーヤをお茶にしたもの

ゴーヤ茶は、干したゴーヤを煮出してお茶にしたものです。ゴーヤというと独特な苦味が特徴の野菜ですが、お茶にするとそのまま食べる場合よりも食べやすい味になります。ゴーヤを食事に取り入れたいけど、苦味が得意ではないといった方はゴーヤ茶を試してみるのもいいかもしれません。

ゴーヤ茶の効果・効能は?

ゴーヤ茶に含まれる栄養素には、さまざまな健康効果や効能が期待できます。ゴーヤ茶は緑茶とはまた違った効果、効能を持っているので、順番にチェックしていきましょう。

①癌の予防に効果があると言われている

ゴーヤ茶には「モモアルカロイド」といった名前の栄養素が含まれており、細胞を増やすのに必要なDNAやRNAの合成を防ぐ効能があるので、癌が進むのを防止する効果が期待できます。また、ゴーヤ茶にも使用されるゴーヤの種には、「MAP30」という癌細胞を壊してくれる成分が含まれています。

②脂肪燃焼によるダイエット効果

ゴーヤのわた・種には「共役リノレン酸」という栄養素が含まれており、体内に摂取されると「共役リノール酸」に変わります。

共役リノール酸には、ホルモン感受性リパーゼの働きを助ける効能が期待できるのにくわえ、中性脂肪を分解する働きがあるため、ダイエット効果を期待することができます。また、脂肪燃焼だけでなく、体内に脂肪が溜まるのも抑制するため、太りにくくもなります。

③血圧・血糖値を下げる

ゴーヤと言えば苦味が特徴ですが、この苦味は「モモルデシン」という成分によるものです。モモルデシンはただ苦味を感じるだけでなく、摂取することで血圧や血糖値を下げる効果が期待されます。同じく苦味成分である「チャランチン」や「コロコリン酸」にはインスリンの分泌を促す効能が期待され、血糖値を下げる働きがあります。

④健胃・整腸作用

ゴーヤに含まれる苦味成分には、健胃・整腸作用も期待できます。苦味成分を摂取すると胃液の分泌を促す効能があり、食欲をアップさせてくれると考えられているので食欲が落ちた時にもおすすめです。

⑤美肌効果

ゴーヤに含まれる「ビタミンC」はメラニン色素が作られるのを防ぐ効能があり、しみ、そばかすなどの肌トラブルを防止してくれます。それだけでなく、ビタミンCにはコラーゲンの生成とも関係があり、ハリやツヤの向上にもつながります。美肌を目指す方には嬉しい効果ばかりと言えるでしょう。

⑥夏バテ防止

苦味成分のモモルデシンによる健胃、整腸作用とビタミンCによる抗酸化作用によって、夏バテ防止にもなります。β-カロテンやカリウムなども含まれており、疲労回復効果も期待できるので疲れやすい方にもおすすめです。

住吉彩

管理栄養士

沢山の健康・美容効果のあるゴーヤですが、お茶にする事でギュッとこれらの栄養素が凝縮されるので手軽にゴーヤに含まれる栄養素を取り入れることができます。また、野菜から作るためノンカフェインのお茶なので、カフェインが気になる方にもオススメです。

(*ゴーヤの栄養価と効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ゴーヤの栄養価と効果・効能がすごい!苦味が鍵?成分を逃さない食べ方も紹介!

ゴーヤ茶の作り方は?

続いて、ゴーヤ茶の作り方を見ていきましょう。ゴーヤ茶はペットボトル入りの商品も販売されていますが、自分で作る事も可能です。日光で干す方法と電子レンジを使った方法の両方を紹介するので、チェックしてみてください。

ゴーヤ茶の素の作り方

お茶を作るというと難しそうですが、簡単に作ることができます。ゴーヤ茶を愉しむにはまずゴーヤ茶の素を作る必要があるので、作り方を順番に見ていきましょう。

1. ゴーヤを洗い、水気を拭き取ったのち縦半分にカットする
2. スプーンなどで種を取り出す
3. 種は捨てず、ワタからはずしておく
4. ゴーヤを1mm程の薄切りにする
5. 皿にクッキングシートを敷き、ゴーヤと種を並べる
6. 日当たりが良くて風通しの良い場所に1~2日ほど干しておく
7. 干す場所が見つからない場合、クッキングシートに乗せて電子レンジで両面3~4分加熱する
8. フライパンに乾燥したゴーヤと種を入れ、乾煎りする
9. 色が茶色くなってきたら完成


日当たりの良い場所で干す方法と、手軽に電子レンジで作る方法とがあります。後者なら当日中に美味しいゴーヤ茶が頂けますし、時間が無い方にもおすすめです。

ゴーヤ茶の入れ方

ゴーヤ茶の素を作れたら、あとはゴーヤ茶を入れるだけです。急須とマグカップがあれば愉しめるので、飲みたい時にすぐ味わえるのも魅力です。

1. 急須にゴーヤ茶の素と熱湯を入れて、5分ほど置く
2. しっかりと抽出できていれば完成


ゴーヤ茶の入れ方はお湯を入れるだけで、とても簡単です。鍋で煮出す方法もあり、こちらなら時間は2~3分ほどで十分抽出できます。

出し殻ゴーヤの使い道

ゴーヤ茶を入れた後の出し殻は、捨てずに再利用しましょう。おすすめなのは、出し殻を佃煮にする活用法です。

こちらの作り方も簡単で、軽く炒めたのちに水で少し煮込み、調味料を入れて汁気がなくなるまでそのまま煮こんでいくだけです。このほかにも、ご飯を炊く時に入れて炊き込みご飯の様に愉しむ使い道もあります。どちらもご飯との相性が良く、美味しく頂ける活用法です。

住吉彩

管理栄養士

余った干しゴーヤはそのまま食べてもオヤツの代わりにもなりますし、油でカラッと揚げるとゴーヤチップスとしても楽しめます。また、なるべくゴーヤ茶に使用する干しゴーヤは鮮度も保ちたいもの。冷めたら湿気を吸わないように密閉出来るビニール袋に入れて保存しましょう。

ゴーヤ茶の飲み方のポイントは?

続いて、ゴーヤ茶の飲み方のポイントを見ていきましょう。1日にどれくらいの量を取れば良いかや、ゴーヤ茶を飲むときの注意点を紹介します。

1日5~6杯が適量

健康効果が期待できるゴーヤ茶ですが、多く飲めば良い訳ではありません。1日に飲むゴーヤ茶の量は、5~6杯ほどにしましょう。これくらいの量を飲めば、ゴーヤ茶の栄養成分をしっかり摂取できます。

カリウムの取り過ぎに要注意

ゴーヤ茶にはカリウムが含まれています。カリウムは体内のナトリウムを調節する働きがあり、塩分過多が気になる方やむくみ解消に効果が期待できる栄養素です。

しかし、取り過ぎには注意が必要です。特に腎臓の病気を抱えている場合には注意が必要です。カリウムはうまく排出されず高カリウム血症になる可能性があるので、病院でカリウムの摂取量について指導を受けている方などは必ず医師に相談してください。

ゴーヤ茶で健康効果を狙おう

ゴーヤ茶はさまざまな健康効果を持っており、自分でも簡単に作れるものです。取り過ぎには注意が必要ですが、適量を守れば毎日飲んでも問題はないでしょう。出し殻は煮物や炊き込みご飯の具材などにも活用できるので、ゴーヤを手に入れたらゴーヤ茶と出し殻から美味しく栄養を摂取しましょう。

関連する記事