プルーンの食べ過ぎはNG?下痢・太る恐れも?1日の適量を紹介!

プルーンを食べ過ぎるとどうなるのかを知っていますか?下痢などの症状を引き起こす可能性があります。今回は、プルーンの食べ過ぎが引き起こす<下痢・おなら・腹痛>などの症状や一日に食べる摂取量の目安は何個・粒までなのかを紹介します。プルーンの効果的な食べ方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. プルーンの食べ過ぎはNG?
  2. プルーンを食べ過ぎるとどうなる?下痢などの症状も?
  3. ①下痢・腹痛になりやすくなる
  4. ②おならがでやすくなる
  5. ③カロリー・糖質過多で太る
  6. プルーンの適量は一日何個・粒まで?食べ過ぎなければ良い効果も?
  7. プルーンの摂取量の目安は1〜3粒ほど
  8. プルーンの栄養素と期待できる効果
  9. プルーンのより効果的な食べ方は?食べ合わせに注意?
  10. ①ヨーグルトなど乳製品と一緒に食べる
  11. ②タンニンを含む飲み物と一緒に食べない
  12. プルーンの食べ過ぎに注意しよう!

プルーンの食べ過ぎはNG?

日本では生プルーンよりもドライプルーンが妊娠中や生理中の鉄分や栄養補給として女性に人気です。プルーンを食べ過ぎると不調が起こるとも言われていますが、本当でしょうか。プルーンの食べ過ぎとはどの程度なのか、栄養素や食べ方、一日の摂取量も含めて詳しく説明していきます。

プルーンを食べ過ぎるとどうなる?下痢などの症状も?

プルーンを食べ過ぎるとどうなるのでしょうか。下痢などお腹の不調につながると言われているのはなぜなのか、含まれる成分と併せて詳しく説明していきます。

①下痢・腹痛になりやすくなる

プルーンを食べて何時間後かにお腹がゴロゴロしたという経験がある人も多いですが、これはプルーンに含まれるソルビトールという成分によるものです。ソルビトールは下剤としても使われる成分で、プルーンの他にりんごや桃にも含まれています。

食べ過ぎなければ問題ありませんが、体質によっては下痢などの不調が出やすい人もいるので一緒に摂取する水分量や体調を確認しながら食べるようにしましょう。食べ過ぎなければ、プルーンを便秘の治し方の一つとして使うことができます。

②おならがでやすくなる

食物繊維を摂取すると、腸内で分解するときにガスが発生します。プルーンには、食物繊維が豊富に含まれているため、たくさん食べることで腸内にガスが大量に発生し、おならがでやすくなることがあるのです。プルーンを食べ始めて、最近おならが増えたと感じて困っている場合は食べ過ぎているのかもしれません。

③カロリー・糖質過多で太る

健康や美容に良いプルーンですが、100gあたりは白ご飯大盛り1杯と同量程度の糖質が含まれているため、食べ過ぎると糖質過多になることがあります。また、空腹時に糖質を多く含むプルーンを食べることで血糖値が急上昇し、インスリンが大量に分泌されるため脂肪が蓄えられやすくなります。

カロリーは5粒程度で100kcalなのでおやつとしては適切ですが、プルーンの食べ過ぎで摂取カロリーが増えると体重増加につながるということも頭に入れておきましょう。

(*プルーンのカロリーや糖質について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

プルーン1粒のカロリー・糖質は?ダイエット効果ある?食べ過ぎの注意点も紹介!

プルーンの適量は一日何個・粒まで?食べ過ぎなければ良い効果も?

食べ過ぎると健康への影響もあるプルーンですが、どれくらいの量を食べると良いのでしょうか。一日の摂取量の目安とプルーンに含まれる栄養成分について説明します。

プルーンの摂取量の目安は1〜3粒ほど

健康に良い影響を与えるためのプルーンの一日の摂取量の目安は、1~3粒程度です。この量ならダイエット中や妊娠中の間食や栄養補給として適切で、食べ過ぎなければほとんどの人は下痢や腹痛などの影響もないでしょう。

プルーンの栄養素と期待できる効果

関連する記事