プルーンの食べ過ぎはNG?下痢・太る恐れも?1日の適量を紹介!

プルーンを食べ過ぎるとどうなるのかを知っていますか?下痢などの症状を引き起こす可能性があります。今回は、プルーンの食べ過ぎが引き起こす<下痢・おなら・腹痛>などの症状や一日に食べる摂取量の目安は何個・粒までなのかを紹介します。プルーンの効果的な食べ方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. プルーンの食べ過ぎはNG?
  2. プルーンを食べ過ぎるとどうなる?下痢などの症状も?
  3. ①下痢・腹痛になりやすくなる
  4. ②おならがでやすくなる
  5. ③カロリー・糖質過多で太る
  6. プルーンの適量は一日何個・粒まで?食べ過ぎなければ良い効果も?
  7. プルーンの摂取量の目安は1〜3粒ほど
  8. プルーンの栄養素と期待できる効果
  9. プルーンのより効果的な食べ方は?食べ合わせに注意?
  10. ①ヨーグルトなど乳製品と一緒に食べる
  11. ②タンニンを含む飲み物と一緒に食べない
  12. プルーンの食べ過ぎに注意しよう!


プルーンに含まれる栄養素には下記のようなものがあります。

・食物繊維
・鉄分
・ビタミンA
・ビタミンB群
・カリウム


健康や美容に良いとされているプルーンは、豊富な栄養を含むことからミラクルフルーツと呼ばれることもあるほどです。特に女性に不足しやすい鉄分が手軽に摂取できるため貧血予防に効果的です。また、プルーンには食物繊維やビタミンなど現代人が不足しやすい栄養素も多く含んでいます。

ダイエットや便秘解消への効果だけでなく、疲労回復やバランスの良い食事へ近づけるための補助食品としてもおすすめです。

(*プルーンの栄養について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください)

プルーンの栄養素と効能は?1粒でも効果あり?食べ過ぎの注意点なども紹介!

プルーンのより効果的な食べ方は?食べ合わせに注意?

豊富な栄養が含まれており、健康や美容にもおすすめのプルーンですが、どのように食べるのが良いのでしょうか。プルーンに含まれる成分を効果的に摂る食べ方と食べ合わせの注意点を説明します。

①ヨーグルトなど乳製品と一緒に食べる

栄養が凝縮されているドライプルーンは、生のプルーンの5倍もの鉄分を含んでいます。この鉄分を効果的に摂取するために、タンパク質と一緒に食べるのがおすすめです。タンパク質とビタミンCを一緒に摂ることで鉄分の吸収率がアップするため、ヨーグルトなどの乳製品や他のフルーツと一緒に朝食や間食でプルーンを食べるようにすると良いでしょう。

②タンニンを含む飲み物と一緒に食べない

プルーンに含まれる鉄分は、ポリフェノールの一種であるタンニンを一緒に摂ることで吸収を妨げられてしまいます。そのため、紅茶・コーヒー・緑茶などタンニンが豊富に含まれる飲み物と一緒に摂取しないようにしましょう。

プルーンの食べ過ぎに注意しよう!

健康・美容・ダイエット・栄養補給など様々な人におすすめのミラクルフルーツであるプルーンですが、食べ過ぎには注意が必要です。食物繊維・鉄分など含まれる豊富な栄養を効果的に活かすためにも、一日の摂取量を守りながら食べ過ぎと食べ合わせにも気を付けてみてください。

関連する記事