ごぼう茶を飲み続けるとどうなる?効果が出るまでの期間など口コミで紹介!

ごぼう茶を飲み続けるとどうなるか知っていますか?効果が出るまでの期間はどれくらいでしょうか?今回は、ごぼう茶を飲み続けた際の〈痩せる&ダイエット効果・便秘解消〉などメリットや、一日に飲む量など効果的な飲み方を口コミとともに紹介します。ごぼう茶を飲み過ぎた場合のデメリット・副作用も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ごぼう茶を飲み続けると痩せる?効果がでるまでの期間は?
  2. ごぼう茶を毎日飲み続けるとどんなメリットがある?
  3. ①ダイエット効果・血糖値の上昇を抑制
  4. ②便秘の改善・解消
  5. ③体のむくみの改善
  6. ④美容効果
  7. ⑤生活習慣病の予防
  8. ⑥冷え性・肩こりの改善
  9. ⑦免疫力の向上
  10. ⑧ガンの予防
  11. ⑨母乳がスムーズに出る
  12. ごぼう茶を飲み続けるとデメリット・副作用も?飲んではいけない人もいる?
  13. ①飲み過ぎによる下痢・腹痛の可能性
  14. ②アレルギーの恐れ
  15. ③抗コリン性中毒のリスク
  16. ごぼう茶の効果的な飲み方や一日に飲む量は?
  17. ごぼう茶の一日に飲む量はコップ5杯まで
  18. 飲むタイミングは朝食前・就寝前がベスト
  19. ごぼう茶のおいしい淹れ方を紹介!
  20. ごぼう茶を飲み続けよう!

ごぼう茶の一日に飲む量はコップ5杯まで

痩せるあるいは便秘解消を目的にする場合でも、ごぼう茶を一日に飲む量はコップ5杯までが適量です。ごぼう茶を飲み過ぎると食物繊維を過剰摂取してしまうため、消化不良が起こるリスクが高まります。また肝臓が悪い人がごぼう茶を飲み過ぎるとカリウムと呼ばれる成分が体内に停滞し、体調不良につながるので注意しましょう。

飲むタイミングは朝食前・就寝前がベスト

ごぼう茶のダイエット効果を引き出したいなら、朝食前あるいは就寝前に飲むのがベストです。朝食前は胃のなかが空になっているので、ごぼう茶の栄養成分の吸収率が高くなるからです。また就寝前にごぼう茶を飲むと体が温められ、血行が促進されることでリラックス効果を得られ入眠しやすくなります。

ごぼう茶のおいしい淹れ方を紹介!

ごぼう茶を美味しく淹れる方法は、以下の通りです。

【急須で淹れる方法】
①急須にごぼう茶をティースプーン2杯分入れる
②熱湯を注ぐ
③3分抽出する
④好みの濃さになったら出来上がり

【鍋で煮出す方法】
①小鍋にティースプーン2杯と水300mlを入れる
②火にかけて沸騰させる
③沸騰したら弱火にして、十分に色がつくまで煮出す
④茶こしで濾したら出来上がり

【水出しする方法】
①だしパックにごぼう茶を多めに入れる
②容器に水と①を入れ半日ほど置いたら出来上がり


上記の方法でごぼう茶を淹れると、自分好みの味に仕上げることができます。熱湯の場合は蒸らし時間に比例して、ごぼうの味が強く出ます。また煮出したごぼう茶の粗熱をとってから、冷蔵庫で冷やせばアイスでも楽しめるので試してみましょう。

ごぼう茶を飲み続けよう!

今回は、ごぼう茶を飲み続けた際の痩せる並びにダイエット効果、便秘解消などメリット、一日に飲む量など効果的な飲み方を口コミとともに紹介しました。適量のごぼう茶を飲み続けることで痩せるだけでなく、健康を維持することもできそうです。飲むタイミングや量に配慮しながら、ごぼう茶を飲み続けてみてください。

関連する記事

×