レモン水にデメリットはある?飲み過ぎNG?メリットと比較して紹介!

レモン水のデメリットを知っていますか?飲み過ぎはNGです。今回は、レモン水のデメリットを〈高血圧予防〉などメリットや、〈飲むタイミングは夜〉など効果的な飲み方とともに紹介します。レモン水の飲み過ぎにならない量やレモン水の2リットル用の作り方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. レモン水にデメリットってあるの?
  2. レモン水のデメリットは?飲み過ぎはNG?
  3. ①紫外線を吸収しやすく日焼けのシミの原因になる
  4. ②歯のエナメル質を溶かす
  5. ③飲み過ぎると胃痛などを引き起こす
  6. レモン水はデメリットだけではない?メリットや効果は?
  7. ①むくみの解消
  8. ②腸内環境の改善
  9. ③美肌など美容効果
  10. ④風邪の予防
  11. ⑤口臭改善
  12. ⑥疲労回復
  13. ⑦血圧を下げる
  14. レモン水のデメリットにならない効果的な飲み方は?いつ飲む?
  15. ①飲むタイミングは夜がおすすめ
  16. ②飲み過ぎにならない量は1日に2〜3杯程度
  17. レモン水の作り方・レシピも紹介【2リットル用】
  18. 材料
  19. 作り方・手順
  20. レモン水のデメリットを抑えよう

出典:https://cookpad.com/recipe/3237159

レモン水は材料さえあれば自宅で簡単に作れて、カフェインレスなので飲む時間も選びません。レモンと水だけでも作れますが、材料を工夫すると様々な味が楽しめます。ここでは、2リットルのレモン水の作り方を紹介します。

材料

・水 2リットル
・レモン(くし切り) 4切れ
・ミントの葉 20cm程度のものを2つ
・生姜(スライス) 4枚

作り方・手順

レモン水の作り方は、以下の通りです。

①レモンを除く材料を容器に入れる
②レモンは少し絞ってから容器に入れる
③そのまま冷蔵庫で冷やしたら出来上がり

以下で紹介しているレシピを倍量で作ると、2リットルのレモン水が出来上がります。レモン水に使う生姜はよく洗ってから、皮付きのままスライスして加えるのがポイントです。ミントの清涼感とレモンの酸味が効いた、美味しいレモン水に仕上がります。

コップ1杯のレモン白湯の作り方は、200mlのコップに水か白湯に半分のレモンを搾ってかき混ぜるだけと簡単です。市販のレモン汁を水か白湯に加える作り方もあります。自分が続けやすい方法で、レモン水を作ってみましょう。

✿ミント・レモン水✿ by keiO3 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが362万品

レモン水のデメリットを抑えよう

ビタミンCが豊富で健康によいイメージのあるレモン水も、飲み過ぎると健康を損ねるリスクがあるのは事実です。レモン水を飲み過ぎるデメリットを覚えておき、適量を生活に取り入れて美容や健康に役立てることをおすすめします。

関連する記事

×